スマホ暗記文具『アンキスナップ・ボールペンタイプ』を発売

ぺんてる株式会社は、スマホ暗記文具「AnkiSnap(アンキスナップ)」シリーズとしてオレンジボールペンタイプを発売、9月17日より出荷開始します。



アンキスナップシリーズの新製品「アンキスナップ・ボールペンタイプ」を使うと、オレンジボールペンと赤シート勉強法が、スマートフォン上でも可能になります。オレンジ色で書いた文字を専用アプリのカメラ機能で撮影すると、文字の部分に黒いマスクがかかり、スマホ用の暗記シートを作ることができます。

専用アプリは暗記シートの作成はもちろん、勉強中に間違ってしまった苦手な箇所を復習できるページ絞り込み機能や、一目で正解率がわかる機能など、デジタルならではの暗記勉強に便利な充実した内容になっています。いままでのオレンジボールペン+テキスト暗記法に加えて、アンキスナップ・ボールペンタイプを使えば、暗記がより効率的になり、通勤・通学時のちょっとしたスキマ時間を有効活用することができます。

15~39歳の男女に赤シートを使用した勉強法の実態調査を実施したところ、20~39歳男女はマーカーの使用率が高いのに対して、15~19歳の学生世代は男女ともボールペンで書いた文字を赤シートで隠す勉強法で暗記学習をしている学生の方が多いとの結果になりました。問題集にオレンジ色のペンで答えを書くだけでなく、自分でまとめながら作った勉強ノートに使用するなど、様々な方法で勉強しています。


アンキスナップとは…
アンキスナップは、2013年10月に発売したオレンジの蛍光ペンで引いたラインをスマートフォンアプリで撮影すると、アプリ画面上でラインを引いた箇所にマスクが掛かり暗記シートのように使うことができる製品です。アンキスナップは教科書やテキストをカバンから取り出さずにスマートフォン上だけで学習でき、電車の中など移動途中でも画面をタップするだけで答えを確認することができます。そのため、短いスキマ時間でも効率的に暗記に集中することができるので、受験や資格試験の暗記対策に大きな効果を発揮できるツールです。


■商品特長■
1.アンキスナップ×参考書×オレンジボールペン
「オレンジボールペン×赤シート」という最強の暗記コンビをそのままアンキスナップでも使うことができます。
オレンジボールペンで書いた文字を専用アプリで撮影すると、アプリが認識し書いた文字の部分にマスクをかけます。タップすれば、マスクが消えるので簡単に暗記学習ができます。



2.参考書だけでなく、ノートでも暗記
穴埋めの参考書はもちろん、自分でまとめたノートも暗記シートとして使用できます。机で勉強する時は普段と同じ赤シートで、移動中のちょっとしたすきま時間はスマートフォンで…と使い分けて、効率よく勉強できます。



3.弱点が一目でわかる自己分析機能
アプリで暗記しながら、ページごとに自己採点ができます。また、重要なページにマークをつけることも可能です。さらにボタン一つで、ページごとの正解率を見ることができるので、苦手な問題がすぐにわかります。



4.苦手な部分を何度も復習できる
正解・不正解をアプリ上に登録でき、不正解の問題だけを表示するなどの絞り込みが可能になりました。間違った問題だけにマスクをかけることも出来ますので、より効率的に勉強することが可能です。


■販売仕様■




暗記文具のwebページがリニューアルオープン
ぺんてるwebサイト内スマホ暗記文具のページをリニューアルオープン。
基本的な使い方や、便利機能等を動画で説明しています。(http://ankibungu.jp/


■お問い合わせ先■
ぺんてる株式会社 お客様相談室 (フリーダイヤル)0120-12-8133

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ