BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

“超王道系”ユニット『花いろは from ワンダーウィード』改め『花いろは』が魅せた、新木場で華々しく咲いた”満開”なステージ!! CDリリースや候補生オーディション開催決定!!



凛とした芯のある綺麗さと可愛さを持つ”超王道系”として、アイドルグループの”いろは”を創り上げていくというコンセプトの元、ワンダーウィードから飛び出した、佐倉ちひろ、葵井ここあ、香山ゆきほ、柚木ももな、春澤しおんの5人組アイドルユニット『花いろは from ワンダーウィード』が、9/23(木・祝)に、花いろはワンマンライブ「満開宣言」を、新木場 USEN STUDIO COASTにて実施した。

『花いろは from ワンダーウィード』は、元来のワンダーウィードのコンセプトや楽曲を引き継いでいる”二卵性双生児”の『ワンダーウィード 天』とは異なり、凛とした姿や可愛さを持っている超王道アイドルグループ。

コロナ禍の2020年夏にデビューしたが、約1年間は霧がかかってしまい、なかなか先の見えない世界の中、”超王道”アイドルグループとして成長し、アイドルとしての花を開花し始めた。そんな世界の中で未来へと繋げること、そしてお客様を満開にする意味を込めて挑むこのワンマンLIVE。そんな飽くなき挑戦を、このワンマンLIVEを通して続けていく。

そんな”超王道”アイドルユニットが、新木場USEN STUDIO COASTで、どんな姿を魅せたのか。結果として、その華やかさに観客は魅了され続け、最高の形でこのワンマンLIVEを成功させた。

ステージは白いカーテンが張られており、開演時間になると、そのカーテンにオープニングムービーが映し出された。オープニングムービーは、プロデューサーになるという夢を持つメンバーの春澤しおんが監督を務めている。映像は、各メンバーがスマホを見て、メンバーが集い、未来に向けて歩き出す、という内容。

その後、超王道アイドルにふさわしい、綺麗で可愛いキラキラとしたサウンドに加え、ドラム音が鳴り響き期待感を増すオープニングSEが会場に鳴り響くと、会場の白いカーテンが開き、グループのコンセプトである花と超王道アイドルを象徴するような城が建つ、豪華なセットが登場した。このステージセットが、よりパフォーマンスを彩る。

メンバーは、ステージ中央から登場。

そして、『花いろは from ワンダーウィード』の新木場 USEN STUDIO COASTでのワンマンLIVEは、乙女心を存分に表現するナンバー「シュプレヒコール」で幕開けた。リズミカルなステップや5人の楽しげで掛け合う姿が非常に愛らしく、”恋愛の好き”という気持ちを、綺麗なサウンドに乗せて、歌とダンスで表現するメンバー。早速、超王道アイドルらしい、ドキドキするパフォーマンスを魅せた。

”片思いを形にしたい”と綴る、情景描写のしやすい楽曲「初恋バスストップ」では、華麗なステップと指を振るダンスで、輝かしい姿を魅せると、続いた「花いろファイト!!」では、笑顔でオーディエンスを優しく包み込み、拳を振ってエールを送るようなアクトを展開していった。会場には温かい空気が流れていた。

ここでMCを挟み、自己紹介を行った。

その後は、クラップ全開の中、眩しい夏を、開放的なパフォーマンスを用いて存分に表現したサマーチューン「夏恋バケーション!」、綺麗なピアノサウンドに合わせて軽快にステップしたり、ターンしたりと、軽やかかつキュートな振付が特徴で、女子の恋心を描き体現したナンバー「恋のDIVA」、ピースをするなど明るいアクトを魅せて、グループとしても、個人としても個性を輝かせつつ会場のボルテージをさらに上げた「#恋アカ」、スタートで暗転し、白いライトが点灯する中、しっとりと艶やかなパフォーマンスを見せ、世界観に引き込んだ「流星ストリングス」と続いた。

どの曲でもファンは大盛り上がり。クラップしたり、振りコピしたりと、『花いろは from ワンダーウィード』の魅力に存分に触れ、味わいながら、浸っていく会場。どんどんと気持ちが引き込まれていく。

会場のスクリーンには、インタビュー映像が流れ、「この一年間の活動を振り返って、感謝したい人物は誰か?」という質問に答えていた。


映像が終わると、メンバーが再登場。メンバーは以前から告知されていた新衣装に着替えた。新衣装は、メンバーカラーが基調となったチェックの制服衣装で、メンバーの可愛さをより際立たせていた。

そして新曲を披露することに。新曲のタイトルは、「君想い桜」。この曲は、リーダーである佐倉ちひろが作詞した楽曲である。

この「君想い桜」は、繊細で情景が浮かびやすい歌詞に合わせた、美しいサウンドが特徴的で、そんな美しいサウンドに合わせて、メンバーは緩急を用いたパフォーマンスで、この楽曲を思う存分表現していく。気持ちが入り込んだ歌唱もまた非常に魅力的であった。

新曲の後は、青春ソング「群青色ラプソディー」を披露。リズミカルなサウンドに合わせて、生き生きと元気に躍動するアクトだったり、フォーメーションを変更しながら流動的にパフォーマンスを展開していったりと、魅力を存分に醸し出す。その可憐さと楽曲の青春感が見事にマッチし、このグループの良さを存分に引き出していた。

ワンマンLIVEは後半に差し掛かったが、まだまだ勢いが止めることはない。

10曲目の「キュンなんです。」のイントロでは、メンバーが花が付いたハート型のフレームをステージ上に持ち込み、写メタイムが実施された。その後、この楽曲に入った。指で”きゅん”ポーズを作る振付が特徴的で、女の子の恋愛の多幸感を存分に表現する。可愛らしいパフォーマンスで、ファンをさらにメロメロにしていく5人。可愛らしい表情を浮かべながら、ファンとのアイコンタクトを楽しむ姿が見られた。華麗に歌い、踊る姿にハートが撃ち抜かれる。そんなメンバーへとリアクションするように、クラップがどんどんと大きくなり、会場の熱量が存分に上げていった。

ラブリーなナンバー「ね?」で、その可愛らしさをもっと引き出して、さらに高まっていく会場。疾走感溢れるナンバー「ラビニュー!」でさらに勢いを付けて、LIVEは最高の展開へと進んでいく。

次のMCでは、『花いろは from ワンダーウィード』から重大発表がされた。

1.『花いろは from ワンダーウィード』というグループ名から、“from ワンダーウィード” を外し、『花いろは』として活動開始。
(グループ表記は10月からの変更となる)

2.花いろは 新メンバー候補オーディション開催決定!
(新メンバーの候補生を募集し、メンバー、スタッフ共に意見が一致したメンバーに関しては、新メンバーとして迎え入れる。新体制お披露目LIVEは1月を予定)
3.来春にCDリリース

この3つの発表に、メンバーも観客も喜びの姿を見せていた。

ライブはラストスパートへ。


シンクロ率の高いパフォーマンスとポップなサウンドが特徴の曲「キミラボラトリー」、
こちらもポップに恋心を描いた「トキメキの鍵」でさらに勢いを加速させ、「LOVEバケーション!!!」では、堂々とパフォーマンス。LIVEのスタートから、本編のラストまで、正に”超王道アイドル”を体現するような、美しさと可愛さを両立させたアクトを見せていた。

本編最後は、心の中にある”愛”を説く、ピアノの旋律が美しいナンバー「究極LOVE」を披露。最後まで、全身全霊の熱気溢れるパフォーマンスを見せていた5人。会場はそんな彼女たちの姿を見て、非常に盛り上がり、熱気を帯びた空間へと変貌していた。惜しまれつつ5人がステージを後にすると、観客からアンコールとしてクラップが巻き起こった。

メンバーがTシャツ姿に着替え、再登場すると、ライブの記念撮影を行った。

そしてメンバーが一人一人感想を述べていった。リーダーの佐倉ちひろは、「今までのLIVEで、間違いなく一番のLIVEになりました! 気持ち、思いとか見えた景色とか全部含めて今までで一番だったなと、本当にそう思います!」と感謝と共に、率直な感想を述べて、改めて喜びを表していた。

そしてファンのアンコールに応え、「君想い桜」と「ラビニュー!」を再度披露。ラストまでボルテージは上がり続け、最高潮に達した。こうして、『花いろは』の新木場USEN STUDIO COASTでのワンマンLIVEは大盛況で幕を閉じた。

最高の時間だった。前述の通り、自身の未来のため、そしてアイドルとして花を咲かすと臨んだこのワンマンLIVE。間違いなく彼女たちの未来に繋がるLIVEだったと言える。これからも、さらに大きな花を咲かすため、”超王道”アイドルとして邁進していく、『花いろは』。これからどのように美しい花を咲かせていくのか、今後の動向には目が離せない。


【セットリスト】

M1 シュプレヒコール
M2 初恋バスストップ
M3 花いろファイト!!
M4 夏恋バケーション!
M5 恋のDIVA
M6 #恋アカ
M7 流星ストリングス
M8 君想い桜(新曲)
M9 群青色ラプソディ
M10 キュンなんです。
M11 ね?
M12 ラビニュー!
M13 キミラボラトリー
M14 トキメキの鍵
M15 LOVEバケーション!!!

M16 究極LOVE
ーアンコールー
M17 君想い桜(新曲)
M18 ラビニュー!

【花いろは information】

■花いろは 公式ホームページ

http://hanairoha.com/

■花いろは 公式Twitter @hanairoha_ww

https://twitter.com/hanairoha_ww

■佐倉ちひろ(リーダー) @chihiro__sakura

https://twitter.com/chihiro__sakura

■葵井ここあ @cinnamon_2031

https://twitter.com/cinnamon_2031

■香山ゆきほ @kym_yukipo

https://twitter.com/kym_yukipo

■柚木ももな @mnyan_pi

https://twitter.com/mnyan_pi

■春澤しおん @Shion_DAY0

https://twitter.com/shion_day0

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ