BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

「第45回 国際ワインチャレンジ 2021」にて「シャトー・メルシャン 北信左岸シャルドネ リヴァリス 2019」が金賞を受賞~日本のワイナリーとして唯一の受賞~

 メルシャン株式会社(社長 長林道生)は、2021年5月18日(火)~5月19日(水)にフランス・ボルドー地方で開催された「第45回 国際ワインチャレンジ 2021」にて、「シャトー・メルシャン 北信左岸シャルドネ リヴァリス 2019」が日本のワイナリーでは唯一となる金賞を受賞しました。


 今後も「シャトー・メルシャン」は、日本を代表するワイナリーとして、高品質な日本ワインを造り、国内外へ情報発信をしていくことで、ブランドの認知拡大を図るとともに、日本ワイン産業の発展に貢献していきます。

●「国際ワインチャレンジ」について
・「国際ワインチャレンジ(Challenge International du Vin)」は、1976年よりフランス・ボルドー地方で
開催されている歴史ある国際ワインコンクールです。
・2021年の第45回大会では、世界27カ国から3500点を超えるワインが出品され、約800名のワイン専門家や愛好家による評価が行われました。


●「第45回 国際ワインチャレンジ2021」概要
・コンクール名 「第45回 国際ワインチャレンジ2021」
・開催日    2021年5月18日(火)~5月19日(水)
・開催地    フランス・ボルドー地方

●「第45回 国際ワインチャレンジ 2021」で金賞に輝いた
「シャトー・メルシャン 北信左岸シャルドネ リヴァリス 2019」の特長
長野県北部に位置する、北信地区の千曲川左岸の粘土質土壌で育った「シャルドネ」を100%使用しています。「リヴァリス」とはラテン語で「川」を意味しており、千曲川を挟んだ左岸・右岸で育ったブドウから造るワインが、高い品質で並んでいることを表現しています。豊かなアロマと穏やかな酸味の調和のとれた味わいのワインです。
 
 

 メルシャン株式会社は、ワイン事業スローガン「ワインのおいしい未来をつくる。」のもと、ワインのある豊かな時間を通じて、人と人とのつながりを楽しんでいただけるよう、さまざまな提案を続けていきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ