BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

イルカとのふれあい施設『室戸ドルフィンセンター 』で人もイルカもハッピーになるクラウドファンディングをスタート

クラウドファンデイングのご支援にて、障害児・者のための『イルカふれあい特別活動』を無料招待

株式会社日本ドルフィンセンター (香川県さぬき市、代表取締役:寺山弘樹)が運営するイルカとのふれあい専用施設『室戸ドルフィンセンター 』(高知県室戸市)は、クラウドファンディングサービス「READYFOR」より、『人もイルカもハッピーになれる』活動のための資金調達を2021年2月22日午後12時より開始いたしました。 キャンペーンサイト(https://readyfor.jp/projects/murotodolphinscenter)




高知県の東部。自然のダイナミックな造形美が織りなす「室戸岬」の目と鼻の先に、イルカとのふれあい施設『室戸ドルフィンセンター』があります。2020年10月より、株式会社日本ドルフィンセンターが室戸市から指定管理を受けて運営をしております。様々なイルカとふれあうことを通して、人がより人らしく、より健康に生きることにつながるような、非日常的な室戸時間をお過ごしいただいています。

所在地 781-7101 高知県室戸市室戸岬町字鯨浜6810番地162
T E L 0887-22-1245
許認可 動物取扱業(高知県 展示 第AK-26号)
動物取扱責任者:吉川 絵里加


人と遊ぶことが大好きなイルカ等がお出迎えいたします。




室戸ドルフィンセンターが提供するイルカとのふれあい事業を行うなかで大切にしていることは、イルカに負担をかけないことです。イルカをトレーニングするドルフィンキーパーは、人と遊ぶことが大好きなイルカに育てるために、日々のイルカとの関わりをとても大切にしています。一番大事なことは、イルカに自由意志をある程度持たせる、自分の選択肢の幅を持たせることだと考えています。完全にコントロールすることも安全管理上重要ですが、それではイルカにとって「仕事」になってしまいます。「仕事」となればそこには負担が生じる可能性がありますが、それがイルカの自由意志であれば「遊び」として成立します。そして、「遊び」であれば負担が生じることなく、イルカも負担なく自ら率先して遊んでくれるようになります。イルカにもハッピーな時間になるように日々考えながら、イルカの飼育を行っています。


イルカにとってもハッピーな活動にならなければ意味がありません。



室戸ドルフィンセンターで行っているイルカとのふれあい事業は、子供からお年寄りまで、障害の有無などに関係なく参加可能です。しかし、障害を持つ方の中には、周囲と同じように活動に参加できない場合があります。そこで室戸ドルフィンセンター では、障害児・者のためのドルフィンセラピー事業「イルカ特別ふれあい活動」を特定非営利活動法人日本ドルフィンセラピー協会(香川県さぬき市 中村和彦理事長)監修のもとで、実施しています。様々な方にご参加いただいておりますが、例えば不登校、職場への復帰活動などを行っている方なども対象で、特別なニーズがある方向けにデザインされています。
自分のペースでゆったりとイルカと遊ぶ



今回のクラウドファンディングにより、『イルカふれあい特別活動』3日間コース(3日間のイルカとのふれあい)を20名様に無料でご招待し、イルカとの楽しい、嬉しい体験を通じて、日常生活の支援につなげるものであります。






株式会社日本ドルフィンセンター は、海棲哺乳類の飼育事業、小型鯨類のふれあい事業、ドルフィンセラピー事業、獣医関連事業、専門家育成・教育事業などを通じて、地域の発展に寄与するため活動を行っております。

所在地 769-2402 香川県さぬき市津田町鶴羽1520番地130
代表者 代表取締役 寺山 弘樹
設 立 2004年4月
T E L 0879-23-7623
施 設 日本ドルフィンセンター (香川県さぬき市)
    室戸ドルフィンセンター (高知県室戸市)
    ドルフィンリゾート(和歌山県東牟婁郡太地町)

(本キャンペーンに関するお問い合わせ先)
室戸ドルフィンセンター 担当:高橋絵里加(センター長)
TE L 0887-22-1245
MAIL readyfor_mdc@j-dc.net
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ