A.3 神様の依り代

 古来より、神は木や岩などの自然物に降臨すると信じられてきた日本。その際に神が降りるものを「依り代」と呼び、門松も歳徳神に降臨してもらうための依り代になります。この家は、神様を迎える準備ができているかどうかの目安となるので、実物を飾るのが無理な人は、門松の絵を描いたお札をドアに貼るなどしましょう。