社会という荒野を生きる。

社会という荒野を生きる。
著者:宮台 真司
amazon 7net 紀伊国屋書店 楽天ブックス TSUTAYA e-hon honto HonyaClub ブックサービス
定価:860円(税抜)
判型 : 新書
刊行年 : 2018.10.12
ISBNコード : 9784584125892
内容紹介

 社会学者・宮台真司が、旬のニュースや事件にフォーカスし、この社会の〝問題の本質〟を解き明かした名著が新書版で誕生。

「明日は我が身の時代」に社会という荒野を生き抜く智恵を指南する!

 天皇と安倍総理、議会制民主主義、ブラック企業、感情の劣化とAI、性愛不全のカップルたち、承認欲求が肥大化した現代人のゆくえetc. 

 我々が生きるこの社会はどこへ向かっているのか?

 脆弱になっていく国家で、空洞化する社会で、生きづらさを抱える人が溢れるこの時代に、「明日は我が身」を生き抜くヒントが満載。

 

著者プロフィール

1959年宮城県生まれ。社会学者。映画批評家。首都大学東京教授。公共政策プラットフォーム研究評議員。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。社会学博士。1995年からTBSラジオ『荒川強啓 デイ・キャッチ!』の金曜コメンテーターを務める。社会学的知見をもとに、ニュースや事件を読み解き、解説する内容が好評を得ている。主な著書に『私たちはどこから来て、どこへ行くのか』『日本の難点』(幻冬舎)、『14歳からの社会学』(世界文化社、ちくま文庫)、『正義から享楽へ 映画は近代の幻を暴く』(bluePrint)、『子育て指南書 ウンコのおじさん』(共著、ジャパンマシニスト社)、『どうすれば愛しあえるの 幸せな性愛のヒント』(共著、KKベストセラーズ)など著書多数。

書籍関連記事

PAGE TOP