日本人の道徳心

日本人の道徳心
著者:渡部 昇一
amazon 7net 紀伊国屋書店 楽天ブックス TSUTAYA e-hon honto HonyaClub ブックサービス
判型 : 新書
刊行年 : 2017.06.09
ISBNコード : 9784584125502
内容紹介

世界に通用する、日本独自の“心のあり方"とは?
「知の巨人」のラストメッセージ! 

今、日本から道徳や倫理、さらにはマナーやモラルといったものが著しく欠けていっている。
このような状況を危惧してか、文科省が「道徳」の授業を義務教育において教科化するという(小学校が2018年度から、中学校が2019年度から)。
しかし、小学校や中学校で道徳の授業が教科化されたからといって、日本の古き良き道徳観をすぐに取り戻せるとはとても思えない……。
「今の教育の間違いは、子供に理屈を言うこと」―。
“芯"のなくなった日本社会へ最後の提言、著書渾身の道徳論! 

日本人の“道徳心"を取り戻せ! 
●「無作法なことはするな」―子供への教えは簡潔に
●正直に生きたほうが気持ちがいい
●大切なのは恥を知り、心を磨くこと
●学問には「耐久性」を与える力がある
●普通の人でも“徳"のある人間になれる
●成功は「自らの努力」+「他者の手助け」
●何歳になっても事を成し遂げられる etc.

著者プロフィール

昭和5年山形県生まれ。上智大学大学院修士課程修了。ドイツ・ミュンスター大学、イギリス・オックスフォード大学留学。上智大学教授を経て、同大学名誉教授。専門の英語学のみならず幅広い評論活動を展開する。昭和51年第24回エッセイストクラブ賞受賞。昭和60年第1回正論大賞受賞。著者に、英語学・言語学に関する専門書のほか、『知的生活の方法』(講談社現代新書)、『古事記と日本人』(祥伝社)、『渡部昇一「日本の歴史」(全7巻)』『青春の読書』(ワック)、『名著で読む日本史』(扶桑社)、『知的生活の準備』(KADOKAWA)など多数ある。

書籍関連記事

PAGE TOP