「インデックス」の定番5選

文字盤上にある「時刻を指す記号」

 写真のバーのほか、その機能や用途、またデザインコンセプトによって◯や▽といった記号が用いられることも多い。さらに数字と記号を混合させたものや、絵柄をあしらったものまで、そのデザインは多岐にわたっている。

 

アラビア数字

アラビア数字

1,2,3で表す「算用数字」表記

 視認性の高さを必要とするスポーツ系やミリタリー系によく採用されている。

 

ローマ数字

ローマ数字

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲで表すクラシカルな表記

 こちらはカルティエなどの高級時計に使用されることが多く、ラグジュアリーな印象を醸し出す。

 

ポイント/ドット

ポイント/ドット

「丸型」で表したシンプルな表記

 一般に大きなタイプをポイント、小さなタイプをドットというように使い分ける。

 

トライアングル

トライアングル

12時位置で多い「逆三角形」表記

 先端部分が尖っているため、針の指す正確な時刻をすぐに視認できるメリットがある。

 

バー

バー

文字盤をすっきり見せる
「棒状」表記

 細長い棒状で1~12時の位置を示すインデックスで、腕時計ではアラビア数字に並び頻出するタイプ。