【ケント・ギルバート「日本は、堂々と戦勝100年を祝うべきだ」】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

ケント・ギルバート「日本は、堂々と戦勝100年を祝うべきだ」

明治維新150年、アメリカ人弁護士が問いかける幕末・維新の本当の価値 第2回

■100周年記念式典には習近平を招待するべき

――今年が第一次大戦終戦100年とは知りませんでした。現代の日本にとって、そこにはどんな意味があるとお考えですか?

 自国の歴史としてしっかり捉えてほしいということと同時に、対外的なアピールの場として、効果的に利用しない手はないということです。

 少し前、2015年のことを思い出してみましょう。日本が敗戦してからちょうど70年、各国で戦勝記念行事が行われました。

 特に、9月3日の中国共産党による大々的な行事には、憤りを感じるとともに、ある意味感心せざるを得ませんでした。

 中国はその前年、2014年に9月3日を「中国人民の抗戦勝利日」と定めました。これ自体が本来はとんでもないことです。中国共産党は日本軍と正面から戦うことを巧みに避けながら、国民党軍や米英をうまく利用して日本と相打ちさせ、結果として自分たちの力を温存することに努めていたからです。そもそも1945年当時、現在の「中華人民共和国」は存在すらしていませんから、戦勝を祝うこと自体本当はおかしいのですが、習近平は国威発揚、いわゆる「中華民族の夢」のために、こうしたイベントを最大限利用します。

 彼らのやり方を少しくらい学びましょう。かつて日本人の先輩たちが国際平和に血を流して貢献した第一次大戦の戦勝を東京で大いに祝い、当時の連合国だけでなく、隣国の指導者習近平氏も招待すればいいのです。本当の国際貢献とは、本当の平和維持とはどういうことなのか、日本人自身が考え、また日本人の考えを海外に知ってもらう最高の舞台になるでしょう。戦勝国の日本にはその資格があることを、その後の敗戦で日本人自身が忘れてしまっているのです。

KEYWORDS:

オススメ記事

ケント・ギルバート

1952年、アイダホ州に生まれる。1970年、ブリガムヤング大学に入学。翌1971年に初来日。その後、国際法律事務所に就職し、企業への法律コンサルタントとして再来日。弁護士業と並行してテレビに出演。2015年、公益財団法人アパ日本再興財団による『第8回「真の近現代史観」懸賞論文』の最優秀藤誠志賞を受賞。著書に『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』、『中華思想を妄信する中国人と韓国人の悲劇』(ともに講談社+α新書)、『リベラルの毒に侵された日米の憂鬱』(PHP新書)、『日本人だけが知らない世界から尊敬される日本人』(SB新書)、『米国人弁護士が「断罪」東京裁判という茶番』(小社刊)などがある。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

世界に誇れる明治維新の精神 (ベスト新書)
世界に誇れる明治維新の精神 (ベスト新書)
  • ケント・ギルバート
  • 2018.06.09