BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

3時間で450杯、無償でコーヒーを配布

新型コロナウィルスと戦っている医療関係者を激励

ハワイ生まれの“アップグレードドリンク”ブランドが医療現場へ




“アップグレードドリンクブランド”The Sunrise Shack Japan株式会社(所在地:神奈川県鎌倉市、代表取締役:池田めぐみ、以下サンライズシャック )は、医療関係者へブレットコーヒーを無償提供する活動を行っています。

今までに、永寿病院(5月18日)、聖マリアンナ医科大学(6月5日)、同愛記念病院(6月12日:NHK「首都圏ネットワーク」で放送)にて実施。

サンライズシャックが提供する「ブレットコーヒー」は、カビ毒のないオーガニックコーヒー、MCTオイル、スーパーフードクリーマーを混ぜ合わせたもの。有酸素運動と同様に自身の代謝をあげ、疲れにくい体質に変わっていく効果があり、毎日飲むことでより健康に過ごすことができます。またMCTオイルの主成分である中鎖脂肪酸は、一般的な油よりも素早く体内に吸収され、エネルギーになりやすいという特徴があります。安全性高く、少量でもエネルギーになりやすいMCTは、医療現場や介護現場でも広く利用されており、抗菌作用により免疫力があがる効果もあります。

サンライズシャックは“この街に活力と元気を提供し、笑顔を増やす震源地になる”をモットーに、様々なイベントの出店に加え、固定店舗も拡大してきました。今回、最前線で活動している医療関係者に感謝の気持ちを伝え、少しでも元気になっていただけたら・・・そんな想いを込めて、これからも活動を続けていきます。



The Sunrise Shack Japan 代表 池田めぐみ




このプロジェクトは世界的なパンデミックに直面しても、愛を決して忘れない人たちの想いが重なり実現できました。医療の最前線で活躍されている方々の不安や恐怖は私たちには到底計り知れません。ですが、少しでもその心に寄り添える活動ができないかと必死に考えています。この活動には賛否両論あることも承知していますが、自分たちがやれることがある限り、大切な仲間と全力で活動したいと思っています。こんな時代ですが、“恐怖より愛”をこれからも忘れずに過ごしていきたいと思っています。



ABOUT THE SUNRISE SHACK HAWAII

サーファーでありライフスタイラーのスミス三兄弟と友人のロマンスが、ハワイ・ノースショアで手作りの黄色い小屋(Shack)から立ち上げたサンライズシャック。ドリンクには、MCTオイルやグラスフェッドバター、ココナッツオイル、スーパーフードなどを使用し、運動前や仕事前など日常で頑張りたい時に、ナチュラルかつヘルシーにエナジーチャージがでます。まさにあなたのパフォーマンスと可能性を引き上げる“アップグレードドリンクスタンド”です。





ABOUT THE SUNRISE SHACK JAPAN

日本では2018年夏に鎌倉のキッチンカーからスタートし、2020年3月には稲村ヶ崎に本店をオープン。晴れた日には富士山や海に沈む夕日を眺めることができる本店は、【日々の疲れを癒し、さらにエナジーをチャージできるこの場所が”目的地”になって欲しい。】そんな想いを込めて海岸の目の前を選びました。今では地元の方々やサーフィンをしに県外から遊びに来てくださる方の憩いの場となり、毎日朝7時から休むことなく開店しています。




The Sunrise Shack Inamura Beach and Park
神奈川県鎌倉市稲村ヶ崎1-15-9
営業時間:7:00~18:00


【その他の店舗情報】

鎌倉大仏店、原宿店を筆頭にキッチンカーが4台、TBWA\HAKUHODOの社内カフェと新宿高島屋8階にもオープンしています。詳細はホームページにてご確認ください。


SNS

Instagram:@sunriseshackjapan
Facebook:@TheSunriseShackJapan
LINE:@TheSunriseShack

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ