BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

グランドシネマサンシャイン『TENET テネット』IMAX(R)レーザー/GTテクノロジー上映オープニング成績 世界第一位を記録!

【グランドシネマサンシャイン 最新上映情報】

佐々木興業株式会社(本社:東京都豊島区、社長:佐々木 伸一)がキュープラザ池袋内に出店している池袋のシネマコンプレックス「グランドシネマサンシャイン」において、9/18(金)公開『TENET テネット』のIMAX(R)オープニング成績(18日~21日の興行収入)が、世界中のIMAX(R)における『TENET テネット』の公開4日間のオープニング成績の中で第1位の売上を達成したことが確認されました。


9/18(金)より公開したクリストファー・ノーラン監督最新作『TENET テネット』は、日本でもオープニング興収 No.1を獲得し、公開5日間の累計興行収入が7億5,000万円を超え、ノーラン監督の過去作『ダンケルク』や『インターステラー』のオープニング成績を上回る大ヒットスタートを切りました。

グランドシネマサンシャインでは公開初日の18日に午前0時と午前3時から最速上映を行い、午前0時の回は販売開始から約10分で完売するという盛り上がりを見せました。その後の18日分のIMAXレーザー/GTテクノロジー回もすべて完売し、19日~22日の4連休でも満席の回が続出し、全体でも約95%の販売実績となりました。IMAXコーポレーションによると、グランドシネマサンシャインの『TENET テネット』IMAXのオープニング興行収入(公開後4日間の興行収入)が全世界のIMAXシアターにおいて世界第1位となる成績を収めたと発表されました。

グランドシネマサンシャインにあるIMAXレーザー/GTテクノロジーシアターは、IMAXフィルムカメラで撮影した映像を、トリミングされることなく1:1.43のフルサイズで鑑賞できる数少ない(国内では2か所)劇場であるため、『TENET テネット』公開記念として先駆けて上映されていた『ダークナイト』や『インターステラー』等の上映時においても、フルサイズ版を鑑賞しようと遠方からも多くのファンが詰めかけました。今回の『TENET テネット』においても、クリストファー・ノーラン監督は数多くのシーンにおいてIMAXフィルムカメラを使用して撮影しており、国内最大スクリーン(高さ18.9m×幅25.8m)であるグランドシネマサンシャインのIMAXレーザー/GTテクノロジーシアターのスクリーンいっぱいに映し出される映像はオーディエンスに真の没入体験を提供しています。



【施設概要】
■名称:グランドシネマサンシャイン
■所在:東京都豊島区東池袋一丁目30番3号キュープラザ池袋内
■アクセス:JR山手線等「池袋駅」徒歩4分
■スクリーン数:12スクリーン
■座席数:2,443席
■事業者:佐々木興業グループ
(全国で15箇所のシネマコンプレックスを運営)

【オフィシャルWEBサイト】
IMAX特設サイト:https://www.cinemasunshine.co.jp/imax/
グランドシネマサンシャイン公式サイト: http://www.cinemasunshine.co.jp/theater/gdcs/
グランドシネマサンシャイン公式施設特設サイト:http://www.cinemasunshine.co.jp/gdcs/

【作品公式サイト】
『TENET テネット』https://wwws.warnerbros.co.jp/tenetmovie/index.html
(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved
IMAX(R) is a registered trademark of IMAX Corporation. IMAX 3D and IMAX DMR are trademarks of IMAX Corporation.
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ