BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

UPBONDはメガハウスとIPの二次創作物、二次販売を可能としたNFTプロジェクトを2023年春始動します

IPの二次創作、二次販売を公式に認めたNFTプラットフォーム誕生「Fun to Craft」を実現する「デスクトップアーミーNFT」始動

Web3の社会実装に向けて、ブロックチェーン技術を使ったWalletを開発する株式会社UPBOND(本社:東京都渋谷区、代表取締役:水岡 駿、以下UPBOND)は、株式会社メガハウス(バンダイナムコグループ、本社:東京都台東区、代表取締役社長:佐藤 明宏、以下メガハウス)との「デスクトップアーミーNFTプロジェクト」をスタートし、日本や海外のクリエイターに向けた新しい二次創作コミュニティサービスを開始いたします。



今回始動するNFTプロジェクトの第1弾として、メガハウスが2016年から展開しているオリジナルコンテンツ「デスクトップアーミー (以下DTA)」のフラグシップキャラクターである「シルフィーII」の3DフィギュアデータをNFTとして販売します。

NFTを購入したユーザーは3Dフィギュアデータをカスタマイズし、自身で楽しむだけでなく、プロジェクトページを通じてマーケットプレイスで販売することが可能となります。、コンテンツホルダーが公式に認めた画期的で全く新しいIPコミュニティ形成の場の提供を予定しています。

マーケットプレイスで販売した収益の一部はカスタマイズしたユーザーに還元される「Fun to Craft(マーケットプレイスで販売した収益の一部をカスタマイズしたユーザーに還元する仕組み)」の実現が可能です。(販売するにあたっては事前の申請が必要となります。また、ブロックチェーンに関してはPolygonを利用予定です。)

従来のDTAファンのみならず、デジタルなモノづくりを楽しみたい方、Web3に興味のある方、自身による二次創作作品を販売することで収益を得たい方に向けたサービスとなっています。

また、カスタマイズした3Dフィギュアデータで世界中から参加出来るデジタルコンテストを実施予定です。プロジェクトの詳細については、2023年春にローンチを予定しており、DTAのホームページ(https://dt-a.jp/)上で随時更新予定です。



デスクトップアーミーとは

2016年よりメガハウスが展開しているオリジナルディフォルメフィギュアシリーズ

素体となるフィギュアに多数のハードポイントを備え、豊富なオプション武装を組み換え遊びのように楽しめるユーザーカスタマイズ性に優れた点が特徴的な商品となっています。また、他社商品と連動したコラボレーションや、ユーザーによる二次創作活動を積極的に促しており、それぞれの感性で独自のDTAを作成して楽しむことができます。

これまでに、全75種発売、累計出荷数90万個


UPBOND CEO水岡のコメント

沢山のデスクトップアーミーのファンが二次創作を楽しまれている中で、どのような遊びがデジタル上でできたら楽しいか、そしてブロックチェーンならではの要素をどのように取り入れるとより楽しめるかをプロジェクトチームで議論してきました。今後世界中のファンが好きなキャラクターの二次創作で「好きを仕事にできる」、そんな世界への第一歩になればと思っております。

■デスクトップアーミー公式サイト:https://dt-a.jp/
■株式会社メガハウス ホビー、フィギュア商品公式サイト「メガホビ」:https://www.megahobby.jp
■株式会社UPBOND公式サイト:https://www.upbond.io/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ