BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

【日本初】ホームステージングに関するガイドラインを公開

~健全なホームステージングの浸透を目指す~

 快適な住まいと暮らしを実現するための様々な問題を専門知識と技術で解決することで、住まいの価値や暮らしの質を高めるホームステージング(※1)の普及活動を行う一般社団法人日本ホームステージング協会(東京都江東区/代表理事:杉之原 冨士子、以下 日本ホームステージング協会)は、ホームステージングの指針となる基本的な考え方を示したガイドライン「ホームステージングガイドライン」を6月23日よりWEBサイト(https://www.homestaging.or.jp/file/guidelines.pdf)上で公開いたします。






「ホームステージングガイドライン」策定の背景 [日本ホームステージング協会]

 2017年頃から不動産業界をはじめ、リフォーム業界など様々な業界においてホームステージングの導入が活発になり、日本全国でホームステージングサービスが行われるようになりました。また、コロナ禍となった2020年からは非接触型のVRホームステージングも急激に拡大しています。
 このようにホームステージングビジネスの本格的な広がりが見られる一方で、事業者や消費者からはホームステージングに対する質問や疑問、そしてトラブル報告等が寄せられるようになりました。トラブルの事例としては「家具の搬入の際の傷や汚れ」「責任の所在が不明確」等の報告がありました。
 そこで、日本ホームステージング協会は、今回は主に不動産業界でのホームステージングについての統一したルールを定めることで、これらのトラブルを回避し、本来あるべきホームステージングを普及すべく、本ガイドラインの策定に至りました。


主な掲載内容

1.目的
2.対象
3.教育・指導・トラブル情報の報告及び共有
4.行動指針
5.コンプライアンスの遵守
6.ホームステージングサービスの提供
7.見積書または明細書の提示と説明
8.情報ツールの表記
9.安全、衛生の基本
10.新型コロナウイルス感染等の予防対策
11.損害保険の付保
12.トラブル防止および相談窓口の設置
13.VRホームステージングの表記
14.商標登録の使用について
15.取得商標登録一覧


対象者

・ホームステージングを提供する事業者
・ホームステージャー(※2)


閲覧方法

以下Webサイトより、どなたでも自由に閲覧いただけます(弊社サービスのご利用有無を問いません)
【URL】https://www.homestaging.or.jp/file/guidelines.pdf


日本で唯一ホームステージングの普及をする一般社団法人日本ホームステージング協会代表理事杉之原からのコメント


一般社団法人日本ホームステージング協会代表理事:杉之原
 当協会がホームステージングを日本に普及しはじめてから、ようやくホームステージングが中古住宅流通活性化の新たな販売手法として注目され、今では多くの大手不動産会社が導入するようになりました。
 今後ホームステージングが様々な方面で活用され、より多くの皆さまに求められるサービスになるためには、ホームステージングの指針となる基本的な考え方を明確にすることが必要です。本ガイドラインを策定することは、ホームステージングを健全に発展させ、広める使命を担う当協会の務めなのです。まずは、第一弾としてここに発表いたします。


【不動産業者へアンケート調査実施】64.9%が「ホームステージングに明確なガイドラインを希望」

 ガイドラインを策定するにあたり、ホームステージングを認知する不動産営業担当者108名を対象に「ホームステージングとガイドライン」に関するアンケート調査を実施しました。

<調査概要>
調査概要:ホームステージングとガイドラインに関する調査
調査方法:インターネット調査
期間  :2021年6月11日~2021年6月15日
有効回答:ホームステージングを認知している不動産営業担当者108人


およそ4割の不動産営業担当者が「ホームステージングを利用することに不安やためらいを実感


Q1.中古不動産の営業をする上でホームステージングを利用することに、あなたは不安やためらいを感じますか。



不安を感じる理由、第1位「コスト」、第2位「悪評・口コミ」、第3位「ルールの不在」


Q2.どのような点で不安やためらいを感じますか。(複数回答)



不安を感じる点として「指標が定まっていない」「物件を傷つける恐れ」などの声

 Q2で「わからない/答えられない」以外を回答した方に対し「Q3.Q2で回答した以外に、不安やためらいを感じる点があれば自由に教えてください。(自由回答)」と質問したところ、「いろいろな指標がまだ定まっていないと思う」「物件を傷つける恐れがある」など、24件の回答が得られました。

Q3.Q2で回答した以外に、不安やためらいを感じる点があれば自由に教えてください。(自由回答)



64.8%が「ホームステージングに明確なガイドラインが欲しい」と回答


Q4.あなたはホームステージングに明確なガイドラインが欲しいと感じますか。



ガイドラインの必要性、「料金体系」という点から具体的な意識の高まりが見られる


Q5.どのような点でガイドラインが必要だと思いますか。(複数回答)



「明確な正解がない」「責任の所在が明らかでないことが多い」などの問題から、ガイドラインの必要性を実感

 Q5で「わからない/答えられない」以外を回答した方に対し「Q6.Q5で回答した以外に必要だと思う理由があれば、自由に回答してください。(自由回答)」(n=68)と質問したところ、「明確な正解などが無いので、わかりやすく、理解出来るマニュアルなどが有ると助かります」「トラブル発生時の責任の所在が明らかではないことが多い」など、36件の回答を得ることができました。

Q6.Q5で回答した以外に必要だと思う理由があれば、自由に回答してください。(自由回答)



ホームステージングに関することで起こったトラブル体験、「イメージとの違い」「料金が不明瞭」等


Q7.ホームステージングに関することで、実際に経験した出来事があれば教えてください。(複数回答)



具体的なエピソード、「広さによって家具が異なるので金額がはっきりしない」「判断するのに困った」など

 Q7で「わからない/答えられない」以外を回答した方に対し「Q8.差し支えなければ、その出来事について具体的に教えてください。(自由回答)」と質問したところ、「クロスの破損があった」「広さによって家具が異なるので金額がはっきりしない、広さではなくもの一つ一つで値段を決めたい」など、24件の回答を得ることができました。

Q8.差し支えなければ、その出来事について具体的に教えてください。(自由回答)



日本ホームステージング協会について




 日本ホームステージング協会では、日本の住宅事情に合った日本独自のホームステージングを体系化し、ホームステージャーの育成と普及活動を行っています。併せて、住宅に関連するすべての業界の活性化と一人ひとりの住まいや暮らしに役立てられるよう、事例を収集・分析したホームステージング白書も発行しています。現在、法人会員企業は63社(団体含む)となり、ホームステージャー資格取得者は日本全国(一部海外含む)で、3,851人です(2021年5月末日現在)。日本ホームステージング協会では今後も、ホームステージングの知識と実務のノウハウを持った人材「ホームステージャー」の育成と、各地域のホームステージャーを育成する認定講師の育成など、様々な企業と連携した取り組みで、ホームステージングの普及を目指します。

※1 日本ホームステージング協会では、快適な住まいと暮らしを実現するための様々な問題を専門知識と技術で解決することで、住まいの価値や暮らしの質を高めることをホームステージングと定義しています。
※2「ホームステージング」の基礎知識と実践ノウハウを習得した日本ホームステージング協会認定資格の保有者


ホームステージングとは

 快適な住まいと暮らしを実現するための様々な問題を専門知識と技術で解決することで、住まいの価値や暮らしの質を高めることをホームステージングと定義しています。具体的には、片付け・掃除・廃棄・保管これらに関連する物流知識・インテリア・小物の活用、時には遺品整理を含めて、より快適な暮らし、住み心地のよい住まいを実現するための専門知識や技術で構成されています。
(詳しくはこちら:https://www.homestaging.or.jp/about/homestaging/


組織概要

名称  :一般社団法人日本ホームステージング協会
設立  :2013年8月19日
事務局 :〒135-0042 東京都江東区木場6丁目4-2 KIビル4F
電話番号:03-6810-5708
URL  :https://www.homestaging.or.jp/
代表理事:杉之原 冨士子
事業内容:日本の住宅事情に合わせたホームステージングを体系化し、知識とノウハウをホームステージャー認定講座で提供。ホームステージャーを活用した企業サポート等を実施。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ