【古沢良太に聞く、「ドラマ」「映画」「舞台」脚本の違いは?】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

古沢良太に聞く、「ドラマ」「映画」「舞台」脚本の違いは?

古沢良太さん4月毎日更新 Q12.映画、ドラマ、舞台で脚本の書き方は変わるのでしょうか?

現在放送中の『コンフィデンスマンJP』などのテレビドラマ以外に、映画では「ALWAYS 三丁目の夕日」や「探偵はBARにいる」のシリーズ、舞台ではTEAM NACSの公演の脚本なども手がけてきた古沢良太さん。それぞれ脚本の書き方は異なるのか?

――映画とドラマでは脚本の書き方や、物語の構成の作り方は変わってくるのでしょうか。

 

 僕はほとんど同じですね。ただ、映画については監督のものだと思っているので、なるべく演出の余地や、解釈をゆだねる部分を残すように意識しています。舞台については、一番の見どころは「俳優さんの生の演技」だと思うので、俳優同士のぶつかり合いを堪能できる話がいいかな、と考えたりもします。違いとして挙げられるのは、それくらいですかね。

――ではドラマの脚本の場合は?

 舞台や映画と比べると、テレビドラマは日常の中で見るものですよね。ですから「毎日の生活が明るくなるものを作れたらいいな」ということは毎回意識しているかもしれません。

――テレビドラマの場合は10話ほどの長い物語がありますし、キャラクターを作り込んでいくのも大変だと思います。

 オリジナル脚本のテレビドラマの脚本では、そこはすごく時間がかかりますね。0から1を作るわけですから。

 
   *

本連載『30問30答』の第3問「脚本を書く時にいちばん悩むことは何でしょうか?」では、「連ドラについては、物語が走りはじめる前に、主人公たちの関係性や世界観をしっかり作っておくことが大事」「『ちょっとしたきっかけを起こせば、あとはこのキャラクターたちが勝手に面白くしてくれる』っていうフォーメーションを最初に作っておくのが理想」と話していた古沢さん。ドラマの脚本作りの背景については、他の質問でも詳しく答えているので、そちらも参照してほしい。

〈明日の質問は……Q13.「古沢良太が考える『本当の名ゼリフ』の条件とは?」です。〉

KEYWORDS:

当代随一の脚本家・古沢良太が描き出す

「痛快エンターテインメントコメディー」!

長澤まさみが、およそ11年ぶりに「月9ドラマ」主演!

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世、主要キャストが全員詐欺師!

『コンフィデンスマンJP』

4月9日スタート 毎週月曜 午後9時放送 ☆初回30分拡大放送☆

【公式HP】http://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/

写真提供/フジテレビ

オススメ記事

古沢 良太

こさわ りょうた

脚本家。映画『ALWAYS 三丁目の夕日』で第29回日本アカデミー賞 最優秀脚本賞を受賞。その後もドラマ『リーガルハイ』や映画『ミックス』などの話題作で脚本を担当。4月から放送スタートのドラマ『コンフィデンスマンJP』の脚本も手掛けている。


この著者の記事一覧