BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

テトラ・アビエーションが開発する「空飛ぶクルマ」(eVTOL)、新機種”Mk-5”を米国にて初公開し、予約販売を開始。

7月26日から米国で開催されているEAA AirVenture Oshkosh 2021に出展し、新機種Mk-5のコンセプト動画も公開しました。

世界最大級の航空ショーであるエアベンチャーオシュコシュ2021にて購入予約のための有料ミーティングのアポイントを獲得し、8月にはカリフォルニア州で認証取得に向けた飛行試験を開始します。


テトラ・アビエーション株式会社(本社:東京都文京区、福島支社:福島ロボットテストフィールド内、代表取締役 中井佑、以下当社)は7月26日(米国時間)に日本で開発した新機種Mk-5(読み:マークファイブ)を一般に初公開しました。


2021年7月、福島ロボットテストフィールド屋内飛行場にて撮影

当社は2020年2月に米国で開催された国際航空機開発コンペGoFlyにおいて唯一の賞金獲得チームとしてディスラプター賞を獲得し、その後1年をかけて本新機種Mk-5を開発してきました。


イベント初日、オープン時

Mk-5は固定翼に32個のローターにより垂直方向へ飛行し、尾翼にある1個のローターで水平方向への飛行を行うeVTOL(垂直離着陸型航空機)となります。32個のローターの4つが故障した場合でも安定した飛行を行うことができます。
今後、個人顧客向けに40機ほどの予約を獲得し、予約から1年後のデリバリーを実現します。
当社は米国ではプライベートパイロットライセンスを持つ富裕層向けに販売することで顧客コミュニティを形成し、ユーザーとともに次世代のeVTOLを開発し、量産へつなげていきます。


AERO NEWS NETWORKのRex J. Alexander氏からインタビューを受ける代表中井佑

また現地時間7月31日8時30分(日本時間7月31日22時30分)からEAARadioへの出演も決定しています。
こちらのラジオはラジオアプリTUNEINをご利用いただくことで日本からも視聴可能です。

Mk-5のコンセプトと製品仕様についての動画も合わせて公開しました。




引き続き日米の開発拠点を行き来し、資金調達をしながら開発を進めてまいります。

【Mk-5製品仕様:Mk-5 Specification】
※現行はSN2、次機がSN3




These specifications will be updated according to Series Number(SN)
Note : The delivery model will be SN3 or larger number model
General Specifications 
Description
 Single seat eVTOL /Kit-Plane / Full Electric
Classification
 Homebuilt / Experimental (USA)
Controls
 Joystick, fly-by-wire electrical controls
Structure
 Aluminum + CFRP (SN2)
 CFRP/aramid combined crumble cabin (SN2)
Safety
 Dual-FC redundancy (SN2)
 Triple-FC redundancy(SN3)
 Fault-tolerant 32 fixed lift units
 4 redundant elevon pairs
 Ballistic parachute (SN3)
Operator (Single)
 174 lbs (SN2)
 200 lbs (SN3)
Size
 8620 mm wide 6150 long 2510 mm high
Weight
 488 kg (empty) (SN2)
 567 kg (MTOW)
Battery
 13.5 kWh (SN2)
Range
 76 km (SN2) 151 km (SN3)
Static thrust (max.)
 V-Prop 774 kgf
 H-Prop 75.1 kgf (SN2) H-Prop 125 kgf (SN3)
Performance (Max. Take-off Weight)
 Cruise Speed 108 km/h (SN2)
 Cruise Speed 144 km/h (SN3)
 Stall speed 0 mph
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ