親の介護をしないとダメですか?

親の介護をしないとダメですか?
著者:吉田 潮
amazon 7net 紀伊国屋書店 楽天ブックス TSUTAYA e-hon honto HonyaClub ブックサービス
定価:1400円(税抜)
判型 : 単行本
刊行年 : 2019.09.11
ISBNコード : 978-4584139233
内容紹介

『週刊新潮』の「TVふうーん録」コラムニストでフジテレビ「Live News it !」コメンテーターの吉田 潮さんが多くの中高年が直面する「親の介護」問題。

自分の父が「認知症」となった体験をもとに、本音で書き下ろしました。

親を愛すればこそ「介護疲れ」につながる矛盾と真摯に向き合い、著者は、一つの「答え」を導き出しました。
 

2018年の春、認知症の父を特養老人ホームに入れました。
ものすごくラッキーで、ものすごく速攻でした。
でもそこに至るまでの数年間、苦しんだのは老々介護の母でした。
「母を救いたい」と思ったのが、ホーム入居のきっかけでもありました。
私は在宅介護をしません。一切いたしません。
介護される父の姿をみて、母の姿をみて、心に決めていました。
実は、ホームヘルパー2級の資格も持っています。
十数年前に興味本位でとりました。 でも、これを生業にしようとは思いませんでしたし、今も思っていません。
やはり介護はプロに任せた方がいい。
老人ホームの問題は多々あるようですが、まだ入り口に立ったばかりなので、
実情はわかりません。そこはこれから長い付き合いになっていくのだろうな、と思っています。妻や子供が介護をするのが親孝行ってもんだろう、と言われても、私は違うと思います。

家族の介護には限界がある。
儒教の国の日本では、介護に関して、「罪悪感」が大きい。介護と親孝行--いかにしてその罪悪感を減らすか、なくすかが課題だと思うのです。

親孝行か自己犠牲か、理想と現実の葛藤のドラマ。

老いた両親を持つ子供として介護とどう向き合い、どう取り組むべきなのか。
「優しさ」が「苦しさ」に変わる機微を捉えた本書が無理をせずに、持続性ある介護のあるべき姿のヒントになると思います。

当代随一の本音コラムニストが、家族との関わり方について独特の感性で認知症の父、母、姉と自分の家族のドラマを笑いあり、涙あり、時に愛や憎しみもある実例として描きました。

【目次】
はじめに
第1部親はこうして突然老いていく
第2部母と子はだんだんこうして疲弊する
第3部父の介護で見えてきたもの
おわりに

著者プロフィール

1972年生まれ。おひつじ座のB型。千葉県船橋市出身。ライター兼絵描き。

法政大学法学部政治学科卒業後、編集プロダクション勤務を経て、2001年よりフリーランスに。医療、健康、下ネタ、テレビ、社会全般など幅広く執筆。『週刊フジテレビ批評』、『Live News it!』(ともにフジテレビ)のコメンテーターなどもたまに務める。2010年4月より『週刊新潮』にて「TVふうーん録」の連載開始。2016年9月より『東京新聞』放送芸能欄のコラム「風向計」を連載中。著書に『幸せな離婚』(生活文化出版)、『TV大人の視聴』(講談社)、『産まないことは「逃げ」ですか?』(KKベストセラーズ)、『くさらない イケメン図鑑』(河出書房新社)ほか多数。本書でも登場する姉は、イラストレーターの地獄カレー。

公式サイト『吉田潮.com』http://yoshida-ushio.com/

公式ツイッター吉田潮 (@yoshidaushio) | Твиттер - Twitter

 

 

書籍関連記事

PAGE TOP