BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

【参加無料】教職員・ユース推奨『難民について伝えるスキルアップセミナー』を開催

~世界の今と自分にできることを考える~ 2020年秋 オンラインセミナー

国連UNHCR協会(東京都港区)は、難民問題や国際協力に関心をお持ちの若い世代の方々、教育現場で教材として活用したいと考えられている教職員の方々、そして関心はあるけれども、なかなか学ぶ良い機会がないと思われている皆様方を対象としたオンラインセミナーを開催いたします。


難民問題やUNHCRについての基礎知識に加え、当協会が開発したワークショップ『いのちの持ち物けんさ』と『あるものないものワークショップ』、そして『サトちゃんの大切なもの』の実践と解説により、難民問題を自分事として考えるきっかけを創ります。

これらは教育現場において、総合的な学習及び探求の時間や社会科をはじめとした各教科の教科指導、人権教育、キャリア教育における活用、グローバル人材の育成やアクティブラーニングへの応用が可能です。

また、このコロナ禍のなかでも、たくましく現状に立ち向かう難民の人々のことや、東京オリンピック・パラリンピックにおいて結成される難民選手団のことを知り、日本国内において活躍する学生団体SOARをはじめとしたユースの活動に触れていただくことにより、これまでにない学びを提供します。出張授業として展開している学生団体SOARメンバーも参加し、教育現場との連携と教材の進化を図ります。

【日程】
1. 10/18(日)15:00~18:15 テーマ:「いのちの持ち物けんさ」/UNHCRの難民支援
2. 11/ 8( 日)15:00~18:15 テーマ:「あるものないものワークショップ」/Youth×UNHCR for Refugees
3. 11/29(日)15:00~18:15 テーマ:「サトちゃんの大切なもの」/特別ゲスト(後日発表)講演
※Web会議サービス「Zoom」を使用します。 ※1.~3.全ての参加大歓迎(どれか1つか2つの参加も可能)

【参加費
無料 /先着順の事前申込制(定員:各回50名になり次第締切予定)

【お申し込み方法】
国連UNHCR協会ウェブサイトに設ける「難民について伝えるスキルアップセミナー(2020秋オンライン)」専用サイト(https://www.japanforunhcr.org/archives/17136)で詳細をご確認の上、お申し込みください。
※原則として先着順、定員になり次第締め切る予定です。
※各実施日3日前の正午締切(事前に資料を送付いたします)。

主催:国連UNHCR協会 協力:UNHCR駐日事務所 後援:JICA地球ひろば

《お問い合わせ先》
国連UNHCR協会 広報啓発事業担当:天沼 TEL:070-3869-1763 Email : school@japanforunhcr.org

■特定非営利活動法人国連UNHCR協会とは
UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は1950年に設立された国連の難民支援機関です。紛争や迫害により故郷を
追われた難民・避難民を国際的に保護・支援し、難民問題の解決に対して働きかけています。1954年と1981年に
ノーベル平和賞を受賞。スイス・ジュネーブに本部を置き、約135カ国で援助活動を行っています。この国連の難民援助活動を支えるため、広報・募金活動を行う日本国内における公式支援窓口が、国連UNHCR協会です。

■学生団体SOAR (Students' Organization Assembled for Refugees) とは
国連UNHCR協会のインターンシップを経験した学生を中心に設立された学生団体です。教育機関や団体に対し、難民問題に関する出張授業を実施しています。

■Youth×UNHCR for Refugeesとは
2020年の世界難民の日をきっかけに、日本の若者の力で難民支援の輪をさらに広げるために、学生団体やユース
が連帯して形成されたプラットフォームです。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ