BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

資格・経験を活かした仕事に出会える専門職の総合求人サイト「バイトルPRO」 本日より開始

~看護・介護・保育など279種におよぶ仕事の選択肢を提供~

ディップ株式会社(以下「当社」)は、279種の資格・経験を活かした仕事に出会える専門職の総合求人サイト「バイトルPRO」を2021年5月19日より開始しましたので、お知らせいたします。 ▼「バイトルPRO」(https://www.baitorupro.com/ )



 新型コロナウイルス感染拡大による雇用情勢への様々な影響が続く中、医療、介護、保育、美容、IT、飲食などの専門職種における有効求人倍率は高い水準で推移(※1)し、専門職における労働力不足は喫緊の課題です。中でも、先日医療現場への看護師派遣が解禁されたように、新型コロナウイルスのワクチン接種会場での看護師不足は深刻です。このような状況において、様々な経験や資格をもった専門職への注目が高まっています。

 そこで、当社は専門職の総合求人サイト「バイトルPRO」を本日より開始いたしました。279におよぶ細分化された職種での検索を始め、職場の雰囲気を紹介する動画サービス、しごと体験・職場見学機能(予定)など「バイトル」で培った技術を活用し、求職者の属性やニーズに応じた最適な仕事選びをサポートいたします。資格・経験を保有している方や、プロフェッショナルとしての活躍を目指す方と企業を繋ぎ、専門職領域の人手不足解消、求職者が付加価値の高い仕事で活躍できる社会の実現に貢献してまいります。

(※1) 厚生労働省 「一般職業紹介状況(職業安定業務統計)」 より令和3年3月の有効求人倍率1.10倍に対して
医療技術者:2.81倍、介護サービス:3.44倍、社会福祉の専門的職業:2.91倍、開発技術者:1.46倍、飲食物調理:1.75倍

■資格保有者・経験者の声(※2)
・介護の資格を保持していますが、子育てとの両立で勤務時間の妥協ができず諦めました。働き方の選択肢が多いならそれも可能になると思いました(元介護士)
・過去、美容師免許を取得して働いていましたが、結婚を機に辞めることになりました。美容師の仕事にこれからもう一度関わりたいというのが今の希望です。(美容師免許保持者)
・福祉資格を保有しているが、今就いている仕事は全く資格も経験も関係がなく、それを活かせていないことに不安を抱きつつある。将来的に何のスキルアップも見込めないと感じているため、早々に方向転換を行いたい。(福祉資格保有者)

(※2) ディップ総合研究所「就業者・求職者の資格保有と資格を活かす意向調査」より抜粋
https://www.baitoru.com/dipsouken/all/detail/id=485

■「バイトルPRO」について ( https://www.baitorupro.com/ )
約11万件の求人情報を掲載し、サービスを開始しております。
└主な業界別の掲載内訳…介護系:約39%、医療系:約22%、IT系:約10%、美容系:約9%

▼選べる検索条件
業種ごとに細分化された職種(279種)、働く場所(197種)、診療科目(35種)、特徴(127種)から希望条件に合った求人情報を検索できます。
(例)看護師(職種) × 診療所・クリニック(働く場所) × 一般内科(診療科目)
   調理師(職種) × 介護系施設(働く場所) × 平日のみOK(特徴)

▼仕事検索イメージ画面




<求人掲載検討企業からのお問合せ先>
https://www.baitorupro.com/contact/sales.html

当社概要
”Labor force solution company”をビジョンに掲げ、『労働力の総合商社』として、人材サービス事業とDX事業を運営しています。「私たちdipは夢とアイデアと情熱で社会を改善する存在となる」の企業理念のもと、事業活動を通じて持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

社名:ディップ株式会社
代表:代表取締役社長 兼CEO 冨田 英揮
本社:東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー31F
電話:03-5114-1177(代表)
設立:1997年3月
資本金:1,085百万円 (2021年4月末現在)
従業員数:2,173名(2021年4月1日現在の正社員)※契約・アルバイト・派遣社員除く
事業内容:求人情報サイト「バイトル」「バイトルNEXT」「はたらこねっと」などの運営、看護師転職支援サービス、DXサービス「コボット」の開発・提供、他
上場証券取引所:東京証券取引所(市場第一部)
売上高:売上高324億円(2021年2月期)URL:https://www.dip-net.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ