BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

バスケ経験者の6割以上が、足裏の豆や皮がめくれる経験あり 足裏を痛めた原因、第1位「靴ずれ」62.2%

~94.6%が「肉球・足裏サポーターを利用したい」と回答~

有限会社トロフィー佐藤(本社:東京都墨田区 、代表取締役社長:佐藤健志)は、12歳~15歳の子供を持つ38歳以上の母親又は父親111名を対象に、「バスケ経験者のお子様の足裏の痛み」に関するアンケート調査を実施しましたのでお知らせいたします。



調査概要

調査概要:「バスケ経験者のお子様の足裏の痛み」に関するアンケート調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年7月13日~2021年7月14日
有効回答:12歳~15歳でバスケ経験があり、足裏を痛めた経験のある子供を持つ38歳以上の母親又は父親111名


サマリー






バスケ経験者、足裏の痛みの状態について「豆になっていた」や「皮がめくれていた」の声多数

 「Q1.あなたの子供は、足裏を痛めた際足裏はどのような状態でしたか?(複数回答)」(n=111)と質問したところ、「豆になっていた」が67.6%、「皮がめくれていた」が64.9%、「水膨れになっていた」が60.4%という回答となりました。

Q1.あなたの子供は、足裏を痛めた際足裏はどのような状態でしたか?(複数回答)
・豆になっていた:67.6%
・皮がめくれていた:64.9%
・水膨れになっていた:60.4%

・皮膚の色が変色していた:36.0%
・その他:12.6%
・わからない:0.9%
・何も変化はない:4.5%


他にも「腫れていた」や「破れて何も出来なくなる」の声

 Q1で「わからない」「何も変化はない」と回答した以外の方に、「Q2.Q1で回答した以外に、当てはまる足裏の状態があれば教えてください。(自由回答)」(n=105)と質問したところ、「腫れていた」や「破れて何もできなくなる」など78の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・42歳:赤くなる
・40歳:ひどいむくみがあった
・55歳:豆がつぶれた
・44歳:腫れていた
・54歳:角質が厚くなる
・47歳:足裏ではないのですが、インナーソールが破れていました。
・54歳:硬くなっていて,痛そうでした
・47歳:靴擦れが起きて少し赤くなって、腫れていました
・58歳:足の裏が赤くなっていた。みずぶくれになりかけがあった。
・45歳:タコがあたる
・55歳:固くなり、削る状態。
・44歳:見た目には分からないが、歩くと痛みが出るという症状。
・62歳:破れて何もできなくなる
・44歳:かさつくことが増えた
・43歳:皮膚の中に異物が入っていた。
・58歳:日常的に皮がめくれ、まめになる
・49歳:出血がある
・45歳:ぐぢゅぐぢゅした形になった
・50歳:においがひどくなる
・61歳:血豆


足裏を痛めた原因、第1位は「靴ずれ」62.2%

 「Q3.あなたの子供は、足裏を痛めた原因はなんだと考えていますか?(複数回答)」(n=111)と質問したところ、「靴ずれ(バスケットシューズが合っていなかった)」が62.2%、「過度な練習量」が44.1%、「クッション性の低い靴の使用」が39.6%という回答となりました。

Q3.あなたの子供は、足裏を痛めた原因はなんだと考えていますか?(複数回答
・靴ずれ(バスケットシューズが合っていなかった):62.2%
・過度な練習量:44.1%
・クッション性の低い靴の使用:39.6%

・爪が長かった:35.1%
・靴下に穴が開いていた:33.3%
・靴紐が緩かった:30.6%
・バッシュが壊れていた:23.4%
・足の柔軟性の低下:23.4%
・足の筋力の低下:22.5%
・その他:5.4%
・わからない:0.9%


他にも「足の使い方」や「クッション性の欠乏」の声

 「Q4.Q3で回答した以外に、足裏を痛めた原因があれば教えてください。(自由回答)」(n=110)と質問したところ、「歩き方が、内股ぎみ」や「足の裏の筋肉不足による、クッション性の欠乏。」など76の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・40歳:蓄積した疲労
・41歳:歩き方、走り方
・54歳:走る時のフォームが乱れる。
・52歳:靴底のソールが原因
・54歳:走り過ぎ
・58歳:栄養不足
・39歳:運動不足
・44歳:本人の足の使い方もあるとおもう。軽いが内股なので。
・62歳:靴が合ってない
・58歳:練習の疲労による
・47歳:痩せすぎているため、足の裏の筋肉不足による、クッション性の欠乏。
・50歳:足を良く洗ってないからかも。
・48歳:クッションがダメダメ
・50歳:筋肉疲労
・44歳:力入れすぎ
・55歳:歩き方が、内股ぎみ。


94.6%のバスケ経験者が「肉球・足裏サポーターを利用したい」と回答

 「Q5.あなたの子供は、バスケットボールをする際、履くだけで足裏の痛みを軽減し、足裏本来の機能回復もサポートする 「肉球・足裏サポーター」があれば利用してみたいと思いますか?」(n=111)と質問したところ、「非常に思う」が55.9%、「少し思う」が38.7%という回答となりました。

Q5.あなたの子供は、バスケットボールをする際、履くだけで足裏の痛みを軽減し、足裏本来の機能回復もサポートする 「肉球・足裏サポーター」があれば利用してみたいと思いますか?
・非常に思う:55.9%
・少し思う:38.7%

・あまり思わない:5.4%
・全く思わない:0.0%
・わからない:0.0%


肉球・足裏サポーターについて、71.4%が「痛みの軽減に加え、足裏の機能回復もサポートすることができるから」と期待の声

 Q5で「非常に思う」「少し思う」と回答した方に、「Q6.その理由を教えてください。(複数回答)」(n=105)と質問したところ、「痛みの軽減に加え、足裏の機能回復もサポートすることができるから」が71.4%、「プレーの質を高められるから」が57.1%、「時間や知識にとらわれず簡単に利用できるから」が55.2%という回答となりました。

Q6.その理由を教えてください。(複数回答)
・痛みの軽減に加え、足裏の機能回復もサポートすることができるから:71.4%
・プレーの質を高められるから:57.1%
・時間や知識にとらわれず簡単に利用できるから:55.2%

・練習に集中することができるから:46.7%
・一時的によくなっても繰り返すことが多かったから:35.2%
・当初は痛みを感じても我慢することしかできなかったから:26.7%
・その他:5.7%
・わからない:0.0%


他にも「痛みを気にせず思いきりプレイをしてほしい」や「毎日の練習で休むことも出来ないので」など、肉球・足裏サポーターに期待の声多数

 「Q7.Q6で回答した以外の理由があれば教えてください。(自由回答)」(n=105)と質問したところ、「痛みを気にせず思いきりプレイをしてほしいから。」や「毎日の練習なので、休むことも出来ないので。」など69の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・40歳:負担を少しでも減らしてあげたい
・55歳:足裏を守ることで足首などにも負担が減ると思う
・41歳:痛いのがかわいそうだから。
・54歳:手軽に処置が出来る。
・50歳:アイテムの効力に頼りたい
・58歳:足の痛みが軽くなるなら使いたい
・57歳:とてもよく効きそう
・58歳:安心できる
・44歳:痛みを気にせず思いきりプレイをしてほしいから。
・58歳:適度な疲労回復の効率よくなる
・41歳:効きそう
・47歳:まさにこれさえあれば解決するから。
・50歳:毎日の練習なので、休むことも出来ないので。


まとめ

 今回の調査では、12歳~15歳でバスケ経験があり、足裏を痛めた経験のある子供を持つ38歳以上の母親又は父親111名を対象に「バスケ経験者のお子様の足裏の痛み」に関するアンケート調査を実施しました。まず、親御さんにお子様の足裏の痛みの状態について聞いてみたところ、「豆になっていた」や「皮がめくれていた」といった回答が多く集まりました。他にも「腫れていた」や「破れて何も出来なくなる」といった声も寄せられています。また、足裏を痛めた原因は「靴ずれ(バスケットシューズが合っていなかった)」が最も多い要因であり、他にも「足の使い方」や「クッション性の欠乏」などの回答が挙げられています。

 そこで、「バスケットボールをする際、履くだけで足裏の痛みを軽減し、足裏本来の機能回復もサポートする 『肉球・足裏サポーター』があれば利用してみたいか」と質問したところ、9割以上の親御さんから「利用したい」との声が集まりました。その理由としては、「痛みの軽減に加え、足裏の機能回復もサポートすることができる」や「プレーの質を高められるから」といった回答が多く、他にも「痛みを気にせず思いきりプレイをしてほしい」や「毎日の練習で休むことも出来ないので」など、肉球・足裏サポーターに期待の声が多く集まりました。

 運動量の多いバスケットボールは足裏への負担も大きく、痛みを我慢してプレーしているお子様も多くいるのかもしれません。肉球・足裏サポーターは、そんなお子様への「負担を少しでも減らしてあげたい」「痛みを気にせず思いきりプレイをしてほしい」という思いを手助けしたいと思っています。


肉球・足裏サポーター 商品概要


肉球・足裏サポーター
商品名 :肉球・足裏サポーター
サイズ :男性用 25~27cm、女性用 22~25cm
カラー :男性用 黒×青、女性用 黒×グレー
定価  :5,500 円(消費税込)
購入場所:商品サイト内
URL  :http://www.ashiura-supporter.com



会社概要

社名  :有限会社トロフィー佐藤(https://www.grand-prix.jp/
代表者 :代表取締役社長 佐藤健志
所在地 :〒130-0005 東京都墨田区東駒形1-5-5
資本金 :3,500万円
事業内容:オリジナル商品・記念品の企画製造
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ