特別な色とリズムが生まれる場所 沖縄のクリエイターに会いたい。【植物採集家の七日間】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

特別な色とリズムが生まれる場所 沖縄のクリエイターに会いたい。【植物採集家の七日間】

「世界のどこかに咲く植物を、あなたの隣に。」連載第3回


ここではないどこかに行きたい。自分ではない誰かになりたい。

憧れや夢という非現実を見ることは、不思議と現実を強く生きる力を与えてくれるものです。

旅で出会った植物と人間の叡智をお届けします。

連載第3回は「特別な色とリズムが生まれる場所。沖縄のクリエイターに会いたい。」

どうして沖縄のクリエイターたちは圧倒的な世界観を表現できるのだろう。その魅力に迫ります。


 

 

3回 

特別な色とリズムが生まれる場所 沖縄のクリエイターに会いたい。

– Expanded sensibilities –

 

■沖縄のクリエイターに会いたい。特別な時間が流れる場所へ

 

 

 訪問者は物語に変化を作る。私はいつでも訪問者だ。停滞した空気や凝り固まった状況をほぐして風を通し、土地を耕し、水をあげて庭を豊かにしていく。北海道から沖縄までプロジェクトを立ち上げてきた。「毎月、沖縄出張がある。」といえば、羨ましいという声が聞こえる。沖縄は誰にとっても憧れの場所なのだ。

 私が沖縄で初めて手掛けたブランド、樂園百貨店。県内唯一のデパートであり、老舗であるリウボウらしさを体現する自社ブランド。誰にとっても「沖縄らしさ」が伝わるようにと、ストレートな表現で樂園百貨店と名付けた。商品企画や買付けのため沖縄在住の作家やショップオーナー達と出会い、海と空以外の魅力に夢中になっていった。

 沖縄在住のクリエイターには沖縄出身だが、進学や就職で県外に住んだけれど故郷に戻るケースが多い。口を揃えて「沖縄以外でずっと生きていくイメージが湧かなかった」と言う。移住した人は「いつか沖縄で暮らす」と、長年の決意を形にした人達も少なくない。

 今回訪問したのは3組のクリエイター。アパレルブランド作家 touch me not の中嶋さん、アクセサリー作家 churaumi -ukishima accessory lab.- の清水さんと空間デザイナーの小池さん。そしてギャラリー併設、陶器と洋服のお店 miyagiya-bluespot / miyagiya ON THE CORNERの宮城さんだ。やっていることやデザインジャンルなどは違うが、根底に近いものを感じた。

 沖縄在住のクリエイターは自分らしい時間軸、特別なリズム、流行に左右されない色彩感覚を持っている。日々溢れる情報に触れていると、自分の軸を見失うことがある。私はそんな時、沖縄の人に会いたくなるのだ。

 

次のページホウセンカの花と草木染め 生き方をデザインする人

KEYWORDS:

オススメ記事

古長谷 莉花

こながや りか

 1986年静岡生まれ、植物採集家。幼少期よりガーデニング好きの母の影響で生け花・フラワーアレンジメントなどを通し、植物と触れ合って育つ。様々な視点で植物を捉え、企業やクリエイターと植物の可能性を広げる試みを行う。訪れたい場所(株)代表取締役社長。
The Apoke 植物採集 https://the-apoke.com/

この著者の記事一覧