BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

【マクセル アクアパーク品川】“ニューノーマル”を楽しむドルフィンパフォーマンス「Let”’s」がスタート!【2020年10月1日(木)より 】

「イルカたちの不変的な魅力」と「新しい生活様式を捉えた可変的な演出」が織りなす、“TOKYO最先端エンターテインメント”ならではの新プログラムが誕生しました。


『マクセル アクアパーク品川』(所在地:東京都港区高輪4‐10‐30品川プリンスホテル内、館長:棚原徹)は、2020年10月1日(木)より、ドルフィンパフォーマンス(デイver.)「Let'''s(レッツ)」を新たにスタートします。


当館は、新型コロナウイルス感染拡大予防に伴い一時休業をしていましたが、その間も変わらずに生きものたちと多くのコミュニケーションを取りながら過ごしました。日々の様子や、期間限定の“自宅で楽しめるパフォーマンス動画”を公式Instagramにて公開すると、新たに約2,000名の方がフォローしてくださり、再開を心待ちにしながら楽しんでくださいました。2020年6月1日(月)の営業再開後からは、ゲストの皆さまが展示やパフォーマンスをご覧になり、笑顔になる様子を毎日拝見し、生きものたちがもつ無限の魅力と偉大さを改めて実感しています。その生きものたちの魅力を伝える「水族館」として、さらに、発信手段としてエンターテインメントという可変的な要素を用いる当館だからこそ、このコロナ禍で成しえることを考えた時に、この度の新プログラムに着想しました。
この半年間で、人々の価値観や行動が大きく変容しました。世の中でもそれに伴う早急な変化が求められ、水族館を含むレジャーやエンターテインメント業界も例外ではありません。安全・安心対策が大前提ではありますが、当館は次のステップとして“新しい生活様式をポジティブに捉えた演出”を組み込んだプログラムを考案。「イルカたちの躍動×時世に合わせて進化した演出」が織りなす、“ニューノーマル”を楽しむドルフィンパフォーマンスが完成しました。


“ノンバーバル”演出を進化させた、2つの新しい試み「サイレントタイム」「マルチエンディング」

当館のドルフィンパフォーマンスは、すべてのゲストに言語を問わずお楽しみいただける“ノンバーバル”の要素をもった演出が特長です。今回はそれを昇華させ“withコロナ”の生活をポジティブにシフトチェンジした演出で、会場一体となって楽しめる2つの仕掛けをご用意しました。
1つは“大声で話すことが難しい”現況を楽しむ「サイレントタイム」を設けました。BGMやMCを無くした、無音の時間を作ることで、普段は聞き流してしまうような水しぶきの音や、可愛らしいイルカたちの鳴き声を堪能していただけます。
2つめは「マルチエンディング」の導入です。これまで、デイver.でのノンバーバル演出として、手拍子やその場でできる簡単な振り付けを組み込んだ“ゲスト参加型”のスタイルを確立してまいりました。それをパワーアップさせた本演出は、パフォーマンス中のゲストのアクションに応じてラストの演出が決定し、開催回ごとに異なるエンディングがお楽しみいただけます。
「新しい生活様式」が普及し、生活環境が大きく変わりゆく中でも安全・安心を第一に“TOKYO最先端エンターテインメント”として時代に即したコンテンツに挑戦し、生きものたちの魅力を通じて、お客さまに笑顔と感動をお届けしてまいります。




プログラム概要

「Let'''s(レッツ)」というパフォーマンスのタイトルは、コロナ禍で『~しない、できない』など、日常での制約が増える中、『~しましょう!』という前向きな呼びかけで“新しい生活様式”をポジティブにシフトチェンジしたいという想いが込められています。プログラムは、その前向きなマインドで360度円形会場に集う全員が一体となって盛りあがれるような構成になっており、タイトルのアポストロフィー「'''」でも、ゲスト・イルカ・トレーナーの3者を表現しました。
きらびやかなミュージカルを彷彿とさせる“スカ”の楽曲にのせて、イルカたちがダイナミックなジャンプを披露し、それに合わせてゲストの皆さまにも身振りや手ぶりでパフォーマンスにご参加いただきます。途中にはBGMやMCを無くした無音の空間で、イルカの鳴き声や水しぶきの音を堪能する「サイレントタイム」をお楽しみいただき、パフォーマンスのラストでは、3種類の中からゲストのアクションによって決まる「マルチエンディング」をお送りします。






“新しい生活様式”をポジティブにシフトチェンジした演出

“ニューノーマルを楽しむ”要素として、新しい生活様式の中からアイディアを得た2つのノンバーバル演出を取り入れました。今までにない変則的な仕掛けを導入することで、ゲストに新しい驚きと感動を提供し、また、好奇心旺盛なイルカたちにとっては都度異なる刺激を楽しむ時間となります。

サイレントタイム
パフォーマンス中盤、BGMやMCが無くなると、まずはイルカたちが一頭ずつ鳴き声を披露。続いて、天窓から差し込む光を受けながらウォーターカーテンと噴水の演出が輝き、水の流れる音・しぶきの音がスタジアム内に響きます。通常演出とはまた違った形で、イルカたちの躍動感や水の音色といったシンプルな魅力を感じられるひと時です。

マルチエンディング
今回の演出コンセプトを体現するように、ゲストの皆さまにパフォーマンスのエンディングを決めていただきます。
1曲目の終盤でゲストは3つの決められたサインの中から1つを選び、トレーナーの合図で一斉にアクション。そこにエンディングの演出が紐づき、最も多く出されたサインに応じたパフォーマンスを行います。開催回ごとに、どのようなラストを迎えるかがわからないワクワク感を創出し、何度ご覧いただいてもお楽しみいただけます。

ゲストが最も多く選んだアクション<(1)拍手/(2)手を振る/(3)ハンドポーズ>に応じて、エンディングを披露!





ドルフィンパフォーマンス(ナイトver.) 瑠璃花火-Digital Fireworks-



夜はデイver.とは異なるノンバーバル演出を展開しており、MCを入れず【「水」(噴水、ウォーターカーテン)】・【「光」(ムービングライト、水中照明)】・【「映像」(プロジェクションマッピング)】【「音」(12.1chサラウンド)】などの最先端技術を駆使して、世界観を表現します。
本演出では、瑠璃色の空と海を舞台にイルカたちとデジタル花火が融合した美しいパフォーマンスを披露。会場周壁やウォーターカーテン、スモークにまで華麗な花火が打ちあがり、客席を360度つつみ込みます。和楽器の音色が力強い楽曲にのせて、イルカたちのダイナミックなジャンプをお楽しみいただける、体感型プログラムです。




新型コロナウイルス感染拡大予防対策について

『マクセル アクアパーク品川』では、お客さまが安心してお楽しみいただけるよう、新型コロナウイルス感染拡大予防のためのさまざまな対策を講じ、営業しております。

(1)赤外線サーモグラフィカメラによる体温モニタリング
 ※検知結果によっては非接触型体温計にて再検温し、37.5度以上の場合には入場をお断りいたします。
(2)お客さま用アルコール消毒液の設置
(3)館内の扉の一部開放による換気強化
(4)消毒清掃の強化
(5)運営スタッフのマスク着用、体温測定、手洗い、うがい、消毒の徹底
(6)常時2,400人程度の館内滞留者コントロールを行い、超過の場合は入場制限を実施
(7)ソーシャルディスタンス維持のための表示物を設置、およびスタッフの巡回による館内混雑箇所緩和の呼びかけを実施
(8)接客カウンターに飛沫防止のビニールカーテン、アクリルパネルを設置
(9)お客さまの密集が予想されるイベント・プログラムの中止
(10)公式HPにて感染対策動画の公開
(11)入場待機列混雑緩和のため、WEBの入場整理券を導入






基本情報

【営業時間】※10月31日(土)まで(11月以降は公式HPにてお知らせいたします。)
 <平 日> 10:00~18:30(最終入場18:00)
 <土休日> 10:00~20:00(最終入場19:00)
 ※待機列緩和のため、日時指定のWEB入場整理券が必要な日程がございます。
10月の対象日は、3(土)・4(日)・10(土)・11(日)・17(土)・18(日)・24(土)・25(日)・31(土)です。

【入場料金】


※アトラクション【2機種】は、別途:各500円(1回)となります。

【お客さまからのお問合せ】
『マクセル アクアパーク品川』
■住所:〒108-8611 東京都港区高輪4-10-30(品川プリンスホテル内)
■TEL:03-5421-1111<音声ガイダンス>
■URL:www.aqua-park.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ