BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

ソニー 業界最高クラスノイキャン 1000X シリーズ CMにて LiSA×Uru×Ayase のコラボレーションによる「再会 (produced by Ayase)」がテーマソングに決定!


Uruが、ソニーの業界最高クラスノイキャン1000X シリーズのCMでLiSAと共に、YOASOBIのコンポーサーとしても活動するAyaseが手がけたテーマソング「再会 (produced by Ayase)」を歌唱、CM出演する事が決定した。


Uruアーティスト写真
CMは、アーティストによる一発撮りのパフォマンスを切り取るYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」とソニー1000Xシリーズのコラボレーション第3弾となっており、LiSA、Uruそれぞれのシーンに加えて、2人が「THE FIRST TAKE」で歌唱するシーンと共に構成されている。
「再会(produced by Ayase)」は、作詞・作曲・編曲をAyaseが手がけた、あらゆる距離を超えてこの冬すべての人へ贈るあたたかい楽曲。
ソニー1000XシリーズCMビジュアル
特設サイトでは、CM撮影の様子や楽曲への想いをLiSAとUru、Ayaseがそれぞれの視点で語る特別インタビューをにて順次公開。また、CMでも使用されているLiSA×Uruが初めて共演する「再会 (produced by Ayase)」が「THE FIRST TAKE」で近日公開されることも決定している。

Uruは今年3月にリリースしたセカンドアルバム「オリオンブルー」以来初のシングル「Break / 振り子」を明日10月28日にリリース。今作は9枚目のシングルで、「Break」は、TVアニメ『半妖の夜叉姫』のために書き下ろされた楽曲で、アレンジャーに気鋭のミュージシャンYaffleを迎えた時空を行き来するようなサウンドが印象的な新機軸のアップナンバー。「振り子」は、10月30日公開の映画『罪の声』を、主題歌を手掛けるにあたり何度も鑑賞して書き下ろした幽遠なバラード。
カップリング曲にはwacci「別の人の彼女になったよ」のカバーソング、今年2月にデジタルシングルとしてリリースし自身の代表曲の1つになった「あなたがいることで」のセルフカバーver.を収録。
初回盤には、自身初の開催となったUru Online Live 2020「あなたと私」より「いい女」、「プロローグ」、「
星の中の君」3曲のライブ映像と、小松菜奈が出演した事でも話題を読んだ「今 逢いに行く」のMVをブルーレイで収録。
アニメ盤(期間限定盤)には、「Break」のTVサイズと、アニメのノンクレジットムービーがブルーレイで収録。
ともにトールサイズのデジパック仕様でリリースされる。
「Break 振り子」初回盤盤ジャケット
「Break 振り子」通常盤ジャケット
「Break 振り子」アニメ盤ジャケット
CM出演、LiSA、Ayaseとのコラボーレーションをきっかけに、更なる注目がUruにも集まる。


【CM情報】
Sony 1000X Series × THE FIRST TAKE LiSA × Uru編:WF-1000XM3【ソニー公式】
https://youtu.be/DFK-Z7DaEic

特設サイト
https://www.sony.jp/headphone/lovemusic/the_first_take/lisa_uru/

<LiSA コメント>
・初めてのCM出演のご感想
あっという間の撮影でした。楽しい時間をありがとうございました。
・Uruさんとの共演についてのご感想
レコーディングは別々だったので、初めて一緒に歌った正真正銘の「THE FIRST TAKE」になりました。Uruさんの声の温度を近くに感じながら、“再会”した喜びや緊張を込めて歌わせていただきました。
・タイアップ曲「再会」についてのご感想
Ayaseさんらしい切ないメロディーに、Uruさんの温かく包み込む声に重ねる自分の声を摸索しながら、3人のコラボレーションが味わっていただける楽曲になりました。
ヒトリがより寂しい寒い季節に、大切な人を想いながら心がほんのり温かくなりますように。ありがとうございました。

<Uru コメント>
・初めてのCM出演の感想
自分がCMに出演するという事がとても不思議だったのですが、あの時撮ったあのシーンがこうなるのか、と撮影時の私が見ていた景色とCMの映像が繋がった時にとても感動しました。
・LiSAさんとの共演についてのご感想(楽曲制作・TFT共演)
ご挨拶させて頂く際、緊張している私にとても優しく声をかけてくださり、挨拶を終えて自分の控え室に戻る際に涙汲んだのを覚えています。
多くの人に沢山のパワーを与え包み込んでくれるような優しさと、力強くて背中を押してもらえるようなLiSAさんの歌声を、とても近くで感じる事ができて嬉しかったです。
・タイアップ曲「再会」についてのご感想
初めて「再会」を聴いた時、曲そのものが持っているときめきのような拍動を感じました。
Ayaseさんの作るメロディーラインがとても綺麗で心地良く、早く歌を吹き込みたいと思うほどに魅力的でした。
LiSAさんと声を重ねる部分や掛け合いの箇所など、Ayaseさんの素敵なプロデュースで、より輝きと温かさのある曲になったと思います。
この曲を歌わせて頂けて感慨深いです。

<Ayaseコメント>
・「再会」について
会いたくても会えない大事な人を想う気持ちを曲にしました。この時世で会いたい人に会えない辛い思いをした人が沢山いると思いますが、離れていても心が繋がっていれば何も怖く無い、大事なのは距離じゃない、そんなメッセージを僕なりに込めました。遠くに住む家族や友達、恋人、聴いてくれた人それぞれの大事な人を想いながら聴いて欲しいです。

・LiSA/Uruそれぞれの印象
LiSAさんは力強く、聴く人に勇気や元気を与えてくれるような歌声がとても素敵だな、という印象です。Uruさんは優しく、柔らかく、包み込むような素敵な歌声で、聴く人に癒しを与えてくれるような、そんな印象です。

YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」
https://www.youtube.com/channel/UC9zY_E8mcAo_Oq772LEZq8Q

■「THE FIRST TAKE」とは
「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネルだ。本チャンネルでは、高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティを楽しめる。昨年11/15(金)にローンチし、ローンチから約11ヶ月でチャンネル登録者が234万人(※10/22時点)を突破、さらに動画総再生数が4億3000万回を突破するなど、公開する動画がSNSでも話題になっている。

■「THE FIRST TAKE」SNS
Official Site:https://www.thefirsttake.jp/
Instagram:@the_firsttake(https://www.instagram.com/the_firsttake/
Twitter:@The_FirstTake(https://twitter.com/The_FirstTake
TikTok:@The_First_Take (https://vt.tiktok.com/Axbtrp/

【リリース情報】
New Single
「Break / 振り子」 2020.10.28 Release

「Break」 2020.10.10 先行配信
配信リンク https://smar.lnk.to/kR9jEiC1WN

【歌詞情報】
「Break」https://www.uta-net.com/song/291727/
「振り子」https://www.uta-net.com/song/291726/

初回生産限定盤[CD+BD]
AICL-3945~6 ¥2,200(tax in)
トールサイズデジパック仕様
[CD]
1. 振り子
2. Break
3. 別の人の彼女になったよ
4. あなたがいることで Self-cover ver.
5. 振り子 -instrumental-
6. Break -instrumental-
[BD]
Uru Online Live 2020「あなたと私」
1. いい女
2. プロローグ
3. 星の中の君
4. 今 逢いに行く MUSIC VIDEO

通常盤[CD]
AICL-3949 ¥1,200(tax in)
初回プレス:カラートレイ仕様
[CD]
1. Break
2. 振り子
3. 別の人の彼女になったよ
4. あなたがいることで Self-cover ver.
5. Break -instrumental-
6. 振り子 -instrumental-

期間生産限定(アニメ)盤[CD+BD]
AICL-3947~8 ¥2,000(tax in)
TVアニメ『半妖の夜叉姫』描き下ろしイラストジャケット
トールサイズデジパック仕様

[CD]
1. Break
2. 振り子
3. 別の人の彼女になったよ
4. Break [TV size]

[BD]
TVアニメ『半妖の夜叉姫』
ノンクレジットエンディングムービー

<購入者特典>
Amazon:通常盤絵柄メガジャケ(24cm×24cm)
対象店特典:Uru/TVアニメ『半妖の夜叉姫』描き下ろしイラストジャケット 両面ポスター(B3サイズ)
CD予約:https://smar.lnk.to/VhXEDO6a

【YouTube情報】
Uru 『Break』読売テレビ・日本テレビ系TVアニメ「半妖の夜叉姫」EDテーマ
https://youtu.be/OUZTFpIqhVk

Uru 「Break / 振り子」 Single digest
https://youtu.be/j9PmpttgmhM

Uru 「あなたがいることで Self-cover ver.」
https://youtu.be/yFs0ImgVDBA

【アニメ情報】
TVアニメ『半妖の夜叉姫』キービジュアル (C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020
読売テレビ・日本テレビ系 TVアニメ『半妖の夜叉姫』
10 月3日(土)夕方5時30分より放送開始 ※一部地域を除く

メインスタッフ 監督:佐藤照雄
シリーズ構成:隅沢克之
メインキャラクターデザイン:高橋留美子
アニメーションキャラクターデザイン:菱沼義仁
音楽:和田薫
アニメーション制作…サンライズ
製作:サンライズ・小学館・読売テレビ
「半妖の夜叉姫」公式サイト http://hanyo-yashahime.com/

<Uruコメント>
長い歴史があり、沢山の方に愛されているアニメ『犬夜叉』の新たなる物語『半妖の夜叉姫』のエンディングテーマを歌わせていただくことができ、とても光栄に思っています。
日本だけでなく世界中で愛されているアニメで、私の曲が海を越えたどこかの国の誰かが聴いてくださっているかもしれないと思うと少し不思議な気持ちですが、『犬夜叉』の物語と、新しい『半妖の夜叉姫』の世界観を大切に曲を書かせていただいたので、アニメと共に愛される曲になってくれたらと思います。

<『半妖の夜叉姫』 佐藤照雄監督コメント>
『半妖の夜叉姫』のエンディングテーマとして、Uruさんから楽曲提供をしていただけると聞いた時にはガッツポーズ出ました!
初めての出逢いは、「あなたがいることで」という楽曲でした。
透明感のある歌声とテーマ性のある歌詞、そして、スッと寄り添う感じのメロディーがすごく作品とリンクしていて、非常に素敵なアーティストさんだな、と言う印象を抱きました。
今回いただいた楽曲も、夜叉姫達キャラクターの想いが歌詞に綴られているようで作品を見ていくたびに歌詞が刺さって行く感じになれば幸いです!
曲調も、Uruさんらしく聴く人を吸い込むようなメロディーと歌声、さらに力強さも相まって素敵なエンディングテーマになってくれること間違いなしです!
たくさんの人たちに是非とも聴いていただきたいです。

【映画情報】
映画『罪の声』ポスタービジュアル (C)2020 映画「罪の声」製作委員会
映画『罪の声』
10月30日(金)全国東宝系にて公開

出演:小栗旬 星野源
松重豊 古舘寛治 / 宇野祥平 篠原ゆき子 原菜乃華 阿部亮平 / 尾上寛之 川口覚 阿部純子 / 水澤紳吾 山口祥行 / 堀内正美 木場勝己 橋本じゅん 桜木健一 浅茅陽子 高田聖子 佐藤蛾次郎 佐川満男 宮下順子 塩見三省 正司照枝 沼田爆 岡本麗 若葉竜也 須藤理彩
市川実日子 火野正平 / 宇崎竜童 梶芽衣子

原作:塩田武士『罪の声』(講談社文庫)
監督:土井裕泰
脚本:野木亜紀子
音楽:佐藤直紀
主題歌:Uru 「振り子」 (ソニー・ミュージックレーベルズ)
配給:東宝
映画「罪の声」公式サイト https://tsuminokoe.jp/

■映画「罪の声」予告映像
https://youtu.be/LtgddsC92LM

<Uruコメント>
お話を頂き映画を拝見した時に、この作品に沿う主題歌とはどんな楽曲なのかとても考えました。
深く体に染み込ませる為に何度も観て少しずつ形にしていきましたが、希望を描こうとすると浅薄な思考や言葉ばかりが浮かび、再び観る。その繰り返しで、映画の人物達の目線で何度も書き直しました。
生きていると本当に様々な事がありますが、もし今、悲しみや苦しみの中にいて希望を見出せずにいたり、素直に涙を流す事が出来ずにいる方がいるのならば、この曲が「今悪い方へ振っているその振り子は、次は必ず光の方角へ振る」という希望になってくれることを願います。

<プロデューサー那須田淳コメント>
原作小説の衝撃的な着想にひかれ、ふたりの主人公に小栗旬さん星野源さんを想い読み進めて4年経ち、Uruさんの主題歌をえたことで映画が完成しました。Uruさんとは、ドラマ『コウノドリ』でもご一緒しています。『コウノドリ』のテーマは「命」。彼女の歌と歌声には、その源のようなところに響く何かが感じられました。Uruさんとは何も打ち合わせすることなく、ただ映画を見て頂き、この楽曲を作ってもらいました。映画『罪の声』には様々な人たちの人生が宿っています。生きてきた証や夢や希望、どんな人生にも必ずある「生きているということ」の源にある何かを感じ取ってもらいたくてこの映画を作りました。その深淵に潜む何かを、Uruさんは『振り子』で、響きしみいる歌声と詞で浮かび上がらせてくれたような気がします。どんな人生も美しいことを教えてもらった気がします。映画の主題歌とはこういうことかと初めて聞いた時から今も繰り返して感動しています。

【Uru オフィシャルinfo】
HP:http://uru-official.com
Twitter:http://twitter.com/uru_super
facebook:http://facebook.com/uru.singer
Uru Official Fan Club 「SABACAN」:http://uru-official.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ