BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

リュック用の「背中ひんやり冷感パッド」で夏場の登下校・通勤を快適に 背中の温度を下げて熱中症対策

被服内温度研究者、横浜国立大学の薩本弥生教授との共同開発

フットマーク株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:三瓶 芳)は、夏場の登下校・通勤でのリュック移動を快適にする「背中ひんやり冷感パッド」を6月11日(金)より発売いたします。サイズは大小2つ、カラーはそれぞれグレーとサックスで、価格は1,980円(税込小売希望価格)。フットマーク直営ネットショップ、楽天フットマークうきうき屋、学校指定小売店で販売いたします。


TOP


開発背景


コロナ禍でリモートワークが推進される中、会社と自宅との移動では、パソコンや資料など重たい荷物を持って通勤しなければいけない人が増えました。その影響を受けて仕事用のカバンにリュックを選択する人が多くなっています。しかし夏の暑い中、リュックを背負うと背中が暑くなってしまい不快感があるという声も聞きます。そこでリュック需要が増す中での夏場の暑さ対策アイテムとして、「背中ひんやり冷感パッド」を開発しました。大量に汗をかいてしまい、会社に着く頃にはシャツの背中が濡れて汗シミができているという光景もよく見かけますが、それは大人だけではありません。毎日ランドセルを背負って学校に行く小学生の暑さ対策・熱中症対策にも対応できるよう、ランドセルにも取り付けられる小さめのサイズも企画しました。

「背中ひんやり冷感パッド」は、被服内温度研究者、横浜国立大学の薩本弥生教授と共同で商品開発を行いました。本商品を使用することで背中の熱がどの程度下がるのか、適している素材は何かを知るための実験を行い、結果を商品に反映させました。



商品説明動画






特徴



素材
1.メッシュ素材、冷感素材の使用
パッド自体は通気性の良いメッシュ素材を使用し、背中に当たる部分には、冷感素材を採用。





空気の通り道
2.背中の空気の通り道を設計
背中に熱がこもらないように空気の通り道を設計。背中にパッドが密着せず、通気性がより高まる。





保冷剤
3.保冷剤を入れるポケット
パッドと背中の接する面が最も大きい部分に、保冷剤を入れるポケットを配置。縦7cm×横8cmの保冷剤が4つ入る。
※保冷剤は付属しておりません。



小さいサイズ
4.リュックに固定できるループ
一般的に販売されているリュックに装着が可能。小さいサイズは、ランドセルにも装着ができるサイズ。



使用例
5.抗菌加工
汗をかいても菌が繁殖しないよう加工を施し、安心感をアップ



実験について


■方法、条件
内容:パッドなし/背中ひんやり冷感パッド(保冷剤を入れた場合) の皮膚温の比較
5分ごとに皮膚温を計測
環境条件:室温30度 50%RH(相対湿度)

■結果
パッドなしに比べ、背中ひんやり冷感パッド(保冷剤を入れた場合)の皮膚温が約10度低くなった




共同開発者について


薩本 弥生(さつもとやよい)

・横浜国立大学教育学部教授・博士(被服環境学)
・お茶の水女子大学大学院家政学研究科被服学専攻修士課程修了
・文化女子大学大学院家政学研究科被服環境学専攻博士課程修了
被服環境学・被服衛生学・被服構成学をベースとした着衣の熱水分移動特性、着衣の運動機能性に関する研究に従事。近年は着衣のふいご作用と温熱的快適性について研究。温熱的に快適な着衣の素材やデザイン要因の寄与を検討。「背中ひんやり冷感パッド」では物性試験、被験者試験など実証実験のほか形状に関するアドバイス等開発から検証まで協力。


商品概要


品番:101475
商品名:背中ひんやり冷感パッド
価格:1,980円(税込小売希望価格)
カラー:大サイズ…グレー  小サイズ…サックス
サイズ:大サイズ…縦370mm×横270mm  小サイズ…縦270mm×横200mm
素材:ポリエステル100%
販売ページ:フットマーク直営ネットショップ  https://www.ukiuki.jp/SHOP/101475.html
      楽天フットマークうきうき屋  https://item.rakuten.co.jp/ukiukiya/101475/


会社概要


会社名 : フットマーク株式会社
所在地 : 東京都墨田区緑2-7-12
設立  : 1950年4月28日(創業1946年)
代表者 : 代表取締役社長 三瓶 芳
資本金 : 8,500万円
事業内容: 水泳用品・介護用品・健康スポーツインナーの企画、製造、販売
URL  :https://www.footmark.co.jp/


◇お客様のお問い合わせ先◇
フットマーク株式会社
TEL:0120-210-657
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ