BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

劇団ノーミーツとサンリオピューロランドが初コラボ!閉館後のピューロランドを舞台にワンカット生配信でお届けするオンライン演劇「VIVA LA VALENTINE」上演決定!チケット発売開始!

上演日時:2月6日(土)、7日(日)、11日(木)、13日(土)、14日(日)

劇団ノーミーツ(主宰:広屋佑規・林健太郎・小御門優一郎)は、株式会社サンリオエンターテイメント(代表取締役社長:小巻亜矢)が運営するサンリオピューロランド(以下、ピューロランド)とタッグを組み、2月6日(土)、7日(日)、11日(木)、13日(土)、14日(日)の5日間、バレンタインをテーマにしたオンライン演劇「VIVA LA VALENTINE(ビバ ラ バレンタイン)」を開催します。



劇団ノーミーツは「NO密で濃密なひとときを」をテーマに、オンライン演劇を主軸に活動するオンライン劇団。長編公演として『門外不出モラトリアム』『むこうのくに』『それでも笑えれば』の3作品を上演。有料チケット制にもかかわらず14,000人以上を動員しました。

本公演『VIVA LA VALENTINE』は、閉館後のピューロランドを舞台に、劇団ノーミーツとして初めてワンカット長回しの生配信でお届けするオンライン演劇です。今回、ピューロランド30周年を記念して、”バレンタイン”をテーマにした公演を、劇団ノーミーツとピューロランドのタッグでお届けします。脚本・演出は、劇団ノーミーツの作家でCMディレクターでもある岩崎裕介が担当します。本リリースの後半にコメントが記載されています。

また、本公演は4組のアーティストとのコレボレーションでお届けします。劇中歌として、さよならポニーテール、荘子it (Dos Monos) 、Kroi、Tomgggの4組のアーティストの描き下ろし楽曲が使用されています。

そして、作品を彩る出演キャラクターはハローキティ、ディアダニエル、ポムポムプリン、シナモロール、クロミ。更に、映画やドラマで活躍する女優の北村優衣、劇団ノーミーツ所属俳優のオツハタ、舞台やミュージカルで活躍する俳優の溝口雄大、劇団ノーミーツ第二回長編公演「むこうのくに」にも出演した渡辺芳博が出演します。オンライン演劇とテーマパーク、キャラクター・俳優・アーティストが織り成す作品をお楽しみ下さい。



『VIVA LA VALENTINE』公演概要

<あらすじ>

「大人の事情って、なあに?」
舞台はバレンタインを間近に控えた閉館後のピューロランド。
ハローキティに 素直な気持ちを伝えるショー『VIVA LA VALENTINE』を成功させるため、

演出家のディアダニエルを筆頭にみんなで張り切って準備中。
しかし、ショーのスポンサーであるバイアス製菓が本番3日前、

突然ショーの内容について無慈悲な変更を言い渡すのでした…。
どうする、ディアダニエル。どうなる、バレンタイン。



<公演公式サイト>
https://www.puroland.jp/viva_la_valentine/

<公演日>
2021年2月6日(土)、7日(日)、11日(木)、13日(土)、14日(日)
※開場:19:30/開演:20:00
※上演時間:約50分 を予定

<会場>
オンライン劇場「ZA」https://za.theater/

<チケット>
オンライン劇場「ZA」にて発売

チケット種類
※いずれのチケットも視聴URLはオンライン劇場「ZA」のマイページに送付いたします。

1.ビバラバオリジナルチケット
キャラクターのプリントサイン&未公開映像付き紙チケット。
※公演日程ごとにデザインバリエーションが異なります。
2月6日ディアダニエル、7日シナモロール、11日ポムポムプリン、13日クロミ、14日ハローキティ(未公開映像は1種類になります。ZAのマイページでご視聴いただけます。)

・早割  ¥3,500 1月14日(10:00)~1月20日(23:59)
・一般  ¥3,800 1月21日(0:00)~
・U18  ¥3,000 1月14日(10:00)~

※公演前までにビバラバオリジナルチケットのお手元への到着をご希望の場合には、1月20日(23:59)までにお申し込みをお願いいたします。それ以降のお申し込みは公演後の到着となります。ご購入自体は公演日当日まで可能です。

2.プレミアムチケット ¥4,500 (1月14日(10:00)~1月20日(23:59))
各キャラクターキービジュアルブロマイド(2L)5枚セット&
ディアダニエルからの一言コメント付きメッセージカード(ポストカードサイズ)つきチケット。

3.デジタルチケット
・早割 ¥2,500 1月14日(10:00)~1月20日(23:59)
・一般 ¥2,800 1月21日(0:00)~
・U18 ¥2,000 1月14日(10:00)~
 



<見逃し配信>
上演終了後、通信環境などの事情により観劇を十分にお楽しみいただけなかった方へ向けて、一定期間上演映像を見ることのできる翌日9:00までの「見逃し配信」を行う予定です。なお、システム上、上演本番中に行ういくつかの演出、機能などは見逃し配信では体験していただくことはできません。予めご了承ください。

・企画製作:株式会社サンリオエンターテイメント/劇団ノーミーツ
・公演オフィシャルサポーター:Simeji https://simeji.me/


脚本・演出コメント
▼岩崎裕介(劇団ノーミーツ 作家/演出家)
大変な時代です。どことなく、心のキャパがすり減っている気がします。
自分のことがままならず、他人を思いやる余裕がない。でもそんなことはお構いなしに日々仕事や、しがらみは追い討ちをかけてきます。ギスギスギスギス…うう、なんでこんな時でも僕たちは仲良くできないんだろーか…
そんなことを思い悩む中、僕が出会ったのがピューロランドのみんなでした。
天使の心を持った彼らは無邪気に、無垢なまなざしで、無尽蔵の愛を振りまいてあっという間に僕を包み込んでくれました。
彼らを知りたい、追いつきたい。その一心で彼らの仕事ぶりを観察していると、人の心を鷲掴むその一挙手一投足が、弛まぬ努力や数多の葛藤に裏打ちされたものであるということがわかってきました。
今回は、とあるバレンタインのショーの舞台裏にお邪魔し、そんな彼らの奔走する姿を覗き見してみたいと思います。皆様もどうぞご一緒に、ご自宅からピューロランドへ遊びにきてみてください。

アーティストコラボレーション
本作では、劇中歌として4組のアーティストの描き下ろし楽曲が使用されています。


▼さよならポニーテール
2010年結成。これまでに一度もLIVEを行わず、活動は主にソーシャルメディア上のみで、実態が謎に包まれている11人組のポップグループ。質の高いメロディや歌詞、どこか懐かしいのに新鮮に響くサウンド、不安定ながらも琴線に触れる歌が、音楽を中心としたポップカルチャーファンの心を掴んでいる。


▼荘子it (Dos Monos)
1993年生まれ、東京都出身。2015年に中学生時代の友人であるTaiTanと没と共にDos Monosを結成。2018年にアメリカのレーベル・Deathbomb Arcと契約を結ぶ。2019年3月に1stアルバム「Dos City」を発表。2020年7月に2ndアルバム「Dos Siki」をリリースした。Dos Monosとしての活動と並行して、他アーティストのプロデュースや楽曲提供も行なっている。


▼Kroi
2018年2月に結成。R&B/ファンク/ソウル/ロック/ヒップホップなど、あらゆる音楽ジャンルか らの影響を昇華したミクスチャーな音楽性を提示する5人組バンド。 音楽活動だけでなく、ファッションモデルやデザイン、楽曲プロデュースなど、メンバーそれぞれが多様な活動を展開し、カルチャーシーンへの発信を行なっている。


▼Tomggg
1988年千葉県生まれのビートメイカー、音楽プロデューサー。劇的な展開・キラキラした音を駆使し、「ものすごく楽しくなる音楽」をテーマに活動を行う。国外勢とのコラボレーションや、シンガーのプロデュース、広告関係、TV番組の楽曲制作、オーディオビジュアルイベントへの出演などジャンルや 国を飛び越えた広がりを見せている。


オンライン劇場「ZA」とは


スマートフォンやパソコン、タブレットを世界でたったひとつのステージに変える新しい劇場。「ZA」の名称の由来となった「座」は、古くから舞台を意味する言葉。数百年の歴史を持つ演劇をさらに身近にするとともに、新たな時代の演劇の可能性に挑戦することを目的とした、オンライン劇場です。「ZA」は、従来の動画サブスクリプションサービスやオンライン配信サービスとは異なり、実際に劇場に行った際の臨場感や興奮を、友達や家族、世界中の人々と一緒に家や外出先でも場所を問わず体験・共有することができる劇場です。
・劇場URL:https://za.theater/
・Twitter:https://twitter.com/theater_ZA



「NO密で濃密なひとときを」をテーマに、オンライン演劇を主軸に活動するオンライン劇団。昨今の状況下で新たなエンタメの形を模索すべく、一度目の緊急事態宣言直後の2020年4月9日に結成。演劇、映画、広告、イベント業界の若手クリエイターが結集し、これまでTwitterをはじめとするSNSに20作品以上の「140秒Zoom演劇」作品を投稿、累計再生数は3000万回を突破。長編リモート演劇として『門外不出モラトリアム』『むこうのくに』『それでも笑えれば』の3公演を上演し、有料チケット制ながら14,000人以上を動員。60th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSクリエイティブイノベーション部門ACCゴールドを受賞。

・公式サイト:https://nomeets2020.studio.site/
・Twitter:https://twitter.com/gekidan_nomeets
・Instagram:https://www.instagram.com/gekidan_nomeets/
・YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCT7hZww9WW94UmkxXjVMCLg
・TikTok:https://www.tiktok.com/@nomeets


●画像データ一式(公演ビジュアル/劇団ノーミーツロゴ/短編作品スクリーンショット)
https://3.gigafile.nu/0315-d386d8effa8915c2460b13266c8c2d0a

【本公演・チケットに関するお問い合わせ】info@za.theater
【当リリースに関するお問い合わせ】pr@meets.ltd


(C)'76,'09 SANRIO
(C)'76,'90,'96,'99,'01,'05,'21 SANRIO APPROVAL No.P1201121
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ