水曜日のカンパネラのKOM_IやDJ世界大会優勝のDJ松永ら、時代を牽引するパイオニアとポルシェの価値観が出会うイベントが日本初開催



ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ミヒャエル・キルシュ)は、ミレニアル層をターゲットとした次世代向け独立型ブランドエキシビション「SCOPES Tokyo」(スコープストウキョウ、以下「SCOPES」)を、「Changing Perspectives -時代を牽引するパイオニアとポルシェの価値観が出会う場所-」をコンセプトに、2019年11月22日(金)から12月7日(土)までの16日間、東京都渋谷区SO-CAL LINK GALLERYおよびWOMBにて期間限定で開催いたします。

※イメージCG

この度、11月8日(金)より開始となったイベント参加予約受付にあわせ、エキシビション開催期間中の全てのコンテンツラインナップおよびスケジュールを発表いたしました。「Changing Perspectives -時代を牽引するパイオニアとポルシェの価値観が出会う場所-」をコンセプトに、水曜日のカンパネラ / YAKUSHIMA TREASUREの KOM_I、DJの世界大会「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIP FINAL 2019」で優勝したDJ松永(Creepy Nuts)といった日本国内外で活躍するアーティストや、ラグビー日本代表選手たちのセットを手がけたことで話題の理髪店「THE BARBA TOKYO」など、その他様々なジャンルのパーソナリティを多数ラインナップし、「流行り廃れ」や「既成概念」にとらわれない強いクリエイティビティを体感できる場を提供します。また、人気のコンテンツは、DOMMUNEでのストリーミング配信を行い、デジタル上での視聴も可能です。
※追加発表の11月27日/12月3日/12月7日開催のコンテンツは本日17時よりLINEからの予約受付を開始いたします。

■公式HP・最新タイムテーブルはこちらから
URL:https://scopes.tokyo/

◆「SCOPES Tokyo」について
「SCOPES Tokyo」は「Changing Perspectives -時代を牽引するパイオニアとポルシェの価値観が出会う場所-」をコンセプトに、アート、ミュージック、ファッションを中心としたコンテンツを多数ラインナップし、ポルシェ初のフル電動スポーツカー「タイカン」をデジタルアートインスタレーションと共に展示いたします。
またポルシェジャパン史上初の試みとして、デジタル界隈をリードするパイオニア・カンパニーとパートナーシップを提携します。カナダ・モントリオール発の電子音楽とデジタルアートの祭典「MUTEK.JP」(ミューテック・ジェイピー)がフル電動スポーツカー「タイカン」の展示演出を、各コンテンツのライブストリーミング配信を「DOMMUNE」(ドミューン)が行います。



● エキシビション実施概要
開催日 :2019年11月22日(金)~12月7日(土) ※各コンテンツの開催時間はそれぞれ異なります。
実施会場 :SO-CAL LINK GALLERY / 東京都渋谷区神宮前4-9-8(https://www.so-cal-link-gallery.com/)、WOMB / 東京都渋谷区円山町2-16(http://www.womb.co.jp/)※コンテンツにより会場が異なります。
出演者 :Shohei Fujimoto / 宇川直宏 / DJ Patrick Topping / DJ Lauren Lane / KOM_I(水曜日のカンパネラ/YAKUSHIMA TREASURE) / THE BARBA TOKYO / DJ松永(Creepy Nuts) / DJ KOCO a.k.a shimokita / 齋藤貴弘 / 伏谷博之 / Seiho / 黒飛 功二朗 / KING-MASA / 憲真 / ☆Taku Takahashi (m-flo, block.fm) / YonYon / 石山アンジュ / 松園詩織 / HVOB ほか
公式サイト :https://scopes.tokyo/
公式LINEアカウント :「SCOPES Tokyo」(https://line.me/R/ti/p/%40816vuhie)
予約方法 :公式LINEアカウントに友達追加の上、ご予約ください。


● 主な出演者プロフィール

Shohei Fujimoto
1989年生まれ。東京を拠点に活動。岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)卒業後、多摩美術大学情報デザイン学科へ編入。テクノロジーを用いて、インスタレーションを展開。それらの構造や振る舞いを通して、生物と無生物の間について探求している。世界各国でインスタレーションを展示。SCOPES Tokyo では、フル電動スポーツカー「タイカン」とコラボレートしたアートインスタレーションを制作。作品は期間中、SO-CAL LINK GALLERYで体験することができる。




宇川直宏|UKAWA NAOHIRO  http://www.dommune.com/
映像作家/グラフィックデザイナー/VJ/文筆家/大学教授/クラブオーナー/そして”現在美術家""など、幅広く極めて多岐に渡る活動を行う全方位的アーティスト。既成のファインアートと大衆文化の枠組みを抹消し、現在の日本にあって最も自由な表現活動を行っている”MEDIA THERAPIST”。2010年3月、突如個人で立ち上げた日本初のライブストリーミングスタジオ兼チャンネル「DOMMUNE」は、開局と同時に記録的なビューアー数を叩き出し、国内外で話題を呼び続けている。宇川はDOMMUNEスタジオで日々産み出される番組の、撮影行為、配信行為、記録行為を、自らの""現在美術作品""と位置づける。また、これまで、数々の現代美術の国際展に参加し、ロンドン、ドルトムント、ストックホルム、パリ、ムンバイ、リンツ、福島、山口、大阪、香川、金沢、秋田、札幌...と、全世界にサテライトスタジオをつくり、偏在(いま、ここ)と、遍在(いつでも、どこでも)の意味を同時に探求し続けている。




KOM_I(水曜日のカンパネラ / YAKUSHIMA TREASURE) http://www.wed-camp.com
アーティスト。1992年生まれ、神奈川育ち。ホームパーティで勧誘を受け歌い始める。「水曜日のカンパネラ」のボーカルとして、国内だけでなく世界中のフェスに出演、ツアーを廻る。その土地や人々と呼応して創り上げるライブパフォーマンスは必見。好きな音楽は民族音楽とテクノ。音楽活動の他にも、モデルや役者など様々なジャンルで活躍。2019年4月3日、屋久島とのコラボレーションをもとにプロデューサーにオオルタイチを迎えて制作した新EP「YAKUSHIMA TREASURE」をリリース。同名のプロジェクト「YAKUSHIMA TREASURE」として各地でライブやフェスに出演中。




THE BARBA TOKYO(ザ・バルバ・トウキョウ)  http://thebarbatokyo.com/
最近では、ラグビー日本代表選手たちのセットを手がけた、日本の理容界を引っ張る存在。THE BARBA TOKYO(ザ・バルバ・トウキョウ)は『男性がオシャレできる空間』、『大人の上質な時間』を提供したいと考え、カットはもちろんのこと、シェービングやリラクゼーションメニュー、フェイスケアやネイルケアなどのメンズグルーミングの各種コースを用意しており、女性のお客様にも女性理容師によるレディースシェービングやフェイシャルマッサージその他多くのメニューを取り揃えています。また、「Barber(床屋)ならでは癒しと安らぎ」をコンセプトに全席プライベート空間を確保しつつ、アンティークを基調とした昔ながらのBarberスタイルを演出しています。理髪だけにとどまらない癒しの空間をぜひ体験してください。




DJ 松永(Creepy Nuts) https://creepynuts.com/
DJ、トラックメーカー、ターンテーブリスト。MCバトル殿堂入りのラッパー、R-指定とのユニットCreepy Nutsとして無尽蔵に活躍中。ヒップホップの現場だけに留まらず、あらゆるシーンで活躍の幅を広げている。プロデュースワークでは、サイプレス上野とロベルト吉野、KEN THE 390、鬼、晋平太などにトラック提供を行っている。2019年、日本一のDJを決める「DMC JAPAN 2019」で優勝。さらに同年9月28日、ロンドンで開催されたDMC WORLD FINALバトル部門で優勝、世界のDJ頂点にまで昇りつめるなど今日本で最も注目のDJの内の1人。


DJ KOCO a.k.a. SHIMOKITA
世界中のバイナルディガー達を圧倒させる選曲と、時折魅せるスリリングなテクニックで、オーディエンスを魅了する。これまでに、7インチのみでのライブミックスなど、数々のMIX作品を出し続けている現在進行形のヒップホップ DJ。ファンク、ソウル、ディスコ、レゲエなど様々なジャンルの45’sを使い、ヒップホップ的な解釈で見せる彼のプレイは海外DJ達からも高い評価を受ける。現在、アジアでも活躍しながら、DJ Scratchがブルックリンから配信するDJパフォーマンスのストリーミングサイトで、""ScratchVision Tokyo""と題して定期的に出演している。


齋藤 貴弘
弁護士法人ニューポート法律事務所パートナー弁護士。一般社団法人ナイトタイムエコノミー推進協議会代表理事。幅広いクライアント企業の法律業務を取り扱うとともに、近年は、ダンスやナイトエンターテインメントを規制する風営法改正やナイトタイムエコノミー推進政策をリードするなど、各種規制緩和を含む各種ルールメイキング、さらには規制緩和に伴う新規事業支援にも注力している。著書に「ルールメイキング ーナイトタイムエコノミーで実践した社会を変える方法論ー(学芸出版社)」がある。


伏谷博之
ORIGINAL Inc. 代表取締役 タイムアウト東京代表。島根県生まれ。関西外国語大学卒。大学在学中にタワーレコード株式会社に入社し、2005年 代表取締役社長に就任。 同年ナップスタージャパン株式会社を設立し、代表取締役を兼務。タワーレコード最高顧問を経て、2007年 ORIGINAL Inc.を設立し、代表取締役に就任。2009年にタイムアウト東京を開設し、代表に就任。観光庁、農水省、東京都などの専門委員を務める。観光庁アドバイザリーボード委員、観光庁最先端観光コンテンツ インキュベーター事業、「地域活性化に向けたコンテンツ拡充推進会議」委員、「夜間の観光資源活性化に関する協議会」委員など




☆Taku Takahashi (m-flo, block.fm)   https://block.fm/
DJ、プロデューサー。98年にVERBAL、LISAとm-floを結成。ソロとしてもCalvin Harris、The Ting Tings、NEWS、V6、Crystal Kay、加藤ミリヤ、MINMIなど国内外アーティストのプロデュースやRemix制作も行うほか、アニメ「Panty&Stocking with Garterbelt」、ドラマ・映画「信長協奏曲」、ゲーム「ロード オブ ヴァーミリオン III」など様々な分野でサウンドトラックも監修。2010年にリリースした「Incoming... TAKU Remix」は世界最大のダンスミュージック配信サイト“beatport”で、D&Bチャートにて年間1位を獲得。また同曲で日本人として初となる、『beatport MUSIC AWARDS 2011 TOP TRACKS』を獲得し、名実ともに世界に通用する事を証明した。


YonYon (DJ、シンガーソングライター)  https://www.yonyon-musiq.com/
ソウル生まれ東京育ちというバックグラウンドを持ち、DJ、プロモーター、SSW、音楽プロデューサー、ラジオ DJ としてマルチに活動するクリエイター。 2012年にDJとしてキャリアをスタート。ジャンル・言語の垣根を越えて直感的に組み立てていく独自のミックス・スタイルを確立し、日・韓のみならずアジア、アメリカ、ヨーロッパの様々な都市のクラブや大型フェスなどに出演。彼女のプレイは、大衆を盛り上げるだけでなく、オーディエンスとより密接な小箱でのパフォーマンスも期待を裏切らない。2018年12月にはコンピレーション・ミックスCD「Tower Records & Manhattan Records(R) presents “CITY HIP POP MIX”」をフィジカルリリース。また、日韓を繋ぐキーパーソンとして、自身も歌唱する楽曲制作プロジェクト[THE LINK]プロジェクトの立ち上げや、Interfm897「Tokyo Scene」ではラジオパーソナリティーとして同年代のアーティストやユースカルチャーの情報を発信する役目を担うなど、彼女のアンダーグラウンドからオーバーグラウンドまで分け隔てないグローバルな活動に注目が集まっている。


<その他>SCOPES DJsこれからの音楽シーンを牽引していくアップカミングなDJたちによる選曲で、エキシビションを盛り上げます。



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ