■高級住宅街の新「徐行」標識

 ということで、連休明けのある日、筆者は現地へ足を運んだ。なるべく自然に見えるよう、地元民が通り慣れた道を散歩してるだけですよ、という様子を必死に装いつつ標識を探し歩く。しかし目的の標識はなかなか見つからず、1時間以上さまよう羽目になった。

 と、急に不自然なほどの急坂が見えてきたので、これはと思って近づいてみると、みごとビンゴであった。物件は、急坂の始まりと終わりに2枚ずつ、両方向に向けて設置されていた。なるほどこの斜度とカーブと道幅では、スピードなど出していたらえらいことになるから、徐行標識設置も納得である。設置年月日は平成29年10月との記載があり、できたてホヤホヤだ。

写真を拡大 坂の上にあった新型「徐行」標識
写真を拡大 坂の下にあったもの。「ここから」を意味する補助標識つき

 ということで無事目的の品はゲットできたが、ちょっと疑問も残る。他にも漢字の入った標識はあるのに、なぜ「一時停止」「徐行」の2種だけが英語入りになったのかという点だ。で、海外の標識の事例など調べていて、はたと思い当たった。

 これら標識の共通点は、赤い逆三角形という点である。実は、アメリカやEU圏には赤い逆三角形の標識があり、これは「道を譲れ」という意味合いなのだ。これと似たデザインの「一時停止」「徐行」の標識は、外国人ドライバーから誤解を受けやすいという判断だったのではなかろうか。

 しかし外国人からすれば、他の漢字入り標識だって不便であるに違いない。いずれこれらも、英語入りに改めてゆかねば筋が通らないのではあるまいか。国際化が進む現在、どうやら標識の世界も過渡期にきているといえそうだ。