BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

マセラティ スーパースポーツカー MC20 ついに鈴鹿サーキットでシェイクダウン!



日本発-マセラティ ジャパン株式会社(代表取締役:グレゴリー・ケイ・アダムズ、本社:東京都港区)は、マセラティの新時代の到来を告げるスーパースポーツカーMC20のシェイクダウンを、2021年9月23(木)に鈴鹿サーキットで行いました。

MC20は、パフォーマンス、スポーツ性能、ラグジュアリーを兼ね揃えた、マセラティのスタイルを代表するモデルであり、昨年モデナ、東京、ニューヨークで同時発表し、ついに待望の日本上陸となりました。

鈴鹿サーキットのシェイクダウンでは、飽くなき情熱のマセラティのDNAを携え、真の意味で純粋なマセラティのハイパフォーマンスなネットゥーノエンジンのサウンドを響かせました。また、軽量ボディにより、驚異的な重量比重で、加速と最高速度を実現。雷鳴の速さ、羽の軽さを感じさせる刺激的で爽快な走りを見せつけました。

外装色はMC20の専用色として開発された、「Blu Infinito:ブルー・インフィニート」。鮮やかな青が、鈴鹿サーキットを彩りました。このモデル専用に6色(ビアンコ・アウダーチェ、ジャッロ・ジェニオ、ロッソ・ヴィンチェンテ、ブルー・インフィニート、ネロ・エニグマ、グリジオ・ミステロ)の特徴的な専用色が企画、開発、調整され、モデナの工場でペイントされる初のマセラティ・プロダクトになりました。

MC20は、今回のシェイクダウンに一緒に登場した、MC12の後継モデルといえるスーパースポーツカーです。2004年にマセラティはMC12でレースにカムバックを果たしました。先代モデルと同様、マセラティは再びMC20とともにレース界へと復帰をいたします。

最高出力630ps、最大トルク730Nmを発揮する、100%自社開発による新たなV6エンジン「Nettuno(ネットゥーノ)」を搭載し、0-100km/h加速は2.9秒以下、最高速度は時速325km以上を実現しています。

さらに、最高レベルの人間工学によってデザインされ、ブランド初のバタフライ・ドアを採用。目を見張るほどの美しさや走りへの期待感を高めるだけではなく、キャビンへのアクセスを容易にする機能性を携えています。


*諸元表は欧州仕様です。






Maserati S.p.A.
マセラティは、並外れた個性で全車種において一目で認識される唯一無二の車を生産しています。マセラティは、そのスタイル、テクノロジー、そして、もって生まれた高級感により、高度な要求をする目の肥えた人々を魅了し、常に世界の自動車業界のベンチマークとなってきました。成功を収めた車の伝統は、デザイン、パフォーマンス、快適さ、優雅さ、安全性のそれぞれの観点からイタリアのスポーツカーを再定義し、現在70か国以上の市場で販売されています。現在のラインアップは、旗艦車のクアトロポルテ、スポーツセダンのギブリ、そしてマセラティ初のSUVレヴァンテであり、すべてのモデルに最高品質素材の使用し、卓越した技術を兼ね備えていることが特徴です。ギブリとレヴァンテには、トライデントブランド初の電気自動車であるハイブリッドバージョンも用意されています。V6とV8のガソリンエンジン、4気筒のハイブリッドエンジンを搭載し、後輪駆動と4輪駆動を備える充実したラインアップとなっています。パワフルな580ps V8エンジンを搭載した、ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテで構成されるトロフェオコレクションは、性能面においてトライデントブランドのDNAをさらに体現しています。最高級のスーパースポーツカーMC20は、革新的なネットゥーノV6エンジンを搭載し、標準生産車のパワーユニットとして初めてF1由来のテクノロジーを採用しています。現在、マセラティ製品は3つの工場で生産されています。ギブリとクアトロポルテはグルグリアスコ(トリノ)にあるアヴォカート ジョバンニ アニエリ工場(AGAP)で、レヴァンテはトリノのミラフィオーリ工場にて。MC20は、モデナの歴史的なヴィアーレ チロメノッティ工場で生産されています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ