■18-22歳に。自分なりの「気付き」を得てほしい 

 

 18-22歳。STREET JACK読者世代へ伝えたいことは。自分なりの「気付き」を得てほしい、というのがCHAZさんの願いだ。

「正直読者の方は、まだ若いのでなかなかトレーニングに対してモチベーションを持ちづらいと思います。お腹も出ていないでしょうし、何もしなくても動けちゃいますからね。でも、一生このままの体でいれますか? 30代になればちょっとしたことで体の疲れを感じたり、腰や肩の痛みに悩まされるようになる。普通は自分が老化してきたときに始めて気付きます。でもいまのうちにトレーニングしておけば“筋肉貯金”になるな、と。そうした自分なりの気付きが少しでもできればいいのではないのでしょうか」

 また自分の経験から…と前置きした上であまりランニングをする必要はないんじゃないか、とも。

「やっぱり大事なのは筋肉です。自分も若い頃、ランニングをめちゃくちゃしていましたけど、タイムはあがらなかった。あまりウェイトをかけずにしっかりトレーニングをしたらもっとスピードが上がったなと思います。筋肉の偉大さは強調しておきたいです。筋肉を鍛えることによって、骨も鍛えられますから」

 人生の歩み方も、体との付き合い方も、自分の興味を大事にし、とにかく動くことが重要と教えてくれたCHAZさん。Keep on moving!