10月12日(土)~ 伝統技術×デジタルアート「新・菊人形展-STORY-」開催

株式会社ネイキッド(英語表記:NAKED Inc. 所在地:東京都渋谷区、代表:村松亮太郎)は、2019年10月12日(土)~12月1日(日)の期間、大阪府枚方市にある遊園地「ひらかたパーク」イベントホールIIにて、菊人形とデジタルアートがコラボレーションしたイベント「新・菊人形展-STORY-」を企画・演出いたします。



昨年、100年以上の歴史を誇る菊人形の伝統とデジタルアートの融合でこれまでにない菊人形の世界観を創出し、話題となった菊人形展とのコラボレーションを今年も開催いたします。

今年のテーマは「新訳 おとぎばなし」。誰もが小さいころに読んだことのある、「かぐや姫」、「桃太郎」、「浦島太郎」、「花咲じいさん」、「鶴の恩返し」のシーンを菊人形とデジタルアートで表現し、新たな世界を紡ぎだします。会場入口には大きな絵本を模したモニュメントが設置され、各おとぎばなしの世界に誘います。

また、「菊師」と呼ばれる職人が菊人形の衣装を製作する様子が見られる「菊付け実演」や、菊人形に「人形菊」をつける「菊付け体験」も実施され、菊人形の伝統技術を間近で見て体験することができます。

ひらかたパークでしか見ることができない、菊人形とネイキッドの演出が織りなす優美なおとぎばなしの世界をご体感ください。

<展示内容>
⒈ 『ヨナヨナダレヲマツ』(かぐや姫)

菊花十二単をまとったかぐや姫。月からの使者を待つ物憂げな姿と心情が、音と光の演出で浮かび上がります。

⒉ 『小さな勇者たち』(桃太郎)
鬼と戦う桃太郎の勇ましさを菊花の衣装で表現し、ダイナミックに作られたジオラマが決戦の舞台をさらに盛り上げます。

⒊ 『Place Free From Time』(浦島太郎)
曲面スクリーンに現れる海中世界と舞い踊る乙姫を、菊花とプロジェクションマッピングにより演出し、“絵にもかけない”と謳われた世界を描き出します。

⒋ 『爛漫』(花咲じいさん)
菊花で彩られた一面のお花畑。遊歩道をゆったりと歩きながら、美しい空間が広がります。

⒌ 『大恩返し』(鶴の恩返し)
全長約7mを超える翼をひろげた鶴の菊人形を、ダイナミックなプロジェクションマッピングによって、美しくも儚い鶴の姿を演出いたします。

<2018年に開催した新・菊人形展 -DRESS-の様子>





菊人形とは

人形の衣装部分を色とりどりの小菊「人形菊」であしらったもの。根がついたままの小菊を数株合わせ、根に水苔を巻いたものを竹ひごや藁で作った人形の本体に差し入れ、色鮮やかな衣装を作り上げます。菊師、人形師、栽培師、大道具師、照明技師など、専門的な職人たちの技術が結集した、まさに「総合芸術」です。


開催概要

イベント名:新・菊人形展-STORY-
会 場  :ひらかたパーク イベントホールII
※本イベントはひらかたパークに入園せずに入館できます。
期 間  :2019年10月12日(土)~12月1日(日) ※期間中、休館日あり
開館時間 :ひらかたパークの営業時間に準じる(最終入館は閉園時間の30分前)
入場料  :800円
※小学生以下は無料。ただし、入館には保護者(中学生以上)の同伴(有料)が必要です。
企画・演出:NAKED Inc.
公式サイト:http://www.hirakatapark.co.jp/topic/show/2019kikuningyo


株式会社ネイキッド(NAKED Inc.)について



1997年、村松亮太郎を中心に、映像ディレクター/デザイナー/CGディレクター/ライターなどが集まり設立されたクリエイティブカンパニー。メディアやジャンルを問わず、映画/広告/TV/インスタレーションなど様々なクリエイティブ活動を続ける。また、近年はプロジェクションマッピングを始めとした様々な技術や美術造作、演出を組み合わせ、光を使った空間の総合演出を手がけている。現在、自社が企画・演出・制作を手がけたイベントやショーが通算300万人以上を動員している。

・NAKED Inc. 公式サイト:https://naked.co.jp
・NAKED Inc. Twitterアカウント:@NAKED_STAFF / NAKED Inc. Instagramアカウント:@naked_inc

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ