日本のヘアヌード解禁から30周年。猥褻の歴史を解剖した労作【宝泉薫】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

日本のヘアヌード解禁から30周年。猥褻の歴史を解剖した労作【宝泉薫】

安田理央著『ヘアヌードの誕生』書評


「ヘアー、それはたかが陰毛であり体毛に過ぎない。しかし、女性のそれが見えたか、見えないか。見せようとする側と決して見せまいとする側は、泣き笑いかつ死に物狂いの戦いを繰り広げてきた。その攻防の歴史を追うことは、日本人にとっての猥褻観とは何かを突き詰めることであり、否定しようのない日本文化史なのである。」(「はじめに」より)。著者安田理央氏が、ヘアヌード30周年を機に書き下ろした『ヘアヌードの誕生 芸術と猥褻のはざまで陰毛は揺れる』(イースト・プレス)を刊行し、話題になっている。作家・芸能評論家の宝泉薫氏が本書の魅力を語る。


 

安田理央著『ヘアヌードの誕生 芸術と猥褻のはざまで陰毛は揺れる』(イースト・プレス)

 

■「エロのツボは人それぞれ」ゆえに

 

 なんでもあり、というのは便利かつ有用な言葉で、実際、大きな迷惑さえかけなければ、世の中のたいていのことはなんでもありでいい。性的嗜好などはその最たるものだ。

 しかし、人間は太古の昔からその「性的嗜好」というものに制限を加えてきた。政治や宗教、あるいは個人個人の感覚の集合体である共同幻想によって、だ。

 本書『ヘアヌードの誕生 芸術と猥褻のはざまで陰毛は揺れる』(安田理央)はそんな歴史の不思議さ、ひいてはマヌケさを解剖しようとしたものに思われる。

 女性の陰毛を描くこと、見ることを「猥褻」なものとしてタブー視するスタンス。だからこそ、描きたい、見たいという欲求が嵩じて、それが芸術の探求や商品の流通につながってきた経緯。そして、実際に描いたり見たりできるようになったら、わりとどうでもよくなってしまったという顛末。

 著者はそういうものに関心を持ち、丹念に調べ上げ、ときに俯瞰し、ときに細部のディテールにこだわりながら、実態を浮き彫りにしようとする。なかなかの労作である。

 ただ、いかんせん、性的嗜好はなんでもありで千差万別だ。著者の言葉を借りるなら「エロのツボは人それぞれ」(259頁)である。

 それゆえ、この本をどれだけ関心を持って読めるかは、陰毛への興味の多寡にけっこう左右されるのではないか。ヘアヌードブームなんてものが存在したくらいだから、一時はかなりの人が似た興味を共有したのだろうが、そうじゃない人も少なくない。

 かく言う筆者も「そうじゃない」側のひとりだ。生まれてこのかた、女性の陰毛に興味を持ったことはほとんどなく「ヘアヌード」は今も昔もブームのさなかも、ずっと他人事だった。陰毛のない陰部やその持ち主を指す「パイパン」という言葉もよくわからず、さっき調べたくらいだ。

 にもかかわらず、本書には筆者がかつて書いた文章が引用されたり、集めたデータが紹介されたりしている。20年前に出した「別冊宝島Real アイドルが脱いだ理由(わけ)」という本のなかの文章やデータだ。

 光栄な話だが、複雑な気分でもある。20年前のその本は「ヌード」よりも「アイドル」について書いたもの。具体的にいえば、ヌードになることをアイドルの「死」ととらえ、その哀しさと美しさを描こうとしたものだからだ。

 アイドルの生命は着衣でこそ保たれる。肌の露出はせいぜい、水着まででとどめるべきだろう。それゆえ、アイドル、あるいはアイドル的だった女優などのヌードはむしろ残念なことだったりする。宮沢りえあたりは史上最も残念なアイドルだ。

 ちなみに「アイドルが脱いだ理由」については、再編集したものが3年前に世に出た。『文春ムック あのアイドルがなぜヌードに』(文藝春秋)である。

 編集兼発行人はかつて「週刊文春」編集長時代に「ノー・ヘアヌード」宣言をして話題になった人物。あとがきでは、こんなことを書いている。

「それにしても昭和の人間には、ヌードより可愛かった時代のアイドル写真の方が青春を感じさせてくれます」

 筆者も同感だ。

宮沢りえのヘアヌード写真集『サンタフェ』(撮影:篠山紀信)

 

 

次のページ80年代前半、少女ヌードが一種の抜け穴になっていた…

KEYWORDS:

※カバー画像をクリックするとAmazonサイトにジャンプします

《著者紹介》

安田理央(やすだ・りお)

1967年埼玉県生まれ。ライター、アダルトメディア研究家。美学校考現学研究室(講師:赤瀬川原平)卒。主にアダルトテーマ全般を中心に執筆。特にエロとデジタルメディアとの関わりや、アダルトメディアの歴史をライフワークとしている。AV監督やカメラマン、またトークイベントの司会や漫画原作者としても活動。主な著書として『痴女の誕生 アダルトメディアは女性をどう描いてきたのか』『巨乳の誕生 大きなおっぱいはどう呼ばれてきたのか』『日本エロ本全史 』(すべて太田出版)、『AV女優、のち』(角川新書)、『日本縦断フーゾクの旅』(二見書房)、雨宮まみとの共著『エロの敵』(翔泳社)など。

オススメ記事

宝泉 薫

ほうせん かおる

1964年生まれ。主にテレビ・音楽、ダイエット・メンタルヘルスについて執筆。1995年に『ドキュメント摂食障害―明日の私を見つめて』(時事通信社・加藤秀樹名義)を出版する。2016年には『痩せ姫 生きづらさの果てに』(KKベストセラーズ)が話題に。近刊に『あのアイドルがなぜヌードに』(文春ムック)『平成「一発屋」見聞録』(言視舎)、最新刊に『平成の死 追悼は生きる糧』(KKベストセラーズ)がある。ツイッターは、@fuji507で更新中。 


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

ヘアヌードの誕生 芸術と猥褻のはざまで陰毛は揺れる
ヘアヌードの誕生 芸術と猥褻のはざまで陰毛は揺れる
  • 安田 理央
  • 2021.06.06
平成の死: 追悼は生きる糧
平成の死: 追悼は生きる糧
  • 薫, 宝泉
  • 2019.04.28
痩せ姫 生きづらさの果てに
痩せ姫 生きづらさの果てに
  • エフ=宝泉薫
  • 2016.08.26