BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

【イベント】映画ガリレオ『沈黙のパレード』西谷弘監督登壇ティーチインイベント・Cineducare(シネドゥケア)|デジタルハリウッド大学大学院

2022年10月1日(土)18:00~19:30|『沈黙のパレード』のキャッチコピーコンテストも開催

日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院(本校:東京都千代田区 学長 杉山知之 以下本大学院)では、[SEAD(Science/Engineering/Art/Design)]4要素の融合をコンセプトとして、デジタルコミュニケーションを駆使し、社会に新しい産業や文化を生み出すリーダーを輩出しています。 ロサンゼルスを拠点に日本やベトナムなど世界各国でプロジェクトを展開する映画監督、そしてフォトシンスエンターテイメント代表取締役でデジタルハリウッド大学大学院の准教授を務める落合賢教員は、本学にて研究実践科目「シネマティック・ランゲージラボ」ならびに修了課題の指導を担当しています。 落合賢准教授が企画し、モデレーターを務める「Cinema」と「Educare(育成する)」を合わせた上映イベントシリーズ『Cineducare(シネドゥケア)』は3回目を迎え、今回は大ヒット上映中の映画『沈黙のパレード』特別トークイベントを、2022年10月1日(土)に本大学院駿河台キャンパスとオンラインで開催いたします。ゲストには本作の監督、西谷弘氏をお招きいたします。


(C)2022 フジテレビジョン、アミューズ、文藝春秋、FNS27社

 また、本イベントの開催を記念して映画『沈黙のパレード』を鑑賞したデジタルハリウッド在卒生および一般の方を対象としたキャッチコピーコンテストも開催いたします。キャッチコピーコンテストの優秀賞作品はトークイベント当日に西谷監督より直々に発表いただき、特典を贈呈いたします。ぜひ奮ってご応募ください。

【Cineducare(シネドゥケア)とは】

落合賢准教授(担当ラボ:シネマティック・ランゲージ)が企画し、モデレーターを務める「Cinema」と「Educare(育成する)」を合わせた上映イベントシリーズです。

過去の対象作品:第一回『映画 太陽の子』(2021)、第二回『ボクたちはみんな大人になれなかった』(2021)、第三回『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』(2022)

【トークイベント開催概要】

福山雅治演じる、変人だけど天才的頭脳を持つ物理学者・湯川学が、不可解な未解決事件を科学的検証と推理で見事に解決していく大人気・痛快ミステリーシリーズ。ガリレオシリーズ映画第3弾となる今作では、柴咲コウ演じる、湯川のバディ的存在の刑事・内海薫と、北村一輝演じる、湯川の親友で内海の先輩刑事・草薙俊平が9年ぶりに再集結しました。

トークイベントでは、本作のメイキング映像などを交えながら、ドラマから劇場版『容疑者Xの献身』(08)『真夏の方程式』(13)を大ヒットに導いてきた西谷監督の思い入れのあるシーンを振り返っていただき、映画製作の真髄に迫ります。

本トークイベントはデジタルハリウッド在卒生を中心に、一般の方々も無料でご参加いただけます。

■日時
2022年10月1日(土)18:00~19:30

■会場
オフライン:デジタルハリウッド大学駿河台キャンパス3F 駿河台ホール
(御茶ノ水ソラシティ アカデミア3F)
オンライン:Zoom

■登壇者
西谷弘/映画『沈黙のパレード』監督
落合賢/デジタルハリウッド大学大学院准教授

■対象
デジタルハリウッド大学、大学院、スクールの在卒生
デジタルハリウッド関係者以外の一般の方

■定員
デジタルハリウッド在卒生:オフライン30名、オンライン100名
一般:オフライン20名、オンライン100名
※オフライン会場に限り、定員以上のご応募があった場合抽選とさせていただきます。

■プログラム
17:30~ オフライン会場開場
17:45~ オンライン会場開場
18:00~ イベント開始、デジタルハリウッド大学大学院、シネマティック・ランゲージラボの紹介
18:05~ 映画本編クリップ、メイキング映像上映(2~4本)、トークセッション
19:00~ 質疑応答
19:30  終了予定

■参加費
無料(要事前予約)

■お申し込み
URL:https://forms.gle/xbPiUEvLTpLDTiCk8

■注意事項
※本イベントにはマスコミ関係者も参加する予定です。また、トークイベントにご参加いただいている様子の写真を、本学の広報目的で利用させていただく場合がございます。予めご了承ください。

※イベントお申し込み後に参加をキャンセルされる場合は、事前にdaigakuin@dhw.ac.jpまでご連絡をお願いいたします。

※ゲストおよび講演内容は、都合により変更する場合がございます。

※オフライン会場に参加される在卒生および一般のお客様は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策にご協力いただくことを参加条件とさせていただきます。(マスク着用、手指のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスの徹底、ノーマスクでの飲食・歓談のNG等)

【映画キャッチコピーコンテスト概要】

本イベントを記念し、『沈黙のパレード』キャッチコピーコンテストを開催いたします。映画『沈黙のパレード』のキャッチコピーを下記Googleフォームよりご提出ください。沢山のご応募をお待ちしております。

■開催期間
2022年9月17日(土)~9月29日(木)

■対象
映画『沈黙のパレード』を鑑賞したデジタルハリウッド大学、大学院、スクールの在卒生・関係者、および一般の方

■応募フォーム
URL:https://forms.gle/LXEWnr6bbdrYsjR7A

■優秀賞の発表
トークイベント当日に西谷監督より発表予定

■優秀賞特典
監督賞:西谷監督サイン入りポスター
東宝宣伝部賞:映画『沈黙のパレード』オリジナルTシャツ
デジタルハリウッド大学大学院賞:『沈黙のパレード』 原作本

【登壇ゲストプロフィール】



西谷 弘(にしたに ひろし)氏
『沈黙のパレード』監督


CMディレクターを経て、96年「TOKYO23区の女」(フジテレビ)でドラマ監督・脚本デビュー。以降、「白い巨塔」(03~04年/フジテレビ)など数々のテレビドラマの演出を担当し、06年『県庁の星』で映画監督デビュー。映画監督作品に『アマルフィ女神の報酬』(09年)、『アンダルシア女神の報復』(11年)、『任侠ヘルパー』(12年)、『昼顔』(17年)、『マチネの終わりに』(19年)、『バスカヴィル家の犬シャーロック劇場版』(22年)がある。「ガリレオ」シリーズは連続ドラマ(第1シーズン)、スペシャルドラマ「ガリレオXX内海薫最後の事件愚弄ぶ」の演出及び、映画『容疑者xの献身』と『真夏の方程式』の監督を務めている。

落合 賢(おちあい けん)
デジタルハリウッド大学大学院 准教授




東京の高校を卒業後、渡米。南カリフォルニア大学(USC)の映画制作学科を卒業、2008年にアメリカ映画協会付属大学院(AFI)の監督学科で修士号を取得。卒業制作の『ハーフケニス』が、全米監督協会(DGA)から日本人として初めて審査員特別賞を受賞した。ウエンツ瑛士主演の「タイガーマスク」で長編映画監督デビュー。2014年には日本と北米で公開された福本清三主演の映画「太秦ライムライト」が、ファンタジア国際映画祭で最優秀作品賞、主演男優賞をW受賞。また、長編第4作目「サイゴンボディガード」が2016年に公開されると、ベトナムでは「スターウォーズ ローグワン」を超えて大ヒットを記録する。小説「パパとムスメの7日間」のベトナム版リメイクを監督。2018年、12月28日にベトナム全土で公開され、100万人を動員、ベトナムアカデミー賞最優秀作品賞にノミネートされた。「サイゴンボディガード」が、ユニバーサルピクチャーズによってリメイクされることが決定。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のクリス・プラットが主演し、落合は「アベンジャーズ」を監督したアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟と共にエクゼクティブプロデューサーとして参加することが発表された。劇場公開長編映画のみならず、ショートフィルムやCM、MVなど幅広いジャンルの映像を監督し、ロサンゼルスを拠点に日本、アメリカ、ベトナムなど世界各地で活動している。2021年度よりデジタルハリウッド大学大学院にて准教授に就任し、「シネマティック・ランゲージラボ」でハリウッド式映像制作術を教える。

【『沈黙のパレード』作品概要】

(C)2022 フジテレビジョン、アミューズ、文藝春秋、FNS27社
『ガリレオ』シリーズ最高傑作、誕生!!
このミステリー、実に面白い。


INTRODUCTION

福山雅治演じる、変人だけど天才的頭脳を持つ物理学者・湯川学が、不可解な未解決事件を科学的検証と推理で見事に解決していく、大人気・痛快ミステリーシリーズ。映画第3弾となる今作では、柴咲コウ演じる、湯川のバディ的存在の刑事・内海薫と、北村一輝演じる、湯川の親友で内海の先輩刑事・草薙俊平が9年ぶりに再集結!「ガリレオ」の醍醐味ともいえる、3人の絶妙なやりとりがスクリーンに帰ってきます!原作はベストセラー作家・東野圭吾によるガリレオシリーズ第9弾「沈黙のパレード」。多数の登場人物すべてに繊細な人間模様が描かれ、その絡みあう群像劇と二転三転する展開に一気に引き込まれる極上エンターテインメント。『容疑者xの献身』『真夏の方程式』に続き、福田靖が脚本、西谷弘が監督を務める。競演キャスト陣にも、椎名桔平、檀れい、吉田羊、飯尾和樹、戸田菜穂、田口浩正、酒向芳、村上淳、岡山天音、川床明日香、出口夏希と超豪華なメンバーが集結。そして、主題歌は9年の時を経て再結成となる福山雅治と柴咲コウによるユニット≪KOH+≫が担当。福山雅治が書き下ろした主題歌「ヒトツボシ」は、物語に深く寄り添った、切なくも、愛にあふれた楽曲に仕上がり、柴咲の優しく力強い歌声が、心に響きます。

前2作を凌ぐ怒涛の展開と心揺さぶる人間ドラマに、シリーズ最高傑作の呼び声高い本作。どうぞ、ご期待ください。

STORY

天才物理学者・湯川学(福山雅治)の元に、警視庁捜査一課の刑事・内海薫(柴咲コウ)が相談に訪れる。行方不明になっていた女子学生が、数年後に遺体となって発見された。内海によると容疑者は、湯川の親友でもある先輩刑事・草薙俊平(北村一輝)がかつて担当した少女殺害事件で、完全黙秘をつらぬき、無罪となった男・蓮沼寛一。蓮沼は今回も同様に完全黙秘を遂行し、証拠不十分で釈放され、女子学生の住んでいた町に戻って来た。

町全体を覆う憎悪の空気・・・。そして、夏祭りのパレード当日、事件が起こる。蓮沼が殺された。犯人は誰か。女子学生を愛していた、家族、仲間、恋人…全員に動機があると同時に、全員にアリバイがあった。そして、全員が沈黙する。湯川、内海、草薙にまたもふりかかる、超難問…!果たして、湯川は≪沈黙≫に隠された≪真実≫を解き明かせるのか…!?

原作:東野圭吾「沈黙のパレード」(文春文庫刊)
脚本:福田靖
監督:西谷弘
音楽:菅野祐悟 福山雅治
主題歌:KOH+「ヒトツボシ」
出演:福山雅治 柴咲コウ・北村一輝
飯尾和樹 戸田菜穂 田口浩正 酒向芳
岡山天音 川床明日香 出口夏希 村上淳
吉田羊 檀れい 椎名桔平
製作:フジテレビジョン アミューズ 文藝春秋 FNS27社
コピーライト:(C)2022 フジテレビジョン、アミューズ、文藝春秋、FNS27社
公式HP:https://galileo-movie3.jp/
公式Twitter:@galileo_movie
公式Instagram:@galileo_movie

【デジタルハリウッド大学大学院研究実践科目「シネマティック・ランゲージラボ」とは】

「シネマティック(映画芸術的)・ランゲージ(言語)」とは、映像作品を言語学的に紐解いた独自の理論です。コミュニケーションツールの一つとして、映像作品を媒体に創り手のメッセージを不特定多数の視聴者に向け、効率的かつ感情的に伝達するアプローチです。

本ラボでは、ハリウッドの名だたる映画監督やプロデューサーを輩出したUSC、NYU、AFIにて培ったハリウッド式映像制作術の基礎と応用を、既存の映画やドラマの映像事例などを用いてレクチャーします。

また、実践的な映像制作課題を通して、シネマティックな映像を制作する事で、ハリウッド式映像制作術の本質的な概念と実用的な技術を身につけた、国際的な映像監督やクリエイティブプロデューサーを育成します。


■デジタルハリウッド大学大学院について

日本初の株式会社立の専門職大学院として 2004 年に開学。

超高度情報化社会においてデジタルコミュニケーションを駆使し、社会に変革を起こすリーダーを輩出すべく、創発的学究領域 SEAD(Science/Engineering/Art/Design)の4要素をバランス良く身につけ融合し、理論と実務を架橋する人材育成を行う。新規事業プランニングとプロトタイピングなど、院生のアイデアの実装およびスタートアップ支援により、「令和3年度大学発ベンチャー調査」(経済産業省)では全国大学中12位、私立大学中4位となっており、多数の起業家を輩出している。

URL:https://gs.dhw.ac.jp/

本大学院では、本学在籍の院生・修了生の起業・事業支援に注力しております。デジタルコミュニケーション領域での産学協同研究にご興味をお持ちの方、本学への入学を検討されている方、また企業の皆様は下記よりお気軽にお問合せください。

【デジタルハリウッド大学大学院事務局】

TEL:0120-019-236  メール:daigakuin@dhw.ac.jp

(本イベントの取材等に関するお問い合わせは、デジタルハリウッド広報室までお願いいたします)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ