BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

マスクが無料で自宅に届く。最短1日。5日に1回利用可能。(法人・個人)スポンサー支援によってマスクの無料デリバリーネットワークを構築。運営:ソーシャルマスク

Withコロナ時代の三種の神器(マスク・消毒液・手袋)を自宅に無料デリバリーするネットワークを構築する事で家計の負担を削減し新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止に努めます。

株式会社シクミーズ (代表取締役:水野永吉)がリリースしたソーシャルマスク(https://socialmask.co/3gB6Zvv)は、スポンサー支援の力によってマスクを無料で自宅に届けるサービスを実現しました。スポンサーを紹介するページよりスポンサーからの1分以内の動画(メッセージorPR)を視聴するだけで自動的にマスクが自宅に届くシステムです。


ソーシャルマスクをスタートした背景には、アベノマスクによる影響が大きく関係しています。現在でもアベノマスクが届いていない世帯が大半を締めている事と思います。賛否両論あるかもしれませんが、私(ソーシャルマスクを運営します株式会社シクミーズ代表取締役:水野永吉)一個人の意見として仕方がないと考えています。

どこか一箇所にまとまったアクションを行うケースでは機動力がある試作を行う事ができるかもしれません。しかし、今回のケースのように日本中の世帯にマスクを配布するという大掛かりな試作を瞬時に行う事は簡単な事ではありません。

日本は、1億2千万人を超える人が生活しており5800万を超える世帯数が存在します。この全ての世帯に迅速にマスク2枚を配送するのは至難の技と言えます。


ソーシャルマスクが実現したい事は何?

ソーシャルマスクのミッションは世界中の自宅にマスクが届くサービスを構築する事です。新型コロナウィルス感染症の拡大が発生する以前、マスクを装着する文化は一部の国と地域の限定的な習慣でした。しかし、これからの時代はマスクが必須アイテムの時代になると考えています。今後、新型コロナウィルス感染症が落ち着いたとしても、またいつ新種のウィルスが発生するか分かりません。そんな時代において、我々が今回学んだ事は多くありました。ソーシャルディスタンスを行う事で感染リスクを抑える事ができたり手洗いうがいの重要性も学びました。そして、マスクを装着する事は自分だけではなく相手への優しさなのだという事を学びました。

ソーシャルマスクでは、Withコロナ時代の必須アイテムであるマスクを無料で自宅に届けるネットワークをスポンサー支援の力で構築する事で今後のウィルス感染対策の一助になれるサービスを作りたいという強い想いがあります。

無料でマスクを配送し続ける仕組みが本当に成立するのか?

日本では、新型コロナウィルス感染症の拡大が発生する以前から50億枚を超える数のマスクが生産されていました。国民一人当たりで換算すると約40枚を消費している計算になります。かなりの数の物量がそこには存在します。私達の配給するマスクは、2枚つづりで携帯して持ち運べる事を想定したパッケージになっています。出かける時に便利だからソーシャルマスクのマスクを携帯用に貰っておこう。というシーンを想定しています。この場合の市場規模は、25億回の配送機会が存在します。ソーシャルマスクでは、スポンサーからの動画広告を視聴する事でマスクを獲得する機会を交換していますので単純計算ですが25億回の視聴規模がポテンシャルとして存在します。この市場規模には必ずスポンサーの広告価値が存在すると考えています。実際、サービスリリースして4日間ほどで既に広告主を獲得できている事から継続して仕組みを続けていく事が可能だと考えています。

また、今後は新型コロナウィルス感染症の影響でマスク需要がこれまでとは比較にならない程の規模に拡大している事から市場規模は更に大きくなる事が予測できます。

2枚つづりのソーシャルマスクキットの理由



ソーシャルマスクは、動画視聴が完了すると2枚つづりのマスクキットを自宅に配送します。なぜ2枚つづりなのか?それは、必要な時に必要なだけ必要な人にの理念があるからです。一時期、マスクに限らず買占めによって必要な人に届かないという現象がありました。こういった問題を防ぐためにも安定して必要な時に必要なだけ必要な人に配給するシステムは不可欠だと考えています。

また、携帯して必要なシーンで便利に活用する事を想定してこのスタイルとなっています。

5日に1回、何度でも利用する事が可能



ソーシャルマスクは、5日1回何度でも利用いただく事が可能です。常に衛生的なマスクを利用する事でウィルス感染の拡大防止の一助としての役割を担って行きたいと考えています。

これからの時代は、ウィルスのリスクと上手く共存しながら日々の生活を実現していかなければいけません。そんなWithコロナ時代を生き抜くサポートになるようなサービスに成長させて行くべくこれからも精進して参ります。

マスクが無料で自宅に届くソーシャルマスク(https://socialmask.co/3gB6Zvv
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ