BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

「北海道産」が身近にある。その日常が続くように。つくる人と食べる人をつなぎ、ともに乗り越えていくプロジェクト“おいしい”はエールProject第3弾は「小豆」

~北海道産小豆の魅力を紹介、インスタキャンペーンや水曜どうでそうTVでの和菓子PRも~2020年12月1日(火)よりスタート

ホクレン農業協同組合連合会は、コロナ禍で影響を受けた北海道農業や日々の生活を供給者(生産者などの農業従事者、メーカー等関係企業)および消費者が、一丸となって乗り越えようと展開している「“おいしい”はエールProject」第3弾を2020年12月1日(火)からスタートします。




特別サイト「“おいしい”はエールProject」では、生産者の小豆生産にかける思いを発信。また、和菓子・あんこ好きな消費者の代表としておはぎを年間1,100個食べ歩く「安井友梨」氏に和菓子とあんこの魅力を語っていただきます。さらに、管理栄養士で食生活コンサルタントの「浅野まみこ」氏にお話を伺い、健康面から小豆・あんこの効能・栄養をご紹介いたします。
また、“おいしい”はエールProject公式インスタグラムでは、2020年12月1日(火)から2021年1月31日(日)まで、消費者おすすめの「わが街自慢の和菓子」や「手土産にピッタリの和菓子」など、小豆を使った和菓子商品をインスタグラムに投稿していただくキャンペーンを実施。抽選で500名様にホクレン商品をプレゼントいたします。
同キャンペーンで投稿いただいた和菓子は、HTB北海道テレビ発の人気バラエティ番組「水曜どうでしょう」のディレクターらが開設したYouTubeチャンネル「藤やんうれしーの水曜どうでそうTV」で出演者2人が実食し、その模様を配信(2021年2月)します。


“おいしい”はエールProject「小豆」編 概要

■コンセプトは「アズキのキヅキ」


北海道は、国産小豆のシェア約9割を占める主産地です。
羊羹、おはぎ、最中、豆大福・・・気がつけば、そこにもここにも、北海道の小豆があります。しかし現在、街からは人の往来が減り、手土産に和菓子を買う機会も減ってしまいました。本プロモーションを通じ、小豆の魅力、和菓子の魅力についての気づきを与え、消費者に対して食機会を創出していきます。
■公開日:
2020年12月1日(火)
■URL:
https://www.hokuren.or.jp/_greenweb_/oishii_wa_yell/?p=966

■内容
1.特設サイト「“おいしい”はエールProject『小豆』編」公開
<コンテンツ内容>
◎北海道産の小豆について
北海道産小豆の生産状況や全国シェア、現在の状況など、概要的な情報を掲載します。
◎生産者に聞く、北海道産小豆
十勝の小豆生産者に取材。小豆づくりのこだわり、産地としての安定供給と品質を守る思いをお届けします。
◎おはぎ好きに聞く、小豆・あんこの魅力
年間1,100個のおはぎを食べるフィットネスビキニクイーン「安井友梨」氏におはぎ愛、おはぎの魅力を伺いました。

安井友梨氏プロフィール
ビキニフィットネスアスリート、外資系銀行員。銀行員でありながら、オールジャパン・ビキニフィットネス選手権大会5年連続チャンピオン。IFBBビキニフィットネスでは日本人最高の世界ランク4位。TBS「マツコの知らない世界・おはぎの世界」に出演し、「1年に1,100個のおはぎを食べる」女性として自他共に認める「おはぎマニア」

◎専門家に聞く、小豆・あんこの栄養
管理栄養士・食生活コンサルタントの「浅野まみこ」氏に小豆の栄養素、効能など、食材としての魅力を語っていただきます。

浅野まみこ氏プロフィール
総合病院、女性クリニック、企業カウンセリングにて糖尿病の行動変容理論をベースに1万8千人以上の栄養相談を実施。その経験を生かし、現在は、食育活動やレシピ開発、食のコンサルティングをはじめ講演、イベントなど多方面で活躍中。NHK「おはよう日本」、NHK「オトナへのベル」、フジテレビ「バイキング」など、メディアや雑誌に多数出演。

2.#アズキのキヅキ インスタキャンペーン
おすすめの商品は食べる前にインスタに投稿!


2020年12月1日から2021年1月31日の期間、皆さまの大好きな和菓子やご当地自慢の和菓子、お土産にピッタリな和菓子など、小豆を使ったおすすめの和菓子をインスタグラムに投稿していただくキャンペーンを実施します。投稿者の中から、抽選で500名様にホクレン商品をプレゼントします。
■応募方法
1.“おいしい”はエールProject公式インスタグラムをフォロー。
2.食べる前に、イチオシの和菓子やわが街自慢の和菓子商品などを
写真に撮って自身のインスタグラムにキャンペーンのハッシュタグをつけて投稿。
※小豆を使用した和菓子、洋菓子であれば商品に制限はございません。
3.期間中に投稿いただいた方の中から抽選で500名様にホクレン商品をプレゼント。
____________
キャンペーンのハッシュタグ(下記の2つが必要です)
(1)#アズキのキヅキ
(2)#おいしいはエール、もしくは、おいしいはエールプロジェクト

____________
■応募期間
2020年12月1日(火)~2021年1月31日(日)24時まで。
■“おいしい”はエールProject公式インスタグラム
https://www.instagram.com/oishii_wa_yell_official/
公式アカウント
「@oishii_wa_yell_official」

【プレゼント詳細】
A賞:ホクレンセレクト 
ラベンダーコース  50名様

皆さまに喜んでいただけるよう、北海道の豊かな味わいを厳選しました。お好みの商品をお選びいただき“おいしい幸せ”をご堪能ください。

B賞:ホクレン小豆250g 450名様
北海道産小豆と豆読本「まめえらび」をセットでお届けします。
あんこを作って和菓子やパンに、茹でてお赤飯やサラダ、スープなど様々な
料理にお使いいただけます。

↓応募方法などは、下記参照
https://www.hokuren.or.jp/_greenweb_/oishii_wa_yell/?p=1025

3.YouTube番組「藤やんうれしーの水曜どうでそうTV」とのコラボ配信
あの“水曜どうでしょう”ディレクターの藤村氏、嬉野氏が再び北海道農業を応援!北海道の小豆に、和菓子に、甘い甘いエールを送る!


2021年2月、HTB北海道テレビ・番組ディレクター、藤村氏、嬉野氏によるyoutube番組「藤やんうれしーの水曜どうでそうTV」において、新型コロナウイルスで影響を受けた北海道農業にエールを送るため、両氏がライブ番組を配信します。
番組では、「アズキのキヅキインスタキャンペーン」で寄せられた和菓子のうち、10品程度を選定し、その魅力を彼らなりの言葉で伝えていただく予定です。藤村氏と嬉野氏のコメントに台本は一切なし。北海道を愛するふたりによる小豆へ、あんこへ、和菓子への甘い甘いエールをお楽しみに。

・オンエア日:2月 ライブ配信
※開催日時は、ホクレンHPやおいしいはエールProjectサイト等でお知らせいたします。
・公式ページ:https://www.youtube.com/user/higamelive

藤村氏(写真左)、嬉野氏(写真右)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ