BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

日本初の「小学校低学年」向け体育支援サービス「カラチャレ」を発表!EDUSHIP/読売新聞/筑波大学アスレチックデパートメントが提携し、無償提供開始へ!

株式会社ドール、宇治の露製茶株式会社(福寿園グループ)などがパートナー企業として参画。

学校教材サービスカンパニーであるエデュシップ株式会社(所在地:埼玉県比企郡、代表取締役:佐藤壮二郎)は、株式会社読売新聞東京本社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:山口寿一)、筑波大学アスレチックデパートメント(所在地:茨城県つくば市、学長:永田恭介)と提携し、新たな体育支援サービス「カラチャレ」を発表し、全国300校の小学校へ無償で配布します。


子どもたちが「運動を好きになるかどうか」は小学校低学年までに決まると言われており、同時期により良く運動に取り組むことは、多くの子どもたちの自信や自己肯定感、仲間づくりにも寄与します。しかし、日本での小学校低学年の担任の先生の中には体育の指導が得意ではない先生方も多く、何より体育には検定教科書やそれに準じた教師用の指導書がありません。そのため、先生方も苦労しながら授業を行っているのも実情です。

そこで、文部科学省で体育科の教科調査官も務めた日本体育大学白旗和也教授の監修と共に、日本初の「小学校低学年向けの体育支援サービス」として「カラチャレ」を開発致しました!





新小学校体育支援サービス「カラチャレ」の特徴


1.一人一冊、日本初の体育ドリル「カラチャレドリル」を提供!
さまざまな動きをイラストで分かりやすく解説し、児童ができたところにシールを貼ったり、先生からの表彰状がもらえたりするなど、楽しみながら学ぶことができます。

2.特別協力により小学校への「無償提供」を実現!
カラチャレドリルは様々な企業様の特別協力により、なんと全て「無償」です!
これまで検定教科書が無かった体育の授業において、費用を気にせずより良い授業の実践が可能になります。

3.家に持ち帰り「保護者と運動」も!
体育だけでなく、家に持ち帰って親子で挑戦するなど、学校スポーツの新しい文化に繋がるよう開発されています。コロナ禍における家庭も含めた運動促進にもご活用頂けます。

4.体育の指導が苦手な先生方向けに「体育のお助けレシピ」を全て無償で公開!
先生方向けの「授業の進め方」や「各運動の説明方法」、「評価の仕方」まで丁寧に解説した「体育のお助けレシピ」を無償で公開!カラチャレと組み合わせてより良い授業ができるように先生方をサポート致します。


企業様の特別協力により、小学校へ無償提供

「カラチャレ」は全国の小学校で必修となっている「体つくり運動(体つくりの運動遊び)」における日本初の特別教材であり、本年から学校教育への貢献と理念に賛同を頂いた企業様の特別な協力により「無償提供」が実現しました!

「カラチャレ」は標準版に加え、株式会社ドールの協力を得た特別版も発行し、無償で小学校に提供します。宇治の露製茶株式会社(福寿園グループ)の参画も予定しています。今後も協力企業を募集し、配布校を増やしていきます。





第一弾の株式会社ドールが協賛する教材には、バランス良く食事をすることの大切さや食に対するクイズコーナーも用意、さらには食品にちなんだ「チャレンジエリア」なども用意されており、運動だけでなく食事も含めた成長の促進と共に「楽しく主体的にスポーツを行える工夫」が施されています。

検定教科書がない体育において、学校もご家庭も負担なく、小学校低学年から達成感で溢れる体育の授業のサポートを通して、「児童一人一人の皆様の自己肯定感の向上」へと貢献して参ります。そして児童の皆様のみならず、先生方も保護者の皆様も含めて、日本社会全体で「自分らしく運動に取り組み、心身共に健康な子どもたち」を育てていければ幸いです。

新たな学校教材サービス開発を行うEDUSHIPと、社会的発信を担う読売新聞、そして学校スポーツの新たなモデル作りを担う筑波大学アスレチックデパートメントの協力体制によりさらに良い教育支援を実現して参ります。


お申込み方法

詳細は以下の学校様の寄贈申込ページ/企業様へのご案内ページをご覧ください。

https://eduship.co.jp/karachalle/


今後の展開

今後さらに「カラチャレ・シリーズ」として「走・跳の運動遊び(陸上運動)編」「表現リズム遊び(ダンス)編」なども開発予定です。これから日本全国で沢山の学校で毎年継続的な授業ができるよう「パートナー企業様」の募集も随時行っております。是非沢山のご連絡・ご参画をお待ちしております。

新たな小学校体育支援サービス「カラチャレ」をこれから宜しくお願い申し上げます!

<エデュシップ株式会社 概要>
「EDUSHIP」は90年に渡り学校教材界を支えてきた教育同人社との共創により、2020年に新たに誕生した「学校教材カンパニー」です。「次の時代を生きる子どもたちに”新たな可能性”を届ける」をビジョンとして、「次世代の学校教材会社」を目指しています。新しい教材開発テーマは学校スポーツ・地球環境・音楽・防災・お金・SDGsなど、今まで「学校向けの教材サービス」が不足していた領域であり、次世代への貢献を目指す「企業・団体・メディア」の皆様と一体となってプロジェクトチームを組み、サービスを共に開発・供給することが最大の特徴です。

【エデュシップ株式会社・概要】
事業内容:学校教材サービスの開発と供給
資本金:10,000,000円
大宮エデュケーショナルセンター:埼玉県さいたま市桜木町1丁目9-4 エクセレント大宮ビル3F
嵐山学校教材サービスプラットフォーム:埼玉県比企郡嵐山町花見台11-8
吉見学校教材サービスプラットフォーム:埼玉県比企郡吉見町西吉見450-9
URL:https://eduship.co.jp/

<本件お問い合わせはこちら>
EDUSHIP エデュシップ株式会社
担当:櫻井・関谷 
mail: karachalle@eduship.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ