BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

都市連動型メタバース 1日貸し切りパッケージを主催者向けに提供

「バーチャル渋谷」で手軽にライブ、スポーツ観戦イベントが開催可能

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長:高橋 誠、以下 KDDI)と一般社団法人渋谷未来デザイン(所在地:東京都渋谷区、代表理事:小泉 秀樹、以下 渋谷未来デザイン)は2021年11月26日から、実在都市の渋谷と連携した都市連動型メタバースをイベント会場として1日貸し切り利用可能な「バーチャル渋谷・1DAYイベントパッケージ(以下、本サービス)」を提供開始します。 本サービスは、インターネット上に構成される仮想空間でのイベント開催時に必要な演出・配信・出演者のオリジナルアバター作成をパッケージ化し、音楽ライブやスポーツ観戦などのイベント主催者向けにワンストップで提供します。




昨今、ビジネスやコミュニケーションのデジタル化が進み、ライブ配信などを顧客とのコミュニケーションツールとして活用する企業が増えています。その中で、従来のライブ配信と比較し、より臨場感のあるコミュニケーションが可能な仮想空間「メタバース」への関心も高まってきています。


2020年5月に渋谷区公認の配信プラットフォームとして開設した「バーチャル渋谷」では、
これまで「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス」やサッカー日本代表戦のパブリックビューイング、総勢100組のアーティストによる音楽ライブなどのイベントを開催してきました。


KDDIと渋谷未来デザインは本サービスにより、新たなイベント開催手段として都市連動型メタバースを提案していきます。

さらに、日本発「メタバース」の発展と実在都市の価値向上を目指していきます。


■本サービスについて
1.特徴
・「メタバース」での取り組みを検討されているイベント主催者が、音楽ライブやスポーツ観戦、自社商品・サービスのPR、ファンとのコミュニケーションなどのイベントを、より手軽に企画しやすくなるパッケージプランです。
・ファンの目の前にゲストのアバターを登場させるなど、通常のライブ配信とは異なる「メタバース」ならではの臨場感あるイベント演出が可能です。

<想定ユースケース>
・音楽ライブ
・スポーツイベントの中継
・企業の商品やサービスのPRイベント
・アーティストのファンミーティング
・実在都市の渋谷でのイベント時に、「メタバース」での連動したイベント実施

詳細はhttps://vcity.au5g.jp/shibuya/buisinessをご参照ください。


2.サービス内容
(1)本サービスの基本パッケージ







(2)会場
用途に合わせた3ステージを用意しています。

ミュージックステージ

空間や野外広告などのスペースにライブを盛り上げる演出効果を表示可能なステージです。ライブの様子を投影する複数のディスプレイが設置されています。


スポーツステージ

パブリックビューイングなどに適したステージです。アバターを使って楽しめるアスレチックなどのミニゲームが設置されています。


ノーマルステージ

渋谷の街をリアルに再現したスタンダードなステージです。
スクランブル交差点エリアのほか、「MODI」前エリアへも往来が可能です。


(3)オプション
渋谷の街全体をジャックする演出など、メタバースならではの空間演出をイベントの目的や用途・ゴールに合わせてカスタマイズできます。

・オリジナルアバター
出演者(2人目以降)、参加者のアバター制作

・空間装飾
各会場ステージ/渋谷街中などのデザインのカスタマイズ制作

・オリジナル3Dオブジェクト
イベント主催者のリクエストに基づく制作物

・物販ブース
イベント主催者の商品の設置、販売

・配信映像制作
音楽ライブなどの映像の制作(会場手配、撮影、編集などを含む)


3. 提供開始日
2021年11月26日


4. 提供料金
個別見積もりとなりますので、下記特設サイトからお問い合わせください。


5. お問い合わせ
特設サイト(https://vcity.au5g.jp/shibuya/buisiness)からお問い合わせください。


■バーチャル渋谷について
「バーチャル渋谷」は、KDDI、渋谷未来デザイン、渋谷区観光協会を中心とする73社で組成する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」が2020年5月に立ち上げた自治体公認のバーチャル事業としては日本初となる、渋谷区公認の配信プラットフォームです。
メタバース事業者が一企業で企画・運営しているものではなく、渋谷に関係する複数のステークホルダーが密接に連携し、地域ごとに実在都市とメタバースが共存するためのあり方を議論するなど、実在都市と連動した仮想空間であることが最大の特徴となっています。取り組みの収益の一部は渋谷の街づくりの活動に還元されています。



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ