【やせる食事の黄金ルール。朝・昼・晩のバランスは?】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

やせる食事の黄金ルール。朝・昼・晩のバランスは?

7ルールダイエット②

夏に向け体を引き締めたい。でも…これまでダイエットは何度も失敗してきた。そんなあなたに『30日間で人生が変わる!7ルールダイエット』の著者、杉山舞さんが、2度とリバウンドしないルールを授けます。今回は、食事のバランスについて。

■1日の前半でしっかり食べる

 ルール4は3食のバランスについてです。できるだけ実践したい理想の数字は「朝3・昼2・夜1」です。

 朝はこれから1日体を動かし、カロリーを消費するので、多めに食べても大

丈夫です。昼は1日の折り返し地点。まだ午後から夜にかけて動くので、ある

程度、食べてもいいでしょう。

 問題は夜です。夕食後は寝るだけで、体を動かすこともなく、食べたものが

一番脂肪になりやすい時間帯なので、もっとも少ない分量に設定します。

 これを実践しようとすると、やはり朝ご飯を十分、食べられないという悩み

にぶつかると思います。次善の策として、

「朝2・昼2・夜1」

 くらいの割合をおすすめします。朝と昼でおなかを一杯にして、夜はほんの少しで済ませるというイメージです。

 たとえば朝は忙しくて、パン1枚になってしまったら、昼は野菜、たんぱく

質、炭水化物を中心にしっかりと食べる。ここでお腹が満杯になれば、夜はス

ープ類や鍋物で、さっぱりと済ませます。

 夜8時、9時以降に重い夕食を取ると、翌日のむくみに繋がるので要注意。

どうしても食べたいと思ったら、サラダで軽く済ませるか、あえて夕方5時、

6時くらいに夕飯を食べてしまうのが、ダイエット成功のコツです。

次のページ水分はこまめにとろう

KEYWORDS:

オススメ記事

杉山 舞

すぎやま まい

ボディメイク・インストラクター。元レースクイーン・モデル時代に常にダイエットと闘い、間違った知識と方法から摂食障害に悩まされ体調を崩す日々を過ごす。ヨガ、ピラティスを取り入れ一時はダイエットに成功し、インストラクターとして活躍するも出産をきっかけに、ホルモンバランスの崩れからくる女性特有の心身の変化に直面。その後、女性専用のボディメイクサロン「アットスタイル」をオープン。誰でも確実に無理なく結果を出せる「7つのルールで生涯痩せられる・7ルールダイエット法」を発見。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

7ルールダイエット
7ルールダイエット
  • 杉山 舞
  • 2018.04.17