BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

超撥水風呂敷『ながれ』で水を運ぶ!100m風呂敷バケツリレーでギネス世界記録達成!!


 朝倉染布株式会社(本社:群馬県桐生市、代表取締役社長:朝倉剛太郎)は、オリンピック金メダリストの水着にも使用されている独自の撥水技術を用いた自社製品「超撥水風呂敷『ながれ』」の発売 15 周年を記念し、「100 人の風呂敷リレーで 100 リットルの水を運ぶ最速タイム(Fastest time to move 100 litres of water using furoshiki (team of 100))」に挑戦し、見事、ギネス世界記録を達成しました。
ギネス世界記録認定証授与式(左:ギネス公式認定員マクミラン舞さん、右:朝倉剛太郎社長)
 本イベントは、朝倉染布株式会社が本社を構える群馬県桐生市の群馬県桐生市立桐生商業高等学校で行われました。全国から集まった10~73歳までの公募参加者37人、桐生商業高校生徒60人、朝倉染布社員3人の計100人が一列に校庭に並び、水の入った風呂敷バケツを立った状態のまま隣の人へと渡すというシンプルな競技です。参加者たちは声を掛け合いながら懸命に風呂敷バケツを運び、途中、様々なハプニングがありながらも、なんとか全員で最後まで運び切りました。Team Nagare 100は5分57秒43でゴールし、見事、ギネス世界記録を達成しました。
競技参加者からは、「ギネス記録達成だなんて、群馬県の誇りです。協力出来て嬉しいです。」(34歳主婦)とコメント。また、主催者である朝倉染布株式会社の朝倉社長は「今回初めてギネス記録に挑戦させて頂いた。変わったことをするのが好きで、本当に実現出来て夢のようで目頭が熱くなった。」と感想をのべた。また、今回桐生商業高校を会場とした理由については「今年3月頃に行った「超撥水風呂敷『ながれ』」のデザインコンテストで審査員特別賞を桐生商業高校の卒業生が受賞したことから高校に相談し、会場の使用と生徒60人の参加を協力頂く事になった。手作りで達成できたギネス世界記録。地元の皆さんに愛される、信頼される会社を目指していきたい」と語った。
風呂敷バケツをリレーする参加者たち
参加者・関係者記念写真
■イベント概要
主催:朝倉染布株式会社
タイトル: 100 人の風呂敷リレーで 100 リットルの水を運ぶ最速タイム
(Fastest time to move 100 litres of water using furoshiki (team of 100))
開催日:令和3年12月4日(土)
会場:群馬県桐生市立桐生商業高等学校(校庭)
参加人数:100人(Team Nagare 100)
司会:イトウジュン氏(「超撥水風呂敷『ながれ』」ブランドディレクター)
ゲスト:林家つる子氏(落語家)
参加資格:趣旨に理解を示し 5kg 程度のものを滞りなく運べる方(性別は問いません)

■朝倉染布株式会社について
社名:朝倉染布株式会社
代表者:朝倉 剛太郎
所在地:〒376-0007 群馬県桐生市浜松町1丁目13番24号
TEL: 0277-44-3171
FAX:0277-44-3100
創業年:1892 年(明治 25 年)
資本金:3,800万円
従業員数:90名(男子54名 女子36名)*2021年7月末現在
事業内容:染色整理事業、インクジェットプリント事業、テキスタイル事業、繊維製品販売事業
URL:https://www.asakura-senpu.co.jp/

■超撥水風呂敷『ながれ』について
撥水風呂敷『ながれ』は 朝倉染布独自の撥水加工によって正統進化を遂げた「濡れない風呂敷」です。突然の雨に、濡れると困るモノを包んだり、エコバッグ代わりにもなり、普段使いできる防災グッズとしても活用できる、軽くて便利な風呂敷です。発売開始より約 40 万枚を売り上げる人気商品。2011 年度「グッドデザイン賞」特別賞「中小企業庁長官賞(現・ものづくりデザイン賞)」、ドイツ「reddot design award」等を受賞、新「現代日本のデザイン 100 選」にも選定されています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ