BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

コロナと闘う全ての人へおくる応援ソング誕生 「#コロナの先で 希望のSTORY~歌のチカラ~」プロジェクト

産経新聞社(大阪本社:大阪市浪速区)とシンガー・ソングライターの矢井田瞳さんの共同プロジェクト、新型コロナウイルスと闘う人たちを応援する「#コロナの先で 希望のSTORY~歌のチカラ~」は、新曲「あなたのSTORY」を発表しました。





産経新聞紙面や、SNSを通じ届いた一般の方々からの応援メッセージやエピソードをもとに、矢井田さんが作詞作曲。医療従事者をはじめとした最前線で働く人々への感謝のほか、誰もが我慢を強いられる生活の中で見つけた小さな喜び、未来への希望などが詰まった曲に仕上がっており、“今”を受け入れながらも前を向いて行こうという明るい歌詞、それを歌う矢井田さんの力強いボーカルが胸をうちます。

【やいだひとみ】昭和53年生まれ。大阪府豊中市出身で、愛称は“ヤイコ”。関西大学在学中の19歳でギターを始め、平成12年にメジャーデビュー。「My Sweet Darlin’」でブレークし、人気アーティストとしての地位を築く。今年デビュー20周年を迎えた。

ミュージックビデオには、実際に社会を支えるため働く「エッセンシャルワーカー」が出演。制作は企画チームや、ミュージシャン、エンジニアと、遠隔でのコミュニケーションを中心に進行されました。5月29日付産経新聞掲載の矢井田さんインタビューもビデオ会議を通じ遠隔で行われ、少人数体制ながら「こんな時だからこそ、私たちがやるべきことがある」という強い信念のもと一丸となり、短期間での完成発表となりました。


既に、取材申し込みがあるなど、話題を呼んでいます。矢井田さんは「どこかの誰かが、少しでも前向きな気持ちになってくれれば」と話しています。

【YouTube】 5月29日公開《産経新聞チャンネル》 https://youtu.be/5s2CuPOkxwU
【産経新聞】 5月29日付全国版 特集ページで、矢井田さんインタビューや歌詞など紹介
【iTunes】 5月30日より、デジタル音源リリース
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ