BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

チェルフィッチュ、辻本知彦・菅原小春、田中馨、Aokidと、踊ろう・奏でよう・演じよう・対話しよう!!子どもからユースまで!THEATRE for ALLの「真夏のワークショップスペシャル」

多彩なアーティストたちを迎え、音楽、ダンス、演劇、哲学などの「学び」プログラムを開催!

だれでも、いつでも、どこからでも。ひとりひとりが繋がれるオンライン劇場『THEATRE for ALL』は、自分だけでは気づけなかった世界の捉え方に出会うきっかけづくりをしています。そのため作品制作と動画配信だけでなく、豊かな鑑賞体験を目指して「学び」の場を提供するTHEATRE for ALLラーニングの活動を行っています。そんな活動の中で、6月末~7月にかけて未就学児・子どもから大学生・ユースに向けて様々なプログラムを実施。オンラインのプログラムから森美術館、代官山ティーンズ・クリエイティブ、松戸市や多摩市などでも開催予定です。 THEATRE for ALL:https://theatreforall.net/ 真夏のワークショップ特集ページ:https://theatreforall.net/feature/learning_summerws2021/





数々のアーティストワークショップでは、踊ってみる、演じてみる、奏でてみるなど、様々な「やってみる」を通して、子どもたちの持つ潜在的な創造の力を伸ばすヒントを発見!少人数で実際に体を動かしてみることで、子どもたちの主体的な表現力が育まれます。


また、対話型ワークショップでは、哲学対話の専門家・幡野雄一や、視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップチームを迎え、多様な人々が参加することで新しい価値観と出会える場を展開!鑑賞から感じたことを言葉にすることで、気づいていなかった自分の考えや、思いも寄らなかった新しい考えに出会えます。


////////// THEATRE for ALL「真夏のワークショップスペシャル」 プログラム詳細 //////////


アーティストワークショッププログラム



Aokid「おうちでつくる◯+□+△!」
THEATRE for ALLで配信中の映像作品『◯+□+△=動き・巡り↗︎映画』をもとに、アーティストであるAokidがおうちでできるオンラインワークショップ。スクリーンや光を使って、ラップ、ミラーボール、街、岩、植物、ギター、ダンス、階段、宇宙。Aokidの頭のなかをひっくりかえしたようなこの作品を、おうちで追体験してみるワークショップに参加してみませんか?

開催日:7月4日(日)10:00-11:30
対象:4歳~12歳 ※推奨年齢 5歳~7歳
ファシリテーター:Aokid(ダンサー、アーティスト)
配信作品:Aokid『◯+□+△=動き・巡り↗︎映画』配信中!
https://theatreforall.net/movie/movie-1837/
詳細・申し込み:https://theatreforall.net/movie/aokid_ws/


チェルフィッチュといっしょに半透明になってみよう!
演劇カンパニー・チェルフィッチュの俳優たちから「半透明になる」演劇メソッドを教わるワークショップ。半透明になることで、私たち「にんげん」とまわりにある「モノ」との関係が、どう変わるかをさぐってみませんか?

開催日:7月25日(日) 10:00-12:30
対象:7歳以上
ファシリテーター:米川幸リオン、安藤真理、板橋優里、原田拓哉(チェルフィッチュ出演俳優)
配信作品:『消しゴム山』配信版・『消しゴム山は見ている』配信中!
https://theatreforall.net/movie/erasermountain_archive/
詳細・申し込み:
https://theatreforall.net/movie/chel_ws02/


森美術館 まちと美術館のプログラム
「アート・キャンプ for under 22 Vol. 7 ヒューマン・ビギン:アシタナニスル?」

未来を一緒に担っていく世代のみなさんと、これまで当たり前だと考えられていた「性」の規範を更新するようなメッセージを考え、身体をつかって表現します。ダンスを通して自分らしく生きること=「性」にまつわる価値観を探ってみませんか?

開催日:6月26日(土)~8月2日(月)
会場:森美術館ほか
対象:15歳~22歳
出演:辻本知彦(ダンサー・振付家)、菅原小春(ダンサー・振付家)
※「辻」のシンニョウは点1つです。環境によっては点2つで表示される場合があります。
配信作品:参加者の皆さんと制作した作品を今秋配信予定!
詳細・申し込み:
https://theatreforall.net/movie/human_begin/


「ボクの穴、彼の穴。」
姿の見えないひとを音で感じるワークショップ
THEATRE for ALLで配信中の『ボクの穴、彼の穴。The Enemy』をもとに、ミュージシャン・田中馨と気持ちを音で表現するワークショップ。たくさんの楽器を使って、音のコミュニケーションを探求してみませんか?

開催日:7月3日(土)14:00-16:00
対象:小学1年生~6年生
会場:代官山ティーンズ・クリエイティブ
ファシリテーター:田中馨(ミュージシャン)
配信作品:『ボクの穴、彼の穴』7月初旬配信予定!
詳細・お申し込み:
https://theatreforall.net/movie/kei_tanaka_ws/


対話型ワークショッププログラム



てつがくタイム ~ モヤモヤを楽しむ対話の場~
【対象作品:True Colors FASHION ドキュメンタリー映像「対話する衣服」-6組の”当事者”との葛藤 –】
日々の生活の中では通り過ぎてしまうような問いについて、あえて立ち止まり、みんなでじっくりゆっくり考え、語り合う哲学対話のワークショップ。今回は配信中の「True Colors FASHION ドキュメンタリー映像「対話する衣服」-6組の”当事者”との葛藤 –」を題材に、作品をきっかけに生まれた問いについて対話します。

開催日:6月27日(日) 10:00-12:00
対象:小学5年生以上
ファシリテーター:幡野雄一(こども哲学おとな哲学アーダコーダ)
対象作品:『True Colors FASHION ドキュメンタリー映像「対話する衣服」-6組の”当事者”との葛藤 –』配信中!
https://theatreforall.net/movie/true-colors-fashion-documentary/
詳細・申し込み:
https://theatreforall.net/movie/philosophytime-june27/


ミるミる見るツアー ~映像を聴いて、語るワークショップ~
【対象作品:ルール?】
目の見える人、見えない人が映像を見て、聴いて、語る。新たな気づきと出会う対話型ワークショップ。今回は配信中の『田中みゆき 野村律子 菅俊一 「ルール?」』を題材に、映像と言葉のルール?やみんなが持っているルール?を発見していきます。

開催日:7月11日(日)14:00-16:30
対象:中学生~大学生 ★手話通訳あり
ファシリテーター:視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ
対象作品:田中みゆき 野村律子 菅俊一『ルール?』 配信中!
https://theatreforall.net/movie/rule/
詳細・申し込み:
https://theatreforall.net/movie/mirumiru_rule/


地域連携イベント

★松戸市 アーティスト・イン・レジデンス「PARADISE AIR」との取り組み


THEATRE for ALLと、千葉県松戸市のアーティスト・イン・レジデンス「PARADISE AIR」がコラボレーション。詩人の大崎清夏をゲストに迎え、THEATRE for ALLの作品を題材に、詩について知り創作にチャレンジする2日間の中高生向けワークショップ・プログラムを開催します。
※松戸市在住・在学の中学生~20歳代のみ参加可能です。
PARADISE AIR HP:https://www.paradiseair.info/
大崎清夏 HP:https://osakisayaka.com



★多摩市 NPO法人PIECESとの取り組み


THEATRE for ALLと、子どもの孤立と貧困を防ぎ、健やかで豊かな「生きる」を紡ぐための活動をする、認定NPO法人PIECES(ピーシーズ)がコラボレーション。PIECES企画の「こどものための居場所作り」がテーマのスクール卒業生と、THEATRE for ALLのファシリテータースクール卒業生がタッグを組み、作品の上映とワークショップを融合した観賞会を開催。第一回目は、重症児者向け児童発達支援&生活介護事業「+laugh(アンドラフ)」にて実施予定。
PIECES HP:https://www.pieces.tokyo/
+laugh HP:https://lifeis-llc.com/and_laugh/




THEATRE for ALL



だれでも、いつでも、どこからでも。
ひとりひとりが繋がれる “劇場”。

劇場体験に、アクセシビリティを。それが『THEATRE for ALL』のミッションです。
子どもから大人、そして、お年寄り。聴こえない人、見えない人、車椅子で移動する人。使う言葉が異なる人、育児・介護をしている人、海の向こうで暮らしている人。
環境や身体のちがいから劇場を訪れなかった人が、別の方法で“劇場”にアクセスできるようになれば、ひとりひとりの日常もひとつひとつの作品も、もっとおもしろくなるはず。『THEATRE for ALL』はそんな思いから生まれた、アクセシビリティに特化したオンライン劇場です。https://theatreforall.net/


THEATRE for ALL 運営会社 (株)precog



国内外で実施される様々な『イベント』を成功に導くための企画や運営をおこなう制作会社です。観客やアーティストとともにワクワクするような化学反応を起こし、日々更新される“現在”の面白さを伝えていきます。 precogならではのネットワークやリレーションシップを活かし、多角的な視点からのリサーチを重ねることで、作品や上演の質を上げ、プロジェクトの同時代性や事業の継続性を追求し続けています。日常にある“表現”に価値を見出し、国際的なシーンや地域コミュニティと繋がり、教育や福祉を視野に入れて、“表現”の未来をつくります。 https://precog-jp.net
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ