BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

世界中のセレブを魅了する刺激的且つ新しい形のエンターテインメント「MADAM WOO / マダム・ウー 」、待望の2号店「MADAM WOO OSAKA」を大阪・心斎橋にオープン

ミュージック、ファッション、アートが融合する官能的でアーティスティックなジェントルマンズクラブとして話題を呼んできた「Madam Woo」。大阪の心斎橋2号店は渋谷・道玄坂の店舗の2倍の面積を誇る。


株式会社 ウーフー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森 隆三)は、2021年4月末に渋谷・道玄坂のジェントルマンズ・クラブ「MADAM WOO / マダム・ウー 」の待望の2号店「MADAM WOO OSAKA」を大阪・心斎橋にオープン致しました。



2018年のオープン以来、国内外のセレブやVIPが多数来店し大きな話題を呼んできた、渋谷・道玄坂のジェントルマンズ・クラブ「MADAM WOO」。ミュージック、ファッション、アートがクロスオーバーし、セクシーなMADAM WOO DANCERの官能的なダンスやトップ・クラスのヒップホップDJたちが演出する、刺激的且つ新しい形のエンターテインメントを提供する新空間が、大阪の心斎橋に誕生しました。

ニューヨークのチャイナタウンと東京の境界がなくなったNEO TOKYOという近未来で、架空の烏婦人(MADAM WOO)が経営するクラブをコンセプトにした「マダム・ウー」。

本場ニューヨークのオーセンティックなジェントルマンズ・クラブのイメージをフューチャリスティックに再解釈したMADAM WOO TOKYOと同じく、プロデューサーはRYUZO, 内装デザインはYOSHIROTTEN (YAR)が担当しました。

渋谷の2倍の面積の206平米を誇る大阪店では、幅約7メートルのポール・ダンサー用のポールが2本設置されたステージや、最先端技術を用いたライティング設備、大画面LEDスクリーンなどに映し出されたYOSHIROTTENによるグラフィックなど、 YOSHIROTTENの世界観が遺憾なくグレードアップして発揮された空間が実現しました。今後は定期的にアーティストを誘致しライブも行っていく予定です。

また、店内には空山基氏による「セクシー・ロボット」のスカルプチャーが展示されている他、同氏の描き下ろしたMADAM WOO のキャラクター「セクシー・ロボット・ポール・ダンサー」の限定アイテムも販売致します。

MADAM WOO OSAKAでしか体験できないエキサイティングなエンターテイメントにご期待ください。
空山基氏によるスカルプチャー
VIP エリア
<MADAM WOO OSAKA 限定アイテム>
WOO OSAKA x SORAYAMA x YOSHIROTTEN EXCLUSIVE T SHIRT
カラー:BLACKとWHITEの2色展開
サイズ:M~XL
金額:¥4,950-(税込)

■SHOP INFORMATION
MADAM WOO OSAKA
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-5-6 ミューズ389ビルB1F
電話:06-6226-7289
営業日:火曜日~日曜日(月曜定休日)
席数:VIP 8テーブル / カウンター 10席
Instagram:https://www.instagram.com/madamwoo_osaka/

■PRODUCER:RYUZO
ラッパーとしてキャリアをスタートし、現在は実業家/経営者としてMADAM WOO TOKYOやレコード・バー:BLOODY ANGLEなどを手掛けてきたRYUZOが、MADAM WOO OSAKAもプロデュースを手掛けています。日本では初となる本格的なジェントルマンズ・クラブをMADAM WOO TOKYOで成功させ、満を持して2号店を大阪にオープンさせました。
RYUZO:https://www.instagram.com/ryuzorrated/

■DESIGN :YOSHIROTTEN(YAR)
内装のプロデュースやブランディングを手掛けるのは、近年は「Radio Hermes」(2019年)のディレクション/デザインや「HYPEFEST」(2018年)のヴィジュアルなどを手掛け高い評価を得たYOSHIROTTENと、同氏が率いるクリエイティヴ・スタジオ:YARがMADAM WOO TOKYOと同様、担当。
YOSHIROTTEN:https://www.instagram.com/yoshirotten/

■ART : HAJIME SORAYAMA
驚異的な写実力を武器に、人体と機械の美 を追求した作品で、国内外で伝説的な存在となっているアーティスト。
その名を世に知らしめた「セクシーロボット」シリーズ(1978 年-)では、女性の人体美をロボットに取り込んだ表現で、その後のロボットのイメージ形成に大きな影響を与えてきた空山基氏のセクシーロボットを店内に展示しています。空山氏は渋谷店のオープニングの際に、MADAM WOO の為に「セクシー・ロボット・ポール・ダンサー」の描き下ろしを提供。
HAJIME SORAYAMA:https://www.instagram.com/hajimesorayamaofficial/

■MUSIC
音楽を手掛けるのは、クラブ・シーンで活躍するトップのヒップホップDJたち。大阪だけでなく、MADAM WOO TOKYOのレギュラーDJたちも定期的に大阪店でプレイする予定です。上質なヒップホップ・サウンドを提供することを徹底的にこだわり、DJ同様、クラブ・シーンで日々活躍するMADAM WOO DANERSたちも空間を彩ります。今後は定期的にアーティストを誘致しライブも行っていく予定です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ