【成功願望や嫉妬とは無縁…ベストセラー編集者の超独特思考】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

成功願望や嫉妬とは無縁…ベストセラー編集者の超独特思考

コンプレックスをバネにする。第2回【箕輪厚介さん】

■コンプレックスは人生という小説のネタになる。

 …とまあコンプレックスを持って悩んでいる方には、あまり参考にはならない話かもしれません(笑)。でも、結局人生って全てが物語だと思っていて。コンプレックスもその物語のひとつの要素に過ぎないですよね。不遇で生まれたり、今ものすごい理不尽な状況にあったとしても、それをどう転がすか。

 そういう意味で言うと、コンプレックスなんて人生という小説において、もってこいのネタじゃないですか。ぼくからの提案ですが、コンプレックスを、当事者の自分自身の他に、「これをどう商品にしようか」というプロデューサーのような“超上から目線”で見てみる。見た目が悪くて外を歩くのが恥ずかしいという自分がいるとして「この主人公がダイエットしてAKBなんかに入ったらめっちゃ面白い物語になるな」なんて考えるわけです。主人公の自分、これだけだと感情が揺れ動いて大変なので、感情を一切無視した悪徳プロデューサーの一面を持っておく。これって別に秋元さんのことを悪徳と言っているわけじゃないですからね(笑)。

 もちろんコンプレックスが辛くてただただ泣いている小説でもいいんですよ。小説にいいも悪いもないですし。でもそれって売れないでしょ。どうせなら売れる小説にしたいじゃないですか。

 

KEYWORDS:

オススメ記事

箕輪 厚介

みのわ こうすけ

幻冬舎

編集者

1985年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、2010年双葉社に入社。ファッション雑誌の広告営業としてタイアップや商品開発、イベントなどを企画運営。広告部に籍を置きながら雑誌『ネオヒルズ・ジャパン』を創刊しアマゾン総合ランキング1位を獲得。2014年、編集部に異動。『たった一人の熱狂』見城徹、『逆転の仕事論』堀江貴文を編集。その後幻冬舎に移籍し、2017年にNewsPicks Bookを立ち上げ、編集長に就任。創刊1年で100万部突破。また1300名の会員を擁する日本最大級のオンラインサロン「箕輪編集室」を主宰。既存の編集者の枠を超え、様々なコンテンツをプロデュースしている。初の著署『死ぬこと以外かすり傷』も話題を呼ぶ。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

死ぬこと以外かすり傷
死ぬこと以外かすり傷
  • 箕輪 厚介
  • 2018.08.28
PLANETS vol.10
PLANETS vol.10
  • 宇野 常寛
  • 2018.10.05
日本再興戦略 (NewsPicks Book)
日本再興戦略 (NewsPicks Book)
  • 落合 陽一
  • 2018.01.31