志村 史夫の記事一覧

志村 史夫しむら ふみお

1948年東京生まれ。名古屋大学工学博士(応用物理)、静岡理工科大学教授、ノースカロライナ州立大学併任教授、応用物理学会フェロー、日本文藝家協会会員。日本とアメリカで長らく半導体結晶などの研究に従事したが、現在は古代文明、自然哲学、基礎物理学、生物機能などに興味を拡げている。
主な著書に『「ハイテク」な歴史建築』(KKベストセラーズ)、『古代日本の超技術』『古代世界の超技術』『いやでも物理が面白くなる』(講談社ブルーバックス)、『スマホ中毒症』(講談社+α新書)、『アインシュタイン丸かじり』(新潮新書)、『漱石と寅彦』(牧野出版)などがある。
 

  • 不動産プロフェッショナル集団“全宅ツイ”がやって来た
  • 映画に取り憑かれた元アイドル・シマザキリノのシネフィルカフェ
  • MMTブーム仕掛け人・中野剛志が語る
  • 2019ドラフト会議特集
  • 日本マクドナルド創業者の哲学
  • 狩り女子
  • 普通の生活
  • 麗しの日本史講師・あり先生の特別授業