僕が婚活市場で出会った “こじらせ美女” との夜の交情【石神賢介】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

僕が婚活市場で出会った “こじらせ美女” との夜の交情【石神賢介】

『57歳で婚活したらすごかった』著者・石神賢介のリアル婚活レポート第4回

 

■行為中に犬に尻をなめられる

 

 ベッドサイドの電話のコール音で目が覚めた。時計を見ると深夜の1時半だ。30分くらいうとうとしたようだ。誰だろう? ベッドのかたわらの受話器をとる。

  「なんで眠っちゃうの!」

 いきなり怒鳴られた。マイさんの声だ。

 「はあ……」

 状況がすぐには理解できない。

 「何度もスマホに電話しているのに!」

 「そうなの……?」

 スマホを確認すると、確かに5回、着信があった。

 記憶が少しずつよみがえってくる。マイさんとホテルに入ったものの、いざというときに彼女が泣きだして、帰られてしまったのだ。

 彼女は帰宅して、すぐに電話しているらしい。僕がスマホにでないので、ホテルにかけたのだ。

 「さっき、マイちゃん、泣いちゃったでしょ?」

 「うん」

 「それで帰ったでしょ?」

 「うん」

 「それで、マイちゃんがいなくなったら、すぐ眠っちゃったわけ?」

 「気づいたら眠っていた」

 「よく眠れるよね? マイちゃん、大丈夫かな、って心配じゃなかったわけ? ふつうは気になって電話くれるでしょ!」

 「ごめんなさい」

 謝るしか、対応が思いつかなかった。まだ僕の脳は覚醒していない。とにかくこの場を収めたい。

 「来て!」

 「えっ?」

 「今からマイちゃんのうちに来て!」

 彼女の家は渋谷からはすぐだ。深夜だから、タクシーで5分もかからないだろう。でも、眠りたい。

 「今、眠りたいと思ったでしょ?」

 するどい。

 「来て!」

 彼女は早口で住所を言った。僕に選択肢はなさそうだ。電話を切っても、何度もかけてくるだろう。スマホも合わせて、すでに6回目のコールなのだ。

 覚悟を決めてホテルを出て、10分後にはマイさんの部屋のインタフォンを押していた。

 部屋に入るなり、犬が鳴き始めた。トイプードルのケンちゃんとミミちゃんだ。オスのケンちゃんは深夜の見知らぬ侵入者を警戒し、離れたところでうなっている。メスのミミちゃんは歓迎して、しっぽを高速で振りながらまとわりついてくる。

 「こーら、ミミちゃん、おとなしくしてなさあーい」

 マイさんは犬をあやし、ケンちゃんのほうを抱いて奥へ引っ込んでしまった。僕はしかたがなく、低くしゃがんで、残されたミミちゃんと戯れる。ミミちゃんが僕の手の甲をペロペロ舐める。

 「じゃーん!」

 マイさんが再び現れた。ホテルのときと同じ下着をつけている。

 「さあ、続きをやりまちょうね」

 電話で激怒していた同じ人間とは思えない満面の笑みだ。

 そのとき、にわかにアンモニア臭が鼻をついた。足もとを見るとフローリングに小さな水たまりができている。ミミちゃんがウレションをしたのだ。

 「この環境で、エッチなことをするのでしょうか?」

 マイさんに確認をする。

 「ちょっと待ってて!」

 そう言うと、彼女は手際よく水たまりを処理し、ミミちゃんもケージに入れた。犬は素直にケージに入った。しつけはできているようだ。でも、まだクークー鳴いている。かすかにアンモニア臭は残っている。エッチな気持ちになどなれない。

 マイさんはそんなことはおかまいなしで、自分の下着をとり、母親が幼児の世話をするように僕の服も脱がせ、ベッドへ誘う。

 やるのか? ほんとうにここでやるのか?

 しかし、この状況から逃げるのは困難だ。幸い犬の鳴き声は小さくなってきた。僕がいる状況に慣れたのだろう。もうやぶれかぶれだ。頭の中で必死にエロティックなことを考え、自分を奮い立たせる。57歳になり、復活に時間がかかるようになった。それでもあきらめず、過去のエロい体験を記憶からたぐり寄せる。

 ちょっと元気になってきた。タイミングを逸すると自分の復活はないと思い、一気に突撃する。よし、いい感じだ。

 うん? そのとき、僕の尻に温かくざらざらと湿った何かがペタペタペタと触れた。なんだ? ふり向くと、ケージから脱走したミミちゃんが、しっぽを振りながら、僕の尻をなめていた。

 マイさんの部屋を出ると、東の空が白々と明けてきた。僕は一度ホテルに戻り、チェックアウト時間まで睡眠をむさぼった。

 

(第5回「華道の先生、ユキコさんとのその後」につづく)

※石神賢介著57歳で婚活したらすごかった』(新潮新書)から本文一部抜粋して構成

 

KEYWORDS:

※カバー画像をクリックするとAmazonサイトにジャンプします

オススメ記事

石神賢介

いしがみ けんすけ

ライター

1962(昭和37)年生まれ。大学卒業後、雑誌・書籍の編集者を経てライター。幅広いジャンルを手がける。著書に40代のときの婚活体験をまとめた『婚活したらすごかった』(新潮新書)、最新刊に『57歳で婚活したらすごかった』(新潮新書)が話題に。

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

57歳で婚活したらすごかった (新潮新書)
57歳で婚活したらすごかった (新潮新書)
  • 石神 賢介
  • 2021.05.17
婚活したらすごかった (新潮新書)
婚活したらすごかった (新潮新書)
  • 石神 賢介
  • 2011.08.01
どうすれば愛しあえるの: 幸せな性愛のヒント
どうすれば愛しあえるの: 幸せな性愛のヒント
  • 真司, 宮台
  • 2017.10.27