BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

第7回 2022年 キーパー技術コンテスト全日本チャンピオン決定戦「ドキュメントビデオ」公開

KeePer技研株式会社(愛知県大府市:代表取締役社長長兼COO 賀来 聡介、以下KeePer技研)は、第7回 2022年 キーパー技術コンテスト全日本チャンピオン決定戦のドキュメントビデオを公開いたします。


2022年5月31日に第7回 2022年 キーパー技術コンテストが開幕しました。
3年ぶりの開催となった今大会では、総勢3,316名の選手が参加し、全国各地で開催された予選会、県チャンピオン決定戦を勝ち抜いた県チャンピオンに加えて、歴代チャンピオンであるシード選手の合計51名によって、日本で一番KeePerの施工がうまい、チャンピオンを決める「全日本チャンピオン決定戦」が10月13日(木)・14日(金)に開催されました。

「ドキュメントビデオ」は、10月13日(木)・14日(金)にKeePer技研 中央トレーニングセンター(愛知県大府市)で行われた「全日本チャンピオン決定戦」の2日間を収めたドキュメントビデオです。
「ここに来るのが夢だった。」「みんなの応援に応えたい。」「悔いのないように楽しんで施工したい。」など、様々な想いで挑んだ選手たちのドラマを、ぜひご覧ください。

【ドキュメントビデオURL】:https://www.youtube.com/watch?v=7ws0zfRO5so




■「キーパー技術コンテスト」について
「キーパー技術コンテスト」は、全国の施工者の技術力向上によって、高い品質のキーパーコーティングを提供しよりお客様に喜んでいただくことを目的として開催されています。

予選会は、全国各地で行われ、クリスタルキーパーの施工技術を競います。予選会を1位通過、または競技得点155点以上の獲得で県チャンピオン決定戦へ出場することができます。今回の「第7回 2022年 キーパー技術コンテスト」では、3,316名の出場者が出場し、全国で124回の予選会を実施しました。

県チャンピオン戦は、9月2日(金)から10月12日(水)の期間中、海外戦を含む、全49回を、全国18箇所のトレーニングセンターと特設会場で実施されます。採点は「クリスタルキーパー」の施工で行われ、「キーパー技術コンテスト特別採点表」を使用のもと、170点満点で採点されます。予選を通過した732名の選手から、49名の県チャンピオン、全日本チャンピオン戦の出場者を決定しました。

また、キーパー技術コンテストで全日本や県予選などで、優勝した技術者がいる店舗は、横断幕などを出すことで、販促活動に役立てております。


全日本チャンピオン決定戦では、10月13日(木)に準決勝を実施、競技は9月に発売されたばかりフレッシュキーパーで施工を行い、11名の選手が、翌日14日(金)の決勝進出を果たしました。決勝戦では、ECOプラスダイヤモンドキーパーで行いました。3年ぶりの7回目の全日本チャンピオン決定戦は非常にハイレベルな戦いをみせ、大混戦の中、安藤選手の5年ぶり2回目の優勝という結果で終了しました。


■「KeePer技研」について
KeePer技研はカーコーティング、洗車用ケミカルと機器等の開発、製造、販売の他、ガソリンスタンド併設型の「KeePer PRO SHOP (キーパープロショップ) 」と、屋内施工設備完備の専門店「KeePer LABO (キーパーラボ) 」の2種類の店舗展開を全国で行っています。

■「KeePer(キーパー)」について
車の塗装そのものが持っている本質的な輝きを引き出し、「車を守る Wの透明被膜」それがキーパーです。
キーパーのボディガラスコーティング「クリスタルキーパー」「ダイヤモンドキーパー」「Wダイヤモンドキーパー」は、従来のポリシラザン系ガラスコーティングとは異なり、塗装の劣化が進行していない限り、経年車であっても研磨不要で驚きのツヤを出すことができます。一般的なコーティングよりも遥かに厚く柔軟なWの透明被膜を施工することができ、 雨風や雪にも強く、また洗車機での洗車も可能です。

■会社概要
社名      KeePer技研株式会社
設立年月日    1993年2月
資本金         13億4,755万円(2022年6月30日現在)
代表取締役社長兼COO  賀来 聡介
住所          〒474-0046 愛知県大府市吉川町四丁目17番地
公式HP         http://www.keepercoating.jp/corp/

■事業内容
・カーコーティング、洗車用ケミカルと機器等の開発・製造・販売
・カーコーティング技術認定店「キーパープロショップ」の展開
・カーコーティングと洗車の専門店「キーパーラボ」の運営
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ