BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

コロナ禍に誕生し、走り続けた1年半を振り返る 文化庁メディア芸術祭にて『劇団ノーミーツ特別展示』出展

短編/長編作品・ポスター・パンフレット・台本などこれまでの制作物を一挙公開!9枚のモニターが連動する演出も。9月23日~10月3日、日本科学未来館にて

昨年の緊急事態宣言下に結成し、「NO密で濃密なひとときを」をテーマにオンライン演劇を主軸に活動する創作集団「劇団ノーミーツ」は2021年9月23日(木)~10月3日(日)、第24回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門で優秀賞を受賞したことを記念し、日本科学未来館にてこれまでのあゆみを振り返る特別展示を出展いたします。



『コロナ禍でもエンタメを止めない』走り続けた劇団ノーミーツの軌跡を一挙公開
 劇団ノーミーツは、脚本家、演出家、舞台監督、俳優、プロデューサー、コピーライター、PRパーソン、テクニカルディレクター、デザインエンジニア、ハードウェアエンジニア、映像作家などさまざまなクリエイターが集まった26人の若手創作集団です。昨年の第一次緊急事態宣言が出た直後に「ただ自宅で自粛するだけでなく、なにかできることはないか」と主宰の広屋佑規、小御門優一郎、林健太郎が3人でにオンラインで集まり、2020年4月9日に結成。一度も会わずに演劇をつくりあげる『劇団ノーミーツ』として、30の短編作品と3回の単独長編公演の興行に挑戦してきました。そのほか、ピューロランドやHKT48をはじめとするさまざまな企業やエンタメチームの方々とコラボレーションして公演やプロジェクトを行うほか、「今年は文化祭も中止になってしまいました…」というある学生から届いたメッセージをきっかけに全国の学生を対象にした『全国学生オンライン演劇祭』を開催したほか、今年の緊急事態宣言中のゴールデンウイークに特別公演として、朝まで役者たちとともに観客が夜明けを待った『夜が明ける』など、エンタメを止めないために走り続けてきた中で、総動員数は3万人を突破し、第24回文化庁メディア芸術エンターテインメント部門にて優秀賞をいただきました。

 今回、受賞を記念して行う特別展示は、『劇団ノーミーツ』としてのこれまでのあゆみを一挙にご覧いただける展示です。高さ2.7メートル、横幅9メートルの巨大な壁面にメインモニター1枚とサブモニター8枚、合計9枚のモニターを取付け、これまでの作品のポスターやパンフレット、台本、紙チケットなどで一面を埋め尽くして装飾しました。モニターでは今回のために制作した1年半を振り返るダイジェスト映像からスタートし、1枚のモニターを囲うように作品の見どころや裏側をサブモニターで映したダイジェスト版の長編作品4本と、通常の短編作品の画面を再配置して構成した短編作品11本をランダムにお楽しみいただけます。9枚のモニターが音楽や演劇のシーンに合わせて呼応し合う演出は、これまでオンラインを活用した演出を作り続けてきた『劇団ノーミーツ』ならではの演出です。『劇団ノーミーツ』が一人ひとりが離れた場所にいながらも、前を向いてひとつの作品を作り続けてきた様子を体感しながらご覧いただける、今回限りの展示内容となっています。

 まだまだ、不安定な状勢が続きますが、『劇団ノーミーツ』はこれからも新しい物語体験を作っていくために走り続けます。一人でも多くの方がこれまでの『劇団ノーミーツ』を知っていただき、これからの『劇団ノーミーツ』を期待していただければ幸いです。

■展示風景


▽1枚のモニターを中心に投影したダイジェスト版の長編作品と画面を再配置して構成した短編作品


■ 特別展示で公開する長編作品ダイジェスト版一覧
1. 第1回長編公演「門外不出モラトリアム」
2. 第2回長編公演「むこうのくに」
3. 第3回長編公演「それでも笑えれば」
4. コラボ公演「VIVA LA VALENTINE」
5. 特別公演「夜が明ける」

■ 特別展示で公開する短編作品一覧
1. ZOOM飲み会してたら怪奇現象起きた…
2. ZOOM面接受けたら空気凍った…
3. 高校のZOOM同窓会開いたら、当時付き合ってた元カノと二人きりになった。
4. 推しアイドルの握手会が中止に…。たとえ画面を隔てていても、想いはきっと届いてる。
5. ZOOMで怖い話してたら、画面にヤバいもの映った…。
6. 誰とも会わずに過ごしてた。家族は誰よりわかってた。
7. 自粛期間の恋人たち。
8. ダルい上司の打ち合わせ回避する方法考えた。
9. ZOOM合コン、事故ったwww
10. いつ会えるか、まだわからない。でもきっと、おうちはまだまだ楽しめる。
11. 説教してたら、それどころじゃなくなった。

【第24回文化庁メディア芸術祭受賞作品展『劇団ノーミーツ特別展示』】
日時:9月23日(木)~10月3日(日)
開催時間:10:00-17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:2021年9月28日(火)
会場:日本科学未来館
入場料:無料
来場予約:https://www.e-tix.jp/j-mediaarts/#exhibition
※各回入場開始30分前までチケット申し込み可能、定員に達し次第受付終了

【クレジット】
企画・全体設計・ディレクター:岐阜健太
企画・プロデュース:梅田ゆりか
アートディレクター:目黒水海
映像ディレクター:岩崎裕介
ダイジェスト映像編集:高橋直樹(OND°)
ダイジェスト映像楽曲制作:av4ln
公演映像監修:小御門優一郎
PR:小田切萌
ビジュアル撮影:水落大
制作:オツハタ、上谷圭吾、菅波和也、成島克俊、松永夏紀、佐藤瑞葉
製作:広屋佑規
企画・製作:劇団ノーミーツ

劇団ノーミーツとは



「NO密で濃密なひとときを」をテーマに、オンライン演劇を主軸に活動するオンライン劇団。昨今の状況下で新たなエンタメの形を模索すべく、一度目の緊急事態宣言直後の2020年4月9日に結成。演劇、映画、広告、イベント業界の若手クリエイターが結集し、これまでTwitterをはじめとするSNSに20作品以上の「140秒Zoom演劇」作品を投稿、累計再生数は3000万回を突破。長編リモート演劇として『門外不出モラトリアム』『むこうのくに』『それでも笑えれば』の3公演を上演し、有料チケット制ながら14,000人以上を動員。60th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSクリエイティブイノベーション部門ACCゴールド、第24回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞受賞。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ