BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

アンバサダーに長谷川ミラさんを起用!「SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE 2nd Anniversary」を10月28日より開催

サステナブルをテーマにしたイベントや期間限定ショップを展開!!

■アーバンファーミングやSDGsアクションなど、サステナブルな体験を提供! ■本施設が提案する新基準、モノの一生にかかる環境影響を数値化した「Earth Cost」展示を公開 ■一足先に、予約可能なクリスマスケーキも一部公開


「渋谷スクランブルスクエア」(以下、本施設)は、開業2周年を記念して「SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE 2nd Anniversary(セカンドアニバーサリー)」(以下、本フェア)を2021年10月28日(木)から11月10日(水)まで開催。フェア期間中に実施するイベントや期間限定ショップなどのコンテンツを発表します。

本フェアのテーマは「LOVE is SUSTAINABLE.(ラブ イズ サステナブル)」。アンバサダーとして長谷川ミラさんを迎え、「好きなモノ・コトと永いトキを過ごすって、サステナブル。」というコンセプトを掲げて、サステナブルな商品を取り揃えるだけでなく、お客さまが本質的に「素敵」と思える商品や、知的好奇心を刺激する体験価値を提供します。





本フェアでは、地産地消や環境問題に目を向けるきっかけとなるようなさまざまなイベントを実施します。
7階イベントスペース<L×7(エルバイセブン)>では、「Tokyo Urban Farming POP UP(トーキョー アーバン ファーミング ポップアップ)」を開催。株式会社プロトリーフの協力によりハーブ苗を、シェアする“たね”プロジェクト「Share Seeds(シェアシーズ)」より野菜の種を無料配布。また、本イベントスペースに併設するヴィーガン・カフェ<Trueberry(トゥルーベリー)>とコラボした環境にも身体にも優しい「東京産小松菜のポタージュ」を販売します。

12階イベントスペース<Scene12(シーントゥエルブ)>では、「EARTH MALL with SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE(アース モール ウィズ シブヤスクランブルスクエア)」を開催。廃棄太陽光パネルをアップサイクルした展示テーブルで「すてずに やさしく みんなで つくった、ほんとの いいもの。」をテーマに、デジタル地球儀「Sphere(スフィア)」などの10のブース展示を行います。

展望施設「SHIBUYA SKY」では、恒久的なサステナブルデザインを探究するブランドユニット「maison2,3」によるアップサイクルインスタレーションを展示します。永く大切に愛用されてきた衣類をアップサイクルして制作した、巨大な地球のオブジェが登場します。

また、本フェア期間中には、サステナブルが特徴の店舗が期間限定で出店します。

3階 イベントスペース「SCRAMBLE THE FACE(スクランブル ザ フェイス)」には、<imperfect(インパーフェクト)表参道 期間限定カフェ・スタンド>が10月28日(木)~11月24日(水)に期間限定出店。ブラジルの女性が中心になって経営するコーヒー農園をサポートするプロジェクトを通じて生産されたコーヒー豆を使用したオリジナル・ブレンドのラテや、水源の保全や土地固有の植物を植える等ミツバチの生育環境を整えながら育てたアーモンドを使用したアイスを提供します。

4階ポップアップスペース「Space4(スペースフォー)」には、<【HERMÈS ARCHIVE 1997-2003】TSUNAGU BY KOMEHYO(ツナグ バイ コメヒョウ)>が10月28(木)~11月10日(水)に期間限定出店。深いVネックが特徴の代表作「ヴァルーズ」のニットや、最高級の素材を使用したコートなど、マルジェラが生み出した現代名作を中心に、後世に伝えたい価値をつなげたいアイテムを350点ほどご用意しています。

その他、各フロアで渋谷スクランブルスクエア開業2周年を記念した期間限定商品も販売します。1階ecute EDITION(エキュートエディション)<治一郎>では、「渋谷バターケーキ 檸檬」を発売。甘さを控えた檸檬バタークリームに治一郎のバウムと同じ素材を使用したしっとりきめ細かいスポンジを重ね合わせ、アクセントに程よい酸味の浜松産レモンピールを加えました。渋谷スクランブルスクエア限定販売です。4階<Aquascutum WHITE LABEL>では、2周年を記念した「ミニトートバック」を数量限定で販売します。ご購入いただいた方には店内でカスタマイズできるサービスもご用意しています。13階<PASTA HOUSE AWkitchen Figlia>では2ndアニバーサリー期間でしか食べることのできない限定パスタ「坊ちゃんかぼちゃのミートクリームソース」をご用意。この機会にしか味わえない旬の味をご堪能ください。



■SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE 2nd Anniversary概要

期間: 2021年10月28日(木)~11月10日(水)
テーマ: LOVE is SUSTAINABLE. (ラブ イズ サステナブル)
好きなモノ・コトと永いトキを過ごすって、サステナブル。
アンバサダー: 長谷川ミラ
特設ページ: https://www.shibuya-scramble-square.com/2nd_anniversary/love_is_sustainable/

■イベント
7階:Tokyo Urban Farming POP UP(トーキョー アーバン ファーミング ポップアップ)



都市のサステナブルな生活文化を発信する「Tokyo Urban Farming」が出展。今回は、バジル、パクチー、ルッコラ、タイム等のマイクロプランターやコンポスト、Panasonic株式会社から提供の廃材のバスタブには夏みかんの木を展示します。株式会社プロトリーフの協力によりハーブ苗を、シェアする“たね”プロジェクト「Share Seeds(シェアシーズ)」より野菜の種を無料配布します。また、本イベントスペースに併設するヴィーガン・カフェ<Trueberry(トゥルーベリー)>では、「東京産小松菜のポタージュ」を販売します。

開催期間:10月28日(木)~11月10日(水)
開催場所: 7階イベントスペース「L×7(エル バイ セブン)」
配布:ハーブ苗配布/野菜の種
※11月7日(日)11時から配布開始。100株限定、先着順(お一人さま1種1個限り)



<Trueberry(トゥルーベリー)>「東京産小松菜のポタージュ」

東京産の小松菜を使ったヴィーガンポタージュ。スーパーフードのマカをミックスして、カシューナッツと豆乳をベースに飲みやすく仕上げました。
価格:550円



12階:EARTH MALL with SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE(アース モール ウィズ シブヤスクランブルスクエア)
株式会社博報堂が社会実装を行うSDGsアクションプラットフォーム「EARTH MALL」が出展。廃棄太陽光パネルをアップサイクルした展示テーブルで「すてずに やさしく みんなで つくった、ほんとの いいもの。」をテーマに、デジタル地球儀「Sphere(スフィア)」と9つのブース展示を行います。一部のブースでは、期間限定で販売も実施します。

開催期間:10月28日(木)~11月10日(水)
開催時間:11:00~21:00  ※最終日11月10日(水)のみ19:00まで
開催場所:12階イベントスペース「Scene12(シーントゥエルブ)」
参考URL:https://earth-mall.jp/

<ブース一覧>
詳細は以下PDFをご覧ください。
https://prtimes.jp/a/?f=d46405-20211021-8324a3c7fd6d684576169c2757365793.pdf


■展望施設「SHIBUYA SKY」
アップサイクルインスタレーション「EYE」

展望施設「SHIBUYA SKY」の46F屋内展望回廊「SKY GALLERY」では、これまで、「SHIBUYA SKY」のコンセプトと共鳴するさまざまなアーティストや企業、団体とコラボレーションして、まだ見ぬ世界への興味を抱かせ、知的好奇心を育ててゆく場を提供してきました。
本フェア中には、恒久的なサステナブルデザインを探究するブランドユニット「maison2,3」によるアップサイクルインスタレーションを展示します。本インスタレーションは、4階Space4に期間限定出店する「KOMEHYO」提供の永く大切に愛用されてきた衣類をアップサイクルして制作した、巨大な地球のオブジェです。空間一体は、オブジェに加えて、目で感じ取る視覚的な仕掛けが展開されています。屋上から360度に広がる景色を体験した後、大切な資源を用いて擬似的に生まれた地球を見つめることで、環境問題に目を向けるきっかけをつくります。

設置期間:10月28日(木)から11月10日(水)まで
設置場所: 46階屋内展望回廊「SKY GALLERY」
インスタレーション名:EYE展示
メッセージ:
渋谷の空に、突如として現れた、ここにあるはずのない地球。この地球は、多くの人たちが永く大切に愛用してきた衣類から出来ています。私たちが住むこの地球は、無数の資源に覆われています。SDGsへの取り組みの重要性が叫ばれる中、サステナブル社会への進化を目指す上で大切なこと。それは「見る」ということです。あらゆる事実を見ることで、目を凝らすことで、「大切ななにか」に気づくはずです。このインスタレーションも見つめ続け、向き合うことで見えてくるものがあるように、渋谷で最も高い空の中で、これからの未来に必要ななにかに気づいていただくきっかけになれば幸いです。


全体ディレクション:maison2,3
ファッションデザイナーKOSHIRO EBATAとアップサイクルデザイナーHIROYUKI MIZUNOが2019年に発足したブランドユニット。恒久的なサステナブルデザインを探究し、プロダクト開発からアートワークなど幅広く活動。デビュー作は障害を持つ人たちが製造参加出来るデザインをコンセプトに廃タイヤや廃フローリングを再利用し、糸を一切使わず廃材のみで作り上げたインフィニットバッグを東京現代美術館にてリリース。



タイアップアーティスト:ASAKO IWAMIZU
2016年、伝統工芸の木目込人形の技法からインスピレーションを受け生まれたキメコミアートを誕生させる。日本の工芸の要素を含んだASAKO IWAMIZUの作品はファッション大国で感じる様々な問題にも着目し、廃材の発泡スチロール、古着、アパレル廃棄生地を使用する。かつてゴッホが浮世絵を版画と知らずに油絵にした様に、都市で感じるままを現代的解釈で表現した作品は、ルーヴル美術館、UNIQLO PARISでも展示され、数々の賞を受賞する。


協賛ブランド:KOMEHYO


リユースから、リレーユースへ。その「価値」を私たちは継いでいく。
KOMEHYOではメンテナンス、リメイク、編集、人とのつながりを大切にしています。リレーユースはリユースでありながら、単にモノの価値をダウンサイクルするのではなく、価値を高めるアップサイクルで伝承していくことが目的です。持続可能な未来社会に向けた価値観が広がる中、生産者や使用者をリスペクトし、その「想い」をリレーしていくことで、サステナブルな社会形成に貢献していきます。

■展示


1.Earth Cost(アースコスト)
モノの一生にかかる環境影響を数値化した「Earth Cost」を通して、これまでの選択基準にはない「地球へのコスト」というあたらしい買い物のものさしを提案します。館内では商品を長く大切に使った場合と、そうでない場合のEarth Costの数値を比較する展示を実施。今回のテーマである「LOVE is SUSTAINABLE.」をEarth Costという数値で可視化することで、来館された方々に考えてもらうきっかけを提供していきます。
開催期間:10月28日(木)~11月10日(水)
開催場所:2階 出入口付近

2.磯部昭子コレクション展


本フェアのキービジュアルを制作した写真家の磯部昭子(イソベ アキコ)氏のコレクション展を3階エントランスにて開催します。キービジュアルにも取り入れている、同氏が祖母から受け継いだペンダントトップをアレンジしたアクリル作品や、自身が大切にしているコレクションを展示。好きなモノを永く愛することがサステナブルにつながるというメッセージを発信します。
開催期間:10月28日(木)~11月10日(水)
開催場所:3階出入口付近






■期間限定ショップ


3階:<imperfect(インパーフェクト)表参道 期間限定カフェ・スタンド>
~みんなでDo well by doing good.(ドゥー ウェル バイ ドゥーイング グッド)~
あなたの『おいしい』を、だれかの『うれしい』に。」をコンセプトに掲

げ、おいしさ(Well)だけではなく、世界や社会にもWell(よい)な商品の提供を目指すWell Food Market & Café<imperfect 表参道>が期間限定出店。ブラジルの女性が中心になって経営するコーヒー農園をサポートするプロジェクトを通じて生産されたコーヒー豆を使用したオリジナル・ブレンドのラテや、水源の保全や土地固有の植物を植える等ミツバチの生育環境を整えながら育てたアーモンドを使用したアイスを提供します。

期間: 10月28日(木)~11月24日(水)
出店場所: 3階 イベントスペース「SCRAMBLE THE FACE(スクランブル ザ フェイス)」



4階:【HERMÈS ARCHIVE 1997-2003】TSUNAGU BY KOMEHYO(ツナグ バイ コメヒョウ)
マルタン・マルジェラがエルメスのクリエイティブデザイナーを務めた約6年間(1997‐2003年)の作品を集めた、KOMEHYOが開催するPOPUPイベント。本イベントは根強い人気から、二次流通においても入手しづらく、アーカイブの希少価値が高いことが特徴です。深いVネックが特徴の代表作「ヴァルーズ」のニットや、最高級の素材を使用したコート、年代を問わず集めたシルバージュエリーなど、マルジェラが生み出した現代名作を中心に、後世に伝えたい価値をつなげたいアイテムを350点ほどご用意しています。

期間: 10月28日(木)~11月10日(水)
出店場所: 4階 ポップアップスペース「Space4(スペースフォー)」
※販売のみとなり、買取は行っておりません

5階 +Q Goods:LOVE is Sustainable POPUPイベント
1.【Love action(ラブアクション) 私と地球を愛するマーケット】




サステナブルやエシカルをトレンドの言葉として終わらせるのではなく、“愛のある行動”につなげてほしいという思いを多彩なアイテムを通じて発信するポップアップショップ。

期間: 10月28日(木)~11月10日(水)
出店場所: 5階 +Q Goods 「Event Stage 5B」
出店ブランド: <Sayaka dept. cheering jewelry>、<EARTH FRIENDLY's>、<kangarui>、<NANAKO KOBAYASHI>、<Hogara> 他…

2.【PARAFINA & UCON ACROBATICS EVENT(パラフィナ アンド ユーコン アクロバティックス イベント)】
期間: 10月28日(木)~11月10日(水)
出店場所:5階 +Q Goods 「Fashion Parts」



<UCON ACROBATICS(ユーコン アクロバティックス)>「バッグパック」
海洋汚染問題を解決するために生み出された<ユーコンアクロバティック>は役20本のプラスチックボトルから1つのバックパックを作ることができます。人権、環境、動物にも配慮した製品作りで、全シリーズの素材に防水加工を採用。いつまでも長く使える高品質なデザインに取り組んでいます。


<PARAFINA(パラフィナ)> 「リーディンググラス」

テーマはエコフレンドリー 地球環境に配慮し、全てのアイテムはPETやアルミ等のエコロジーなリサイクル素材で製作され、洗練されたベーシックなデザインとコンテンポラリーなスタイルを提案しています。また、パラグアイの子供たちへ、学校設立や勉強道具の寄付などでの社会貢献を積極的に行っています。

3.【Floats! Autumn Winter Collection(フローツ オータム ウィンター コレクション)】
期間: 10月21日(木)~11月3日(水)
出店場所:5階 +Q Goods 「Fashion Parts」


<Floats!(フローツ)> 「エコファーバッグ」
秋冬感を楽しめるふわふわのエコファーバック。環境に優しく触り心地の良い合成繊維を使用しています。その日のコーディネートに合わせて、ハンドバッグとしてもショルダーバッグとしても使える2WAY仕様。秋冬のスタイリングに合わせると間違いなしです。


■2ndアニバーサリーアイテム/クリスマスケーキ
詳細は以下PDFをご覧ください。
https://prtimes.jp/a/?f=d46405-20211021-efd2b03bb364f66fabaa87ba202badca.pdf

<施設概要>
名称 :渋谷スクランブルスクエア/SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE
事業主体 :東急(株)、東日本旅客鉄道(株)、東京地下鉄(株)
所在 :東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号
用途 :事務所、店舗、展望施設、駐車場など
延床面積 :第I期(東棟)約181,000平方メートル 、第II期(中央棟・西棟)約96,000平方メートル
階数 :第I期(東棟)地上47階 地下7階、第II期(中央棟)地上10階 地下2階、(西棟)地上13階 地下5階
高さ :第I期(東棟)約230m、第II期(中央棟)約61m、(西棟)約76m
設計者 :渋谷駅周辺整備計画共同企業体
※(株)日建設計、(株)東急設計コンサルタント、(株)JR東日本建築設計、メトロ開発(株)
デザインアーキテクト :(株)日建設計、(株)隈研吾建築都市設計事務所、(有)SANAA事務所
運営会社 :渋谷スクランブルスクエア(株) ※東急(株)、東日本旅客鉄道(株)、東京地下鉄(株)の3社共同出資
開業 :第I期(東棟)2019年11月1日 第II期(中央棟・西棟)2027年度
URL :https://www.shibuya-scramble-square.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ