BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

理科実験教室のサイエンス倶楽部、プログラミング教室のプロ・テック倶楽部が2020年冬休み限定 幼児から高校生を対象とした新型コロナウィルスの感染予防等をテーマとしたイベントを開催!!

理科実験教室の「サイエンス倶楽部」、プログラミング×ものづくり教室「プロ・テック倶楽部」を運営する株式会社サイエンス倶楽部(所在地:東京都中野区、代表取締役:広永 雅史)は、幼児~高校生を対象に、2020年冬休み限定のスペシャルイベントを開催いたします。



■背景・経緯
今年は新型コロナウィルスが猛威を振るい、私たちの生活も一変しました。冬から春にかけて学校等の教育機関も臨時休校となり、保護者の方からお子さまの学びについて遅れや定着についての相談も多くいただいた年でした。
そして、新しい生活習慣として定着したマスクや消毒、換気などの感染予防対策ですが、その効果を子どもたちが実感することは、なかなか難しいことです。
そこで科学に携わる教育機関として、新型コロナウィルスの感染予防等を中心テーマとしたこの冬限定のイベント実習を提供する運びとなりました。


■サービス概要

「スペシャルイベント」は、話題の科学的テーマや身近な科学的テーマを題材に、学年に応じた内容の実習を時期に応じてご用意しています。実験を中心としたカリキュラムを半日~1日かけて行う実習で、サイエンス倶楽部の各教室で実施いたします。

理科実験では、「コロナに負けるな!感染予防を実験で確かめよう!」と題し、手洗い・消毒やマスクの効果、効果的な換気の方法などを実験していきます。自ら実験していくことで感染予防の効果をわかりやすく実感し、自発的な感染予防を行う意識を育てます。




プログラミング実習「ウィズ・コロナの時代にプログラミング&モノづくりで冬のウィルス対策」では、温度や湿度を感知して危険を察知するオリジナルのウィルス対策機器作りを通して、センサーを使ったプログラミングについて学んでいきます。




また、昨年ノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏が紹介して話題になった「ロウソクの科学」をテーマとした「ものの燃え方」に関しての実験や、「物質の三態変化」の実験など、
この冬だからこその、サイエンス倶楽部、プロ・テック倶楽部できしかできない体験を準備しています。


■実施時期
2020年12月20日~


■2020年度実施テーマ  [ ]内は対象学年



サイエンス倶楽部「スペシャルイベント」
[幼児/小1~3] コロナにまけるな!感染予防を実験で確かめよう!
[小1~3/小4~6] 「ロウソクの科学」を科学する!
[小1~3/小4~6/中学生] 姿を変える物質~物質の三態変化をさぐる~

サイエンス倶楽部「受験理科E冬季集中講座」
[小4~6] 「実験器具に強くなる!使って初めてわかることがある」

プロ・テック倶楽部「プログラミングイベント」
[年中~小3] 親子でチャレンジ!プログラミングで迷路脱出!
[小2~小5] オリジナルプログラミング選手権
[小4以上] ウィズ・コロナの時代にプログラミング&モノづくりで冬のウィルス対策

サイエンス倶楽部「理科実験(オンライン実習)」
[年中~小3] 「キラキラスコープ」と「浮沈子」
[小2~小4] ジャイロ効果を探る!
[小3~小6] ガラポンのナゾをとく!
[小4~中学生] 心臓モデルを作ろう!
[小4~中学生] 形状記憶合金ってなんだ?
[小4~中学生] 周期表を極める!

詳しくは弊社ホームページ
サイエンス倶楽部 https://www.science-club.co.jp/wordpress/event/tokubetsu/
プロ・テック倶楽部 https://protech-club.com/event/
をご覧ください。


■本サービスの問い合わせ先 株式会社サイエンス倶楽部
TEL:03-5942-7920
メールアドレス:info-press@science-club.co.jp
本コースURL:https://www.science-club.co.jp/wordpress/event/tokubetsu/


■会社概要 社名:株式会社サイエンス倶楽部
住所:〒164-0001 東京都中野区中野4-4-11 第12南日本ビル7F(本社)
TEL:03-5942-7920 URL:https://www.science-club.co.jp/
代表取締役:広永 雅史  設立:2001年11月14日(※創業:1992年)
資本金:9,000万円
事業内容:幼児・小学生・中学生のための科学実験教室「サイエンス倶楽部」
幼児・小学生・中学生のためのプログラミング×ものづくり教室「プロ・テック倶楽部」

※以下メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ