BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

ソーシャルアントレプレナーズアソシエーションがアスエネを支援先として採択、ダイアモンドメディア創業者の武井氏がメンターに就任

-SEAと連携して社会課題解決とビジネスを通じた社会インパクトの最大化を目指す-

アスエネ株式会社(旧リフューチャーズ株式会社、代表:西和田 浩平、通称:アスエネ)は、「起業家の経験やノウハウが循環する、社会起業コミュニティをつくること」をミッションに掲げる一般社団法人ソーシャルアントレプレナーズアソシエーション(代表理事:進藤均、萩原国啓、通称:SEA)より、社会課題を解決する事業の支援として、支援先に採択されました。 また、SEA支援の一環として、ダイアモンドメディア創業者の武井 浩三(たけい こうぞう)氏がアスエネのメンターに就任することが決定いたしました。武井氏が長年取り組んできた不動産×テクノロジー分野、地方分散社会の創造に資する取組などでアスエネを支援していく。 アスエネは、再エネで地産地消、コスト削減にも繋がる新たな電力小売サービス「アスエネ」を法人や家庭向けに提供中。高い非改ざん性・低コストが特徴のブロックチェーン活用のトレーサビリティシステム*により、地域の再エネ発電事業者を見える化、win-winの関係をつくり地産地消を実現します。



SEA、武井氏、アスエネ、ご興味のある法人・ご家庭のお問い合わせ先の詳細は以下の通りです。

1. ソーシャルアントレプレナーズアソシエーション(「SEA」)

SEAは「起業家の経験・ノウハウが循環する、社会起業コミュニティをつくること」をミッションにしている一般社団法人です。主に「起業家によるメンタリング」「SEED投資を中心とした資金支援」「社会起業家コミュニティ運営」を行っています。

SDGsが生まれた一方で、社会課題先進国になりつつある日本では、インパクトのあるソーシャルビジネスを多数生み出すこと、社会起業家を育てること、起業へのハードルを低くし、起業家精神を育み、起業の成功確率を高めるための支援体制を創ることが重要と考えています。

これらの事業の先に、多くのソーシャルビジネスが生み出される循環エコシステムが確立され、挑戦の波が広がる社会を描いています。

SEAの関連プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000039467.html




2. 武井 浩三氏



ダイヤモンドメディア創業者 武井 浩三(たけい こうぞう)

1983年生まれ。Citrus College芸術学部音楽学科卒業。2007年にダイヤモンドメディアを創業し、設立時より経営の透明性をシステム化。独自の「管理しないマネジメント思想」が次世代型企業として注目を集める。ティール組織・ホラクラシー経営等、自律分散型経営の日本における第一人者としてメディアへの寄稿・講演・組織支援などを行う。不動産領域におけるITサービスの普及活動にも尽力し、2018年に一般社団法人不動産テック協会を設立、初代代表理事を務める。一般社団法人LivingTech協会理事、公益財団法人日本賃貸住宅管理協会IT部会幹事、国土交通省公益遊休不動産活用プロジェクトアドバイザーなどを歴任。一般社団法人自然経営研究会 代表理事。株式会社eumo CJO。NPO法人neomura 理事。

3. アスエネ

会社名:アスエネ株式会社(旧リフューチャーズ株式会社)
サービス名:「アスエネ」
事業内容:再エネ100%・地産地消のクリーン電力小売サービス事業
代表者:西和田 浩平
株主:経営陣、Incubate Fund
設立:2019年10月
会社HP:https://earthene.com/corporate/

4. お問い合わせ方法

環境系製造業工場、医療施設、ビル、小規模事業所、飲食店などのお客さまを中心にアスエネの導入実績が増えております。環境貢献・地方創生を実現し、初期費用0円でコロナ禍においてコスト削減にご興味のある中小企業のお客さま、家庭のお客さまは下記にお問い合わせお願いいたします。

お問い合わせ先:電話 050-3188-4866、メール info@asuene.com
法人お問い合わせサイト:https://earthene.com/biz/contact
家庭お問い合わせサイト:https://earthene.com/personal/contact


アスエネは、再エネ100%・地産地消のでんきを普及拡大させ、ESG・SDGsに取り組むお客さまを増やし、次世代に向けたサステイナブルな社会の創造を加速させてまいります。

<参考・補足>
※ 高い非改ざん性を有するパブリックブロックチェーン/イーサリアムをもちいた弊社独自開発のトレーサビリティシステムの低コスト化の新技術として、2020年2月に特許出願済み。現時点で、本ブロックチェーン活用は法人向けのみ。
※ 再エネ100%とは、再エネ電源に加えて、FITでんきや他の電源調達に対して、ブロックチェーン活用の弊社独自のトレーサビリティシステムと共に非化石証書などを調達することで「実質再エネ100% / CO2排出係数ゼロ」などのでんきを提供いたします。
※ プレスリリースの掲載内容、サービス/製品の価格、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合がありますのでご了承ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ