ハワイ州観光局親善大使として、プロサーファーの五十嵐カノア選手が就任

ハワイ州観光局(所在地:東京都千代田区 日本支局長:ミツエ・ヴァーレイ)は、2020年のプロモーションの1つとして、サーフィンを通じて、責任ある観光を推進するために、ハワイの文化啓蒙、環境保護に取り組んでいきます。その一貫として、日本のプロサーファーである五十嵐カノア選手(木下グループ所属)が、ハワイ州観光局親善大使に就任したことを発表しました。また、サーフィンの文化啓蒙を図るため、現在ビショップミュージアム(ハワイ州ホノルル)にて開催中のサーフィン展示「マイ・キノヒ・マイ(Mai Kinohi Mai):Surfing in Hawaii」の一部をハワイ州観光局が主催するHawaii Expo(福岡、名古屋、大阪、札幌、東京で開催)にて展示し、啓蒙活動を行っていきます。


サーフィンは、今夏、世界大会にて新競技となりますが、サーフィンは、ハワイが起源であり、その昔、王族のスポーツとして、ハワイの文化、歴史と深くつながっています。
オアフ島ワイキキにあるデューク・カハナモク像
今ではワイキキにあるデューク・カハナモク像は、ハワイの観光名所の1つとなっていますが、デューク・カハナモク氏は、水泳競技のメダリストとして有名であり、サーフィンの父として呼ばれ、ハワイのみならず、世界でサーフィンの普及に大きく貢献した世界的な英雄です。


サーフィンは、今では、ハワイのライフスタイルにも大きく関わっています。そこで、このサーフィン文化を啓蒙するために、ハワイ州観光局が開催するHawaii Expoでパネル展示を行います。そして、展示を通じて、日本の皆さまにサーフィンの歴史から近代のサーフィンまでを知るきっかけとなることを期待しています。

プロサーファーである五十嵐カノア選手(木下グループ所属)が、
2020年2月18日より、ハワイ州観光局親善大使として就任しました。

ハワイ州観光局では、五十嵐選手の活躍を応援するとともに、五十嵐選手を通じて、次世代にサーフィンの魅力を伝え、また、海洋保護活動を行っていきます。
ハワイ州観光局親善大使に就任した五十嵐カノア選手

五十嵐選手のハワイ州観光局親善大使就任にあたり、五十嵐選手のハワイへの想いや今後の意気込みをインタビューしました。その様子を収録した動画を、2020年2月18日よりハワイ州観光局youtube上にて公開します。




五十嵐カノア選手の写真は、ハワイ州観光局親善大使の紹介に限りご使用頂けます。ご利用の際は、「写真提供:ハワイ州観光局」のクレジット表記をお願い致します。

<参考資料:五十嵐カノア選手 プロフィール>
生年月日 1997年10月1日
出身地 アメリカ合衆国カリフォルニア
身長 180cm
所属 木下グループ

カリフォルニア州ハンティントンビーチで父親のサーフィン姿を毎日眺めて育つ。3歳の時、見ているだけでは満足できなくなり自らも始める。すぐに才能を開花させサーフィン界の注目を集めるようになった。
2009年、11歳の時、NSSA(National Scholastic Surfing Association)主催の大会で、1シーズン中の最多勝となる30勝という驚異的な記録を打ち立てる。
2012年、USA Championship U-18を史上最年少の14歳で優勝。
2016年、史上最年少、アジア人で初めて、プロサーフィンの世界最高峰、WSL チャンピオンシップツアー(CT)2016に参戦し、2017年には、地元ハンティントンビーチで開催されたWSL Vans US Open(WSL QS10,000)で優勝する等、着実にその実力を発揮している。
2019年には、CT第3戦の「Corona Bali Protected」でアジア人初の優勝を成し遂げた。
サーフィンが正式公開種目となった2020年の東京オリンピックでは、最も注目される選手の一人である。

戦歴/受賞歴


2019年 WCT Corona Bali Protected 優勝
2018年 WSL Qualifying Series 3000 - Pro Santa Cruz 2018 優勝
2017年 WSL Vans US Open of Surfing 優勝
2016年 WCT Billabong Pipe Masters 準優勝
2012年 USA Championship U-18  最年少優勝
2010年 NSSA全米ナショナルチャンピオンを獲得
2009年 NSSA年間最多優勝回数 30勝達成

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ