BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

女性活躍、健康経営、ダイバーシティ担当者必見!女性活躍&女性特有の健康課題、次の一手を考える勉強会「女活ネクスト」第2弾 6/24(水)にオンラインで開催決定

一般社団法人リプロキャリア(所在地:東京都港区、代表:平陽子、以下「リプロキャリア」)は、「どうする?今年の女性活躍&女性の健康 ~富士通株式会社における女性活躍と女性の健康経営の協業事例~ 女活ネクスト #2」と称した勉強会を6月24日(水)15時よりオンラインにて開催します。企業の女性活躍、健康経営、ダイバーシティ担当部署のご担当者様に向け、(1)他社との情報交換の場、(2)先進企業(富士通株式会社様)の事例を学ぶ機会を提供いたします。


2003年、政府は「社会のあらゆる分野において、2020年までに指導的地位に女性が占める割合を少なくとも30%程度とする目標」を掲げましたが、多くの企業にとってその目標は未達のままとなっているのが現状です。また、2018年より、経済産業省が掲げる健康経営の認定要件に女性特有の健康課題が追加されました。さらに、2019年より、経済産業省の女性活躍に優れた上場企業を選定した「なでしこ銘柄」の選定要件に、管理職の行動・意識改革の中に「女性特有の健康課題に関する理解を促進する研修」が記載されるようになりました。このような観点から、従来型のようなキャリアだけを考える女性活躍推進から、今後は女性のキャリアと女性特有の健康課題の両面から女性活躍推進に取り組む必要性が出てまいりました。したがって、「女性活躍推進部署」と「健康経営部署」の横の協業が必要になる可能性も増大しました。


女性活躍推進の現状
一方、新型コロナウィルス感染症は、企業の経済活動に大きな影響を与えており、女性活躍、健康経営、ダイバーシティ関係部署の予算縮小や、計画の見直し、延期などがすでに始まっています。

このような環境のもと、キャリア×女性特有の健康課題をテーマに様々な研修・セミナーサービスを行っているリプロキャリアでは、女性活躍推進の歩みを少しでも加速させるため、「女活ネクスト~次世代の女性支援の在り方について、キャリア×ライフ×女性特有の健康の面から考えていく活動~」を少しでも推進していけるよう、今後もこのような機会を創出していく所存です。ぜひ当勉強会にご参加ください。

■勉強会概要
タイトル:どうする?今年の女性活躍&女性の健康
~富士通株式会社における女性活躍と健康経営の協業事例~ 女活ネクスト #2

日時 :6月24日(水)15時~17時(予定)
参加費:無料
参加方法:ZOOM
参加予約:PEATIXにて事前にご予約いただいた方に参加方法をご連絡いたします。
URL:http://ptix.at/Zf477A

■勉強会プログラム
15:00~ 開講挨拶
15:10~ リプロキャリア代表 平陽子の自己紹介、他社との情報交換、各社の動きに関するデータの考察等
15:55~ 休憩
16:00~ ゲストスピーカー
富士通コミュニケーションサービス株式会社 執行役員兼事業支援本部長 高野恭子氏 講演
テーマ:~富士通株式会社における女性活躍と健康経営の協業事例~
16:55~ 閉講挨拶

■出演者プロフィール
一般社団法人リプロキャリア 代表理事 平陽子
富士ゼロックスを経て、リクルートキャリア及びグループ会社でキャリアに関する法人営業やキャリアコンサルティングを行う。重度の婦人科系疾患を持ち、二人目不妊治療とキャリアの両立が出来ず退職。その後、キャリア研修で歴史のあるライフワークスを経てリプロキャリアを創業。
これまで研修・転職支援・キャリアカウンセリングを通じ1000名以上のキャリア支援に関わる。

富士通コミュニケーションサービス株式会社 執行役員兼事業支援本部長 高野恭子
1986年富士通株式会社入社。以来、人事部門にて採用、組織・ 幹部社員人事などを経験。
今年3月まで総務・人事本部労政部ライフサポート企画部長として福利厚生施策全般に携わる。
富士通グループ全体の健康経営には立ち上げから従事。
ダイバーシティや働き方改革など他部署横断で様々な施策を行う。2020年4月より現職。

■女活ネクストとは
女性の活躍支援に関わる様々な人材が部署の枠を超えて集まり、次世代女性支援の在り方について、キャリア×ライフ×女性特有の健康、の面から考えていく、リプロキャリアが主催する勉強会。今回が第2回目の開催。

■リプロキャリアのご紹介
法人名 :一般社団法人リプロキャリア
設立 :2018年3月15日
代表 :平 陽子
所在地 :〒105-0004 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館6階
HP :https://www.reprocareer.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ